ナオコガイドのアイルランド日記

観光ガイドによるアイルランド生活・旅情報

ニカラグアでサーフィン休暇中♪ 帰国しました

ometepe0116
オメテぺ島(Ometepe Island)の夕日。三日月も小さく写っています

ニカラグアでのサーフィン休暇(ニカラグアでサーフィン休暇中ニカラグアでサーフィン休暇中♪ その2)を終え、数日前にアイルランドに戻りました。
33度から一気に真冬…ですが、ダブリンは思った以上にマイルドで日中10度前後。そろそろ時差ボケからも回復し、普段の生活に戻りつつあります。

先週半ばにビーチを離れてから、帰国までの数日をオメテぺ島とグラナダで2泊ずつ過ごしました。

ometepe01165
火山で知られるオペテぺ島。フェリーからきれいに見えました

ometepe01162
宿泊した宿でのひとコマ。猫は生きてます・笑

ometepe01163
コスタリカでもスリランカでも各所で見られたサル。ニカラグアではオメテぺでやっと遭遇することが出来ました。今年はサル年ですね~

ometepe01164
高さ15メートルのサンラモンの滝へハイキング。暑さの中、片道2~2.5時間の結構ハードなハイキングでしたが、滝に打たれて泳いで満足♪

granada0116
グラナダでは街歩きを楽しみました。教会の塔からの眺め

日本でもアイルランドでも知名度の低いニカラグアですが、素朴でまだまだ未開発な面も多く、訪れるなら今のうち!といった印象でした。私たちが2週間半過ごしたポポヨ村も、あと5年もしたら開発されて大きな町になっているかもしれません。
(コスタリカで過ごしたサンタテレサも20年前はただのジャングルだったそうですから)
人も良く、治安もよく、隣国コスタリカに比べて宿泊も食事もリーゾナブルなのはありがたかったです。またサーフィンしに行きたい。

ポポヨでのサーフィンがとてもとても楽しくて、おそらく過去最高?というくらい次から次へと波に乗れてハッピーだったので、ビーチを離れてからはなんだかぼ~っとしています。
アドレナリンが出まくっていたのが急に停止して、放心状態…といったところでしょうか(笑)。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

ニカラグアでサーフィン休暇中♪ 2

年末からニカラグアのポポヨ(Popoyo)村でサーフィン三昧しています。

ポポヨ村には2週間半の滞在予定ですが、数日前、サーフィンの中休みに近くのサン・ファン・デル・スール(San Juan del Sur)という町へ1泊2日で出かけてきました。
小さな村から久しぶりの「町」体験、カフェやレストランでおいしいものを食べて、街歩きをしてきました。

20160110091528533.jpg
カラフルな街並みを眺めながらカフェでひと休み

20160110091743952.jpg
丘の上のビューポイントより。きれいな円形のビーチですが、サン・ファンには波はありません

20160110091942444.jpg
ディナーは地元のシーフードレストランでロブスターをいただきました。ポポヨでも数回食べましたが、こちらのロブスターはザリガニくらいの小ぶりでおいしい♪

20160110092333293.jpg
夜は音楽を聞きながら地元産のラム&コーラで乾杯

20160110092547821.jpg
「チキン・バス」と呼ばれる地元のバス。アメリカのスクールバスの中古のようですね。ニカラグア人たちと一緒に揺られながら村へ帰ってきました

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

ニカラグアでサーフィン休暇中♪

20151230203128837.jpg
ちょっとディングル半島みたいですが(笑)...ニカラグアです。ヴューポイントのMagunific Rock Barから眺めるポポヨ・ビーチ全景

おととしはコスタリカ、昨年はスリランカ...とここ数年恒例となってきた年末年始のトロピカル・サーフィン休暇。
今年はニカラグアに来ています!
クリスマス前に出発し、マナグアのコロニアル・スタイルのホテルで真夏のクリスマスを過ごした後、大西洋岸の小さな村、ポポヨ(Popoyo)にやって来ました。


サーフィンの合間にはハンモックでのお昼寝

20151230083937764.jpg
小さなポポヨ村の中心。同じ中央アメリカの大西洋岸のサーフスポットでも、以前に滞在したコスタリカのサンタテレサに比べるとまだまだ開発されておらず、僻地感いっぱいです

20151230203328392.jpg
波は今のところ小さめですが、昨日から少しずつ大きくなっています。サンタテレサに比べると断然人が少ない!

Pancakepopoyo
宿泊しているClub del Surfの朝食のパンケーキが日本のホットケーキそっくりで絶品。チビクロサンボに負けないくらい毎日食べています・笑

20151230082719671.jpg
大西洋に沈む夕陽

日中33度ですが、ここはいつも風があるのですごしやすいです。
今日はこれからサーフィンしますが、一年の最後の日を波に乗って過ごすことが出来て幸せ。皆さんもどうぞ良いお年をお迎え下さいね。
2016年もよろしくお願いいたします!


テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

ポルトガルでサーフィン休暇(アリファナ)

Arrifanaoctober15
サーフィンの合間にホットチョコレートでひと休み♪

ここ1週間ほど、ポルトガルでサーフィンしてました。
いつものサーフ仲間と6人で、南部アルガルベのアリファナ海岸の馴染みのサーフキャンプにお世話になり、連日サーフィン三昧。アリファナへは4月に行ったばかり、今年2度目の訪問となりました。
(ちなみにお世話になっているサーフキャンプはこちら。名インストラクターのアルドーは私のサーフィンを大きく変えてくれた恩人の一人です→Arrifana Surf Lodge)

今年の夏はおかげ様で本当に忙しく、波も小さかったので、過去5か月数えるほどしかサーフィン出来ていませんでした。身体が「サーフィン仕様」に戻った…と感じるまで2日間ほどかかりましたが、いちばんお天気の良い日は日中24度まで気温が上がり、夏の日差しの中でいつもの仲間と一緒に波に乗るのは本当に楽しかった♪

ここ数年、10月にサーフ仲間とポルトガルで1~2週間過ごすのが恒例のようになっています。
私にとってはちょうど夏の繁忙期が一段落する頃で、いつも疲れた身体を引きずってよろよろと飛行機に乗るのですが、帰るころには日光&サーフィンですっかり元気に。11月以降のアイルランドは日も短く、天候がすぐれない日も多くなるので、ここで太陽をたっぷり浴びておくと冬を乗り切るのも楽になります。

今年は春にも来たことだし、このホリデーはスキップしようかな…と思っていましたが、思い切ってみんなと一緒に来てよかった。
明日からまた頑張ります♪

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

アルガルべの休日(アリファナ)

arrifana04152
3年半ぶり、美しいアリファナ海岸を再訪!

ポルトガル南部アルガルべ地方に来ています。以前にもやってきたアリファナ(Arrifana)海岸近くに滞在して、サーフィンはもちろんのこと、周辺の美しい自然を楽しんでいます。

思えば3年半前のアリファナでのホリデーは、アイルランド国外での初めてのサーフ・ホリデーでした。それ以来、ずっと再訪したいと思い続けていたので、なんだかとても懐かしい場所にやってきたような気分です。
(関連過去ブログ:サーフィン in ポルトガル!(アリファナ)サーフィン in ポルトガル!(アリファナ)…2

arrifana041512
以前に来た時はサーフキャンプに宿泊しましたが、今回はその近くのアパートメントに滞在しています。プールにハンモック、小さなバーもあって居心地抜群♪

arrifana04154
この数日波のコンディションが素晴らしく良く、楽しくサーフィンに明け暮れました。以前にもお世話になった名インストラクターのアルドーにレッスンを受け、3年半分の上達を褒められてちょっと感激♪

arrifana04156
この日はちょっと曇り空ですが、波は大きくパワフル

そしてサーフィン後の楽しみは、ガラオ(ミルク入りコーヒー)とパスタデナダ(カスタードが真ん中に入ったペイストリー)。
近くのMonte Clerigoのビーチフロントの小さなカフェが気に入り、そこで海を見ながらのんびりするのが日課になってきました。

arrifana0415
ポルトガルに来ると楽しみなのがこのペイストリー♪ アイルランドに比べて物価の安いポルトガル、コーヒーなどは半値位です

arrifana04153
アルガルべの伝統料理カタプラナもいただきました。魚が4種類、その他、エビや貝類がたっぷり入ったトマトベースの煮込み料理。鍋が特徴です

今回特に感激したのは、アリファナ周辺の自然の花々の美しさ。前回来たのは12月だったので、こんなふうに花が咲き乱れるアリファナを見るのは初めて。
このエリア全域が国立公園に指定されていて、サーフィンだけでなく、ハイキングの格好の地として知られていることも今回初めて知りました。

arrifana04155
ピンクッションの群生

arrifana041511
バラ科の花でしょうか、あちらこちらに咲き乱れていました

arrifana041513
アイルランドでは初夏に咲くピンクッション。多くの花々がバレンやホウス半島で見かけるものと類似しているのは、ここもやはり石灰岩質の土壌だからでしょうか

arrifana041510
写真ではわかりにくいですが、この花かなり大ぶり。まるで庭で育てた花のようですが野生です

arrifana04157
そして胸の青い美しい鳥も・・・

同じ大西洋岸、少しアイルランドに似た景色がありつつもちょっぴりエキゾチックなポルトガル。特にアルガルべは北部より静かで自然豊か、あらためてその良さを実感しています♪

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

スリランカで休暇中

srilanka0115
伝統的な漁船が並ぶタララ・ビーチ(Talalla Beach)

この1週間ほど、スリランカ南部の海沿いでサーフィンに明け暮れていました。
サーフキャンプに滞在してレベル別のレッスンを受けながら、海辺の暮らしとリゾートホテルの滞在を満喫。数年ぶりにレッスンを受けたのですが、インストラクターもキャンプの運営も素晴らしく、おかげさまでこれまで乗れなかったような波に乗れるようになってきました。

srilanka01155
滞在したタララ・リトリート。このエリアは10年前の津波の被害を受けた場所。リゾート地としてここまで復興しました

srilanka01152
サーフィン後、犬もお疲れ(笑)

srilanka01154
毎日一緒にサーフィンした仲間とインストラクターのティム。サーフィン後にココナツ・タイムは毎日のお楽しみ♪

今日からは海辺を離れ、スリランカ内陸部へ山や寺院、茶畑などを見に出かけます!

srilanka01153
ハンモックでひと休み中・・・

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

2015年の幕開けはスリランカにて・・・

negombonewyear2015
ネゴンボのビーチにて。初めてインド海で泳ぎました・・・!

新しい年になりました。皆様、今年もどうぞよろしくお願いいたします!

昨年のコスタリカでの新年に続き、今年も暖かい場所での新年。スリランカに来ています。
昨晩遅くに到着、首都空港からほど近いネゴンボ(Negombo)のビーチで新年を迎えました。
週末には南部のサーフ・スポットへ向かいます♪

2015年も素晴らしい一年となりますように。
今年もアイルランドで多くの方にお目にかかれるのを楽しみにしています。

negombonewyear20152
インド海に沈む夕日

negombonewyear20153
これから数週間一緒・・・仲良しのアンマリーとビーチにて

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

シーズンオフのクレタ島

creteholiday1114
青い空、青い海、のはずだったのですが・・・

先週コカリナ・コンサートを聴きにウィーンへ行ったあと、ギリシャのクレタ島へ数日行っていました。
ロンドン在住の友人と合流、Sisiという海沿いの小さな村で数日のんびりしてきました。

完全にシーズンオフのクレタ島、おそらく私たち2人がSisi村最後の行楽客。私たちが到着する前日までは22度あって、お客さんはプールで泳いでいたのよ~と宿の女将さんは行っていましたが、私たちの滞在中は気温は15度くらい、風がピューピュー吹いて海も荒れていました。
それでも、オリーブ畑の中の道を歩いて遺跡を見に行ったり、唯一あいていた地元のレストランでよくしてもらい、家庭料理のようなおいしいギリシャ料理を食べさせてもらったり、1日はローカルバスに乗って島の首都のヘラクリオンへ行き、有名なクノッソス遺跡を見に行ったり。まあまあ楽しく過ごしてきました。

そして帰国前日、ギリシャのジェネラル・ストライキのためギリシャ発着のフライトが全キャンセルになることが発覚。
その日中にギリシャをでないと完全に足止めになってしまうことが分かり、大慌てで荷物をまとめて宿をチェックアウト、空港へ駆けつけ、なんとかアテネ行きの便に乗り込みました。
冒頭写真は、慌てている中でも冷蔵庫に残っていたワインを最後に飲み干そうとしているところ(笑)。皮肉にもそれまで曇り空だったのに、私たちが島を出ようとしたら急に青空に変わったのでした・・・。

アテネでは空港内を奔走、スタンバイしてローマ行きの最終便をゲットし、ギリギリセーフでストが始まるまえにギリシャを脱出。翌朝たまっていたマイレッジを駆使して、ロンドン経由でなんとかダブリンへ帰り着きました。
(そうでなかったらアテネで2日間足止め、週末のいい波を逃すところでした・笑)

・・・というわけで、思わぬハプニングに見舞われたシーズン・オフのクレタ島旅行でしたが、ダブリンに着くやいなや荷物を詰め替えて一気にスライゴ(Co. Sligo)までドライブ。
ローマで朝食を食べ、スライゴで夕食を食べた不思議な1日でした(笑)。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

サーフホリデー in (3度目の!)バレアル

Baleal101412
滞在したバレアルの島には壁に描かれたネコがいっぱい!

家族でのクロアチア旅行から戻り、翌日からポルトガルへサーフ・ホリデーに出かけていました。
2年前、2度のホリデーを過ごしたなつかしいバレアルにて、再び同じ家をレンタルして、お馴染みの仲間たちと楽しく過ごしました。
(過去ブログ:サーフィン in ポルトガル!(バレアル)サーフィン in ポルトガル!(バレアル)…2秋のサーフ・ホリデー…再びバレアルへ秋のサーフ・ホリデー…再びバレアルへ 2

baleal1014
バレアルのビーチを散歩。今回のホリデーには子供ちゃんも参加、3歳のエミリアと恐竜の化石を探して歩きました

baleal10144
朝のサーフィン後のお楽しみ♪ ポルトガル伝統のカスタードのペイストリーとガレオ

baleal10146
仲間の一人ポールがサーフィンしながら魚をキャッチ!波待ち中に飛び跳ねた魚を素手でキャッチしたそう・・・!

baleal10142
お揃いのボードでまるで双子のようなアンマリーとキーラ

baleal10149
イタリア人のアルベルトのクッキング。レストラン並みのおいしさでした

baleal101410
朝日から夕日まで、あ~、よくサーフィンしました

baleal10148
今回のホリデーは総勢15名+子供ちゃん2名という大所帯。小さなバリアルの島の同じストリートに3件の家を借りて過ごしました。全員そろってのディナーのにぎやかで楽しかったこと!

連続して2つのホリデーを過ごさせていただき、すっかりリフレッシュさせていただきました。
明日からテレビの仕事、しばらくまたガイディング生活に戻ります♪

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

家族でクロアチア旅行♪

dubrovnikfamilyholiday
ドブロヴニクの絶景スポットにて

母と姉の滞在もいよいよ最終日。アイルランドで数日過ごしたあと、クロアチアへやってきました。
母がかねてから行ってみたいと行っていたプリトヴィツェ国立公園に2泊、ドブロヴニクに2泊。添乗員をしていた90年代から何度か訪れているクロアチアですが、数多く訪れた国の中でもとても気に入って場所のひとつ。今回、母と姉と再訪することが出来て本当に良かったです。

プリトヴィツェは紅葉が始まり美しく、ドブロヴニクはまだまだ観光客であふれかえっていたものの、アドリア海のさわやかな空気に吹かれ、美しい海や夕日を眺めてゆったりと過ごさせていただきました。
いろいろ書きたいことがありますが、家族との時間を最大限にしたいのでまたの機会に。

明日はいよいよ母と姉は日本へ、私はダブリンへ、それぞれ帰国の途につきます。忙しい夏のあとに大きなご褒美をもらったような気分。
母と姉に会えるのはまた来年になりますが、それぞれの地でお互いに元気に楽しく暮らしていきたいと思います♪

※過去のクロアチア訪問記(2010年8月):クロアチアをご案内中です♪(プリトヴィツェ国立公園)、アドリア海の真珠・ドヴロヴニクにて、




テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記