ナオコガイドのアイルランド日記

観光ガイドによるアイルランド生活・旅情報

タラの丘でケルティック・ウェディング

celticwddinghilloftara08164
空と大地に見守られて行うケルト式の結婚式。水色の空とちぎれ雲をバックに司祭と一緒に記念撮影

今日はケルティック・ウェディングのコーディネートでタラの丘(Hill of Tara, Co. Meath)へ。
素晴らしいお天気に恵まれて、素敵なS様ご夫妻のお式に立ち合わせていただきました。

このところ降ったりやんだりの不安定なお天気が続いていたので、本来なら屋外のセレモニーが出来るかどうか心配すべきなのでしょうが、過去10年ケルティック・ウェディングをコーディネートしてきて一度も降られたことのない私は、今回も「マジック」が働いてきっと晴れるであろう…と心のどこかで思っていました。
そして、セレモニーの時間に合わせたかのように雲が薄くなっていき、アイルランドらしいきれいな水色の空が。やっぱり(笑)。

celticwddinghilloftara0816
ご用意させていただいた花嫁のフラワー・ブーケ。ナチュラルな色合いのブーケをご希望いただきましたので、そんなイメージでアレンジ。お会いした新婦A様の可憐かつ華があるイメージにぴったりで、我ながら嬉しくなりました

ダラ・モロイ司祭が執り行うケルティック・ウェディングは、自然のエネルギーから祝福を受けます。
今日のセレモニーは宇宙の四大元素である土・水・風・火によるブレッシングがメイン。古代アイルランドのハイ・キング&ハイ・クィーンが即位したタラの丘で、風に吹かれながらの素晴らしいセレモニーでした。

celticwddinghilloftara08167
風を象徴するワシの羽を新郎新婦の前でパタパタさせる司祭。風は感情を司り、新郎新婦の間に円滑なコミュニケーションが生まれるよう願う儀式

今日はタラの丘で、お天気の他にも「マジック」が起こりました。
セレモニー終了後、司祭のダラがその場に居合わせたカップルさんと話し込んでいるので、知り合いにでも会ったのかな…と思い聞いてみると、なんと今から10年前にダラがお式を執り行ったご夫婦が、たまたまその場にいたのだそう。なんという偶然!
その時もセレモニーが始まったら曇り空が急に明るくなり、雲の割れ目から光が差し込んできたのだそうです。

また、今日のお式の日は、1年前のお2人のプロポーズの日。お2人とも式の日が決まってから、そういえばプロポーズからちょうど1年目の日だ!と気が付いたのだそう。きっと何かのシンクロニシティー?

その他、司祭もダラ(Dara)、写真撮影をお願いしたカメラマンもダラ(Daragh)と同名、「樫の木」を意味するアイルランド語に由来する名です。生命力の強い樫の木には強い精霊が宿ると考えられ、ケルトの御神木のひとつ。今日のセレモニーでは、樫の木の小枝が自然エネルギーのシンボルとして使用されました。

さらには式後、タスマニアからやって来たという謎の老人(?)が現れて、お2人の門出を祝ってこんな「マジック」を披露してくださいました。

celticwddinghilloftara08162
飾り文字でスラスラと結婚記念証書とでもいうべきものを作ってくださり、プレゼントしてくださいました。書いているこの場所は車のトランク(笑)

何もかもがお2人の晴れの日を祝って、床下で口裏を合わせて大集合してくれたかのよう(笑)。

celticwddinghilloftara08168
Just married! 晴れてご夫婦になったお2人の笑顔の美しいこと

アイルランド音楽が大好きで、ご自身もそれぞれ演奏をされるというS様ご夫妻。今回、アイルランドにいらっしゃるのは初めてとのことですが、今後ますますアイルランドとの縁が深くなりそうですね。
お2人の末永いお幸せを心よりお祈りしています♪

※ケルティック・ウエディングに関するお問い合わせはこちら
※過去のケルティック・ウェディングのブログ…アラン諸島1アラン諸島2タラの丘1ダブリン作家博物館アラン諸島3タラの丘2タラの丘3アラン諸島4

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

出雲市とアイルランド

ここ数日、出雲市からの訪問団の皆さんをご案内させていただいていました。

2002年のサッカー・ワールドカップ開催時にアイルランド・チームが出雲市でキャンプしたことがきっかけとなり、出雲市はダブリン南部のダンレアリ・ラスドーン市とサッカー少年の派遣などを通じて交流を続けています。
2008年には姉妹都市提携が結ばれ、その調印式などで訪問団の皆さんがいらしたときにお世話させていただいたこともありました。(→過去ブログ:出雲市の訪問団の皆さん

ここ数年、アイルランドの経済危機などで交流が下火になりつつあったとのことですが、今回は今後も交流を続けていきたいとの熱意を示し、友好関係をリフレッシュするために来てくださったのでした。

izumohomon0716
ダンレアリ・ラスドーン市役所にて、市長より市の紋章の説明を受ける皆さん

出雲市では市の職員の方はもちろん、民間の交流団体の方々が熱意をもってアイルランドとの交流を続けておられます。ダンレアリ・ラスドーン市の地元サッカークラブの方々とは日本・アイルランド両国を互いに行き来して、家族のような絆をしっかり結んで大事にしておられる様子でした。

これからの数年、日本とアイルランドを結ぶさらなるきっかけになり得るイベントがいくつか続きます。
来年2017年は日愛国交樹立60周年となりますので、何らかのイベントが行われる可能性があります。2019年はラグビー・ワールドカップ、2020年はオリンピックが日本で開催されますから、文化やスポーツを通じての国際交流が盛んになりそう。アイルランドに関しては、これまでの交流実績のある出雲市がひと役買ってくださるかもしれませんね。

ちなみに同じ島根県の松江市も、小泉八雲を通じてアイルランドとさかんな交流をしてくださっている市のひとつ。(昨年松江市の皆さんがいらしてくださった時のブログ記事→アイルランド大統領を訪問小泉八雲・朗読の夕べ、ダブリン公演終了
出雲市も松江市も、民間団体の方々が熱心なのには本当に頭が下がります。今後も両国の架け橋になるべく、末永い交流が続いていくことを願います。

izumohomon30716
出雲市とアイルランドの交流を記録したDVDを私にもいただきました

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

2017年夏、ダブリンでフェルメール展が開かれます

ダブリンにあるアイルランド国立美術館(National Gallery of Ireland)は現在本館を修復中なのですが、来年2017年に再オープンするにあたり、とてもエキサイティングな特別展が予定されています。
2017年の夏の2か月間、フェルメールの特別展が行われると先日公示がありました。

フェルメールと同時代の巨匠たちの絵画展:刺激と競争
2017年7月17日~9月17日 アイルランド国立美術館
Vermeer and the Masters of Genre Painting: Inspiration and Rivalry
National Gallery of Ireland | 17 June – 17 September 2017


1650~1675年のフェルメールと、同時代のオランダ人画家(ヤン・ステーン、ガブリエル・メッツ、ヘラルド・テル・ボルフなど)の作品60点が全世界から集められ、ダブリンの国立美術館に一挙に展示されます。そのうちフェルメール作品が10点も。全世界に30数点しか現存していないフェルメール画の、なんと3分の1近くがダブリンに集まるのです!スゴイ。

ダブリン所蔵の『手紙を書く婦人と召使(Woman Writing a Letter with Her Maid c.1670)』を含め、『真珠の首飾りの女(Woman with a Pearl Necklace, 1663-4)』、『天秤を持つ女(Woman with a Balance, c.1663–4)』、『天文学者(The Astronomer, 1668)』、『地理学者(The Geographer, 1669)』などが展示予定リストに挙がっています。
10点が一挙に展示されるのは、過去に行われたフェルメール展で3番目に数が多いのだとか。来年の夏、フェルメールを見るためにダブリンに来ても価値がありますね。

vermeernationalgallery
フェルメール作品の秀作と言われる、『手紙を書く婦人と召使(Woman Writing a Letter with Her Maid c.1670)』。ガイディングの際、私はこの絵の前でかなり話します(笑)。2度の盗難にあったいわくつきの絵で、2度目の盗難は80年代にダブリンにいた大泥棒ザ・ジェネラルことマーティン・カヒルの仕業でした。この話は今度時間のある時にゆっくり…

フェルメールにはちょっとした思い出があります。
1996年、私が添乗員をしていた頃、オランダのハーグでフェルメール画が23点一挙に展示されるという奇跡の大フェルメール展があったんですね。春のベネルクス3国のツアーでハーグに居合わせた私は、ツアーの予定には入っていなかったものの、この展示を見逃すわけにはいかない!と、どうにかこうにか日程をやりくりして、お客様全員を引き連れて見学してしまったのでした(笑)。
一体どうやってチケットを取ったのでしょうね…。はっきりは覚えていないのですが、早朝から博物館に並んだような記憶が。
現地のガイドさんが素晴らしい方で、私が並んでいる間お客様のアテンドをしてくださるなど、とてもお世話になった記憶がありますが、ちゃんとお礼をしたのでしょうか。添乗員時代、各地でいろいろな方にお世話になったことが、今自分がお世話する側になりより思い出されてくるのですが、若かった私はバタバタしていてお礼もそこそこに失礼してばかりいたように思います。
フェルメールの『デルフトの眺望』が描かれたどんぴしゃりの場所へも連れて行っていただき、とても感激したものでした。

当時まだ20代で添乗員駆け出しの頃でしたから、フェルメールを23点も一挙に見るということのすごさを、私自身はあまりわかっていなかったかもしれません。
それでも、知識がないながらも見た絵の多くをいまだに覚えていますから、ものすごいインパクトだったのでしょう。ホンモンを見ることのすごさを、この時実感したように思います。

それから数年して、ニューヨークでたまたまフェルメール展に遭遇。ハーグほど大規模ではなかったものの、ハーグには出ていなかった数点がそこに出ていましたから、幸運にもおそらく30数点中の30点近いフェルメールを見ていると思います。

現在ダブリンで日々ガイディングさせていただいている『手紙を書く女性とメイド』は、調べてみると、ハーグの大フェルメール展に出ていました。のちのちこの絵のあるダブリンに住み、絵の前でガイディングすることになるとは当時は思いもよらなかったわけですが、今思えば、運命の伏線がすでにこの絵に張られていたのかも(笑)。

ちなみに来年のフェルメール展は、ダブリンだけでなく、パリのルーブル美術館(2017年2月20日~5月22日)、ワシントンのナショナル・ギャラリー・オブ・アート(2017年10月22日~2018年1月21日)でも開催されます。
展示に合わせて、アイルランド・フランス合作のフェルメールのドキュメンタリー映画も制作されるそうですから、それも楽しみですね。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

グッド・ムォォォォ~~ニング! from ディングル

とっても朗らかで楽しい女性4名様を、アイルランド西部&南西部にご案内中。

ジギタリス(Foxgloves)の花が道端いっぱいに咲いているのを写真に撮りましょう、と車を停めたら、道の反対側でなにやら気配が…。振り向いてみるとそこには、垣根越しにじっと見つめるウシの一群がいました(笑)。

dinglecows0616
グッド・ムォォォォ~~ニング!朝のディングル半島(Dingle, Co. Kerry)にて

朝からテンションの高い私たちに、ウシたちもびっくり…だったのでしょうか・笑。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

C.S.ルイスの伝記本の翻訳者、奥田実紀さんとご一緒しました

先日、『ナルニア国物語』の作者、C.S.ルイスのゆかりの地めぐりをご案内させていただいたライターさんは、奥田実紀さんでした。

★関連ブログ
C.S.ルイスゆかりの地めぐり①~イースト・ベルファースト&近郊
C.S.ルイスゆかりの地めぐり②~聖マーク教会
メイド・イン・アイルランドのターキッシュ・デライト

「赤毛のアン」関連の著著の多い奥田さんとは、アンの会の会員同士つながり。かれこれ20数年前、大学生の時に赤毛のアンの舞台カナダのプリンス・エドワード島を単身訪ねた時、奥田さんが島に住んでおられて、共通の知人を介してお会いしたような、しなかったような…。記憶があいまいなのですが、このたびベルファーストで初めてお会いした、もしくは20数年ぶりの再会でした。

子供向けのC.Sルイスの伝記、「ナルニア国」への扉~C・S・ルイス (文溪堂)の翻訳も手掛けておられる奥田さん。
今回は新しく出される予定の本の取材でイングランド、スコットランドへいらしたついでに、ナルニアゆかりのベルファーストへも足を延ばしてくださったのでした。

ルイスの話はもちろんのこと、「アン」の話もツーカーの奥田さんとはお話しが止まらず。とても楽しくご一緒させていただきました。
奥田さんは近年、英国紅茶関連のイベントを開催するなど、多方面でご活躍しておられます。著著やイベントの情報はこちらから。→奥田実紀のホームページ
そして、ブログでは今回の旅の様子が綴られていますので、ベルファーストでのルイスめぐりもそのうちアップしていただけることでしょう。→奥田実紀のブログ

okudamikisanbelfast
ベルファーストの空港にて奥田さんと。空が真っ青、暑いくらいの夏日和でした

※追記(6月30日)…北アイルランドへの旅行記が奥田さんのブログにアップされました。→奥田実紀のブログ イングランド訪問その10(最後)

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

アイルランドは花盛り♪

flowersjune16
ワイルドオーキッド(Wild Orched)も咲き始めました。イニシュモア(Inismor, Aran Islanad, Co. Galway)にて

アイルランドは今、どこもかしこも花盛りです。ご案内中の周遊ツアーもいよいよ明日が最終日ですが、ツアー中、いろいろなアイルランドの花々をお客様にご覧いただけて、ご案内させていただく私も楽しかったです。

flowersjune164
ブラッディ・クレインズビル(Bloody Clainsbill)=「地のように赤いツルのクチバシ」の名を持つが咲き乱れていました。イニシュモア(Inismor, Aran Islanad, Co. Galway)にて→イニシュモアに咲き乱れるフウロウソウ過去ブログ

flowersjune162
マウンテン・アーヴェンズ(Mountain Avens)。和名は「チョウノスケソウ」と言うようです。イニシュモア(Inismor, Aran Islanad, Co. Galway)にて

flowersjune165
スイカズラはハニーサックル(Honeysuckles)。イニシュモア(Inismor, Aran Islanad, Co. Galway)にて

flowersjune163
各地でバラもきれいでした。アデア(Adare)にて

flowersjune166
アデアの茅葺き屋根のコテージの庭に咲いていた巨大ポピー

flowersjune167
そしてシャクナゲが各地で満開。こちらはキラーニーのマクロスハウス(Muckross House, Killarney, Co. Kerry)にて→マクロスハウスのシャクナゲ過去ブログ

flowersjune168
マクロスハウスのガーデンにはシャクナゲのこんな巨木がいくつもあります

その他、シーピンク(Seapink=和名はハマかんざし)、ラグドロビン(Ragged Robin)、ボグコットン(和名はワタスゲ)などなど、お客様とご一緒に愛でた花は数知れず。そして今、牧草地の生垣はサンザシの花に真っ白く彩られ、まるで雪が降り積もったかのような美しさです。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

牛追いになった運転手…

南西部カウンティー・ケリー(Co. Kerry)にて、迷子の牛が路上をウロウロ。交通渋滞がおこっている場面に遭遇。

briancattlekerry0616
トラックの運転手が車から降りてきて、牛を追い立て始めました

我らが観光バスの運転手ブライアンもすかさず路上に出て、どーどーと両手を動かすポーズをして、トラック運転手と2人で牛を追い立て始めました。

briancattlekerry06162
観光バスの中からお客様と皆で、その様子を見物

ブライアンが農場の開き戸をすかさず開けて、迷子の牛たちは無事に牧草地へ。一件落着となりました。

ブライアンは観光バスの運転手と実家の農業を兼業しているそうです。どうりで機転がきくはず。
アイルランドの田舎めぐりで遭遇したひとコマでした(笑)。



テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

真夏のアイルランドを満喫!

jalpakropebridge06162
シーピンク(Sea Pink=ハマカンザシ)が咲き始めました。キャリクアリード(Carrk-a-Rede, Co. Antrim)にて

今週のアイルランドは真夏。一昨日より周遊ツアーのご案内をさせていただいていますが、日中20度を超えるアイルランドの思いがけない「夏」を、皆さん、大満喫しておられます。

jalpakropebridge0616
キャリクアリード(Carrk-a-Rede, Co. Antrim)の釣り橋をおそるおそる渡るお客様!

jalpakcauseway0616
ジャイアンツコーズウェイ(Giant's Causeway, Co. Antrim)にて。素晴らしいお天気につられて、皆さんハイキング・コースをどんどん歩いて絶景スポットへ

今回のグループさんは健脚で、よりきれいな景色を求めて歩く、歩く(笑)。万歩計をつけている方にうかがったら、初日の観光だけで2万歩近く歩いたそうです!
お天気がいいと歩くのも苦にならず、疲れも感じませんね。

jalpakropebridge0616malaghmore0616
昨年チャールズ皇太子も訪れた、スライゴ近郊のマラグモア(Mallaghmore, Co. Sligo)にて。皆さんの旅程には入っていないのですが、あんまり素晴らしいお天気なので急きょ、絶景をお見せするために立ち寄りました

日々、大型バスのガイド席に座っていると、オーブンでじりじり焼かれているみたい(笑)。仕事しながら、こんがり日焼けしています。
この晴天は来週月曜日辺りまで続くそうですので、今回のグループさんは、アイルランドの雨に一滴もあたらずにお帰りになるかもしれません!

jalpakropebridge0616malaghmore06162
花盛りのアイルランド。マラグモア(Mallaghmore, Co. Sligo)にて、遠景にクッラシーボウン・キャッスルを臨む

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

クルーズ船のシーズン到来

mscspelendia0516
接岸した客船の出口でお客様をお待ちする間にパチリ。近すぎて、船というより、まるで巨大なビルのよう(笑)

今年もクルーズ船がアイルランド沿岸の港町にやって来るシーズンとなりました。
今日は今シーズン最初の客船でダブリン港に寄港されるグループさんのご案内。素晴らしいお天気に恵まれ、終日ダブリンの市内観光にご案内させていただきました。

今年ダブリン港に入港予定の客船は、過去最高の113隻。これからのシーズン、多い時は日に3隻、4隻と入港してきます。
本日お迎えした客船はMSCスプレンディダ。この船は全長333メートル、つい10日程前にもダブリンにやってきたばかりですが、ダブリン港に入港した過去最長の客船として話題になりました。

近年の客船の大型化に伴い、すっかり手狭になってきたダブリン港。こういう長い船は狭いダブリン港では方向転換が出来ないため、リフィー川にお尻を突っ込むかたちでバックさせてから出港するのですが、その様子もなかなかの見ものです。
(5月3日にスプレンディダが来た時の様子→333m MSC Splendida Cruise Liner Sails into Dublin Port


テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

今年最初のツアー終了

約10日間にわたる、今年度最初のツアーが無事終了しました。
お二人様のご案内だったので、ぴったりみっちり、日々びっしりと密度濃くご案内させていただき、ブログのアップデイトの時間もないまま終了してしまいました(笑)。

感激屋さんのお客様で、ダブリン空港でちょっとウルウルしながらお別れ。このお客様は、当初フランスへ行く予定だったのですが、テロがあったためにどこか別の場所へ…と地図を見ていたところ、フランスの上にまだ行ったことのないアイルランドという国があった!…と気が付き、来ることを決めたそう。
ひょんなきっかけでアイルランドに来てみたら、思いがけず素晴らしく、毎日楽しく過ごしました、とおっしゃってくださり、嬉しかったです。

ツアー中に遭遇したことなど、2~3ご紹介したいことがあるのですが、明日からまた別の仕事なので、ひとまず寝ます。毎日めいっぱい、あちらへこちらへとご案内させていただき、とても張り合いあって楽しかったけれど、さすがにちょっと疲れました(笑)。

jtbroyalroad0416
写真撮影に熱心なお客様。断崖絶壁に身を乗り出してカメラを構える雄姿を、後ろからパチリ(アントリム・コーストにて)

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記