ナオコガイドのアイルランド日記

観光ガイドによるアイルランド生活・旅情報

ヨーロッパ・アルプスでスキー・デビュー

skiselva0217
標高2700メートルから眺めるアルプスの山々。ここから滑りおりた時はまさに雲の上の気分でした!

この1週間、イタリア・ドロミテ地方のセルバ・ヴァル・ガルデナ(Selva Val Gardena)というところへスキーに行っていました。
総勢11名、多くが気心知れたサーフ仲間たち。海とはシーンを変えて雪山へ行くのもこれまた楽しく、素晴らしい1週間でした。

skiselva02172
いつもはウェットスーツの仲間たちとスキーウェアで集合写真

私は信州育ちなので、昔取った杵柄でスキーは出来るのですが、それだけにこの歳になってわざわざ行かなくても…という気持ちが優先、これまでスキー・ホリデーのお誘いは断り続けてきました。ところが昨年、なんと20余年ぶりに地元でスキーに行ったのがすぐく楽しかったんですね。
この冬はサーフ・ホリデーにも行かなかったので、ヨーロッパ・アルプスでスキー・デビューしてみることにしたのでした。

skiselva02173
ホテルからの眺め。イタリアですがオーストリア国境に近いため、ドイツ語が飛び交い、街の様子もドイツ風

アイルランドは雪も降らなければ山もないため、ウィンター・スポーツは盛んではありません。友人たちの多くは、事前にダブリン近郊の雪のないスロープで練習を積み、セルバでも毎日レッスンを受けていました。みんなやっぱり体育会系(笑)。
私のスキー・キャリアは90年代でストップしているので、今どきの短いスキー板には驚かされることばかり。ターンも楽勝で、20年前は絶対こんな急なスロープは滑れなかった!と思うようなところもスイスイ。友人たちも1週間で驚くほど上達していました。

ヨーロッパのスロープは上級者向けから順にブラック、レッド、ブルー、グリーンとレベル別に色分けがしてあります。とりあえずどこでも滑り下りることは出来るので、セルバに何度も来ていて土地勘のある友人ディヴィッドに毎日くっついて行っていたところ、気がついたらブラックもたくさん滑っていたし、ボコボコのモーグルもかなり滑り、周りの人に比べてうまい方だったので自分でもびっくり。昔の長い板に比べたら楽勝なのです。
ふと、その昔、野沢温泉の牛首コースというボコボコのスロープをひとつ超えては尻もちをつき、それを繰り返してようやく下りたことを懐かしく思い出しました。あの時は必至だったけど、いろいろ経験しておいてよかった(笑)。

skiselva02175
スキー・スクールが主催するスキー・ショーを見に行きました。「私をスキーに連れいてって」が頭の中でずっと鳴り響いていました(笑)

昔、小学校の先生が、「スキーと水泳は子どもの頃に習得しておけばいくつになっても出来る!」とおっしゃっていましたが、その通り。長野県の教育はそれを実践するものでした。
おかげで今でも自転車に乗るように泳げて、スキーができるわけですが、本当にありがたいことです。

そんなわけで大満足の楽しいスキー・ホリデーだったのですが、このところの運動不足に加え、久しぶりに6日間も連続でスキーしたため身体はボロボロ。昨日はフライトまでの時間、みんなでベルガモ(Bergamo)の旧市街を散策したのですが、坂道がきつかった…(笑)。
思い切り遊んでリフレッシュしてきたので、今日からまた執筆作業です!

skiselva02176
見てください、この晴天!6日間のうち1日だけ吹雪ましたが、あとは素晴らしいお天気で春スキーのようでした

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記