ナオコガイドのアイルランド日記

観光ガイドによるアイルランド生活・旅情報

アイルランド島と同じサイズの島、北海道へ

kushiroakan09155
まるでアイルランドのよう?…な景色。弟子屈町近くにて

先週より私用で日本に滞在しています。
週末に家族で北海道旅行に行きました。北海道へ行くのは学生時代に友達数人で貧乏旅行をして以来、実に20年以上ぶり。当時は急行八甲田という上野駅を夜9時に出発する夜行列車があり、それに乗って青函トンネルを渡り、札幌、美瑛、大雪山、阿寒湖、小樽…などをユースホステルに泊まりながら列車で周ったのでした。懐かしい~。

今回は姉が計画してくれて、あの頃とは天と地の差(今も忘れらない学生時代の思い出ですが・笑!)のゴージャスな旅。飛行機で釧路空港へ飛び、釧路&阿寒湖のそれぞれ露店風呂付きの素敵なホテルに宿泊、2泊3日の道東の旅でした。

kushiroakan0915
釧路の夜。このすぐ脇で釧路名物の岸壁炉端焼きを楽しみました♪

kushiroakan091510
阿寒湖畔の素敵なホテルにて。チェックインの間の待ち受けにお抹茶とマリモ団子(!)をいただく…

北海道と言えばアイルランドを紹介する際、引き合いに出されることの多い場所でもあります。
私も普段ガイディングの際、「アイルランド島は日本の8分の一のサイズ、北海道とほぼ同じくらいの大きさです」とご案内させていただいていますが、この2島、面積は本当にほぼ同じです。(アイルランド島が約84000㎢、北海道が約83000㎢)

その他…。
人口はアイルランド島が若干多く約650万人、北海道が約550万人ですが、アイルランドの経済成長期以前の15年位前までは同じくらいだったと思います。
緯度はアイルランドの方が高くて北緯51~55度(樺太北部とほぼ同じ)、北海道は北緯41~45度ですが、アイルランドは暖流の影響を受けて緯度の割にマイルドですから、空気感がなんだか似ていますね。(北海道の方が季節による寒暖の差が激しいですが)
牧畜がさかん、乳製品やラム肉が名産、泥炭地があるなど類似点も多く、親近感がわきますね。

kushiroakan09154
釧路湿原。小雨と霧がアイルランドのよう…

kushiroakan09156
カヌーに乗って釧路川下り。途中、木の葉が落ちて腐って体積して泥炭になりつつある…という場所を通りました

kushiroakan09157
北海道の道鳥であるタンチョウヅルも目撃。タンチョウと言えば「池中玄太80キロ」!…と思う人は私だけでしょうか(笑)

おいしいものも思う存分、いただきました。ホタテやイカ、サンマは炉端焼きで。朝食から海鮮丼をいただき、夜食にはラーメン。豚肉もおいしくて、もちろんお寿司も。

kushiroakan09153
マグロ3種。釧路郊外のお寿司屋さんにて

日本での束の間の休日。日本の中のアイルランド…のような場所で、楽しく楽しい数日間を過ごさせていただきました♪

kushiroakan09152
釧路の夕日



テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

南アを破り、世界を驚愕させた日本ラグビー

昨日のラグビー・ワールドカップの日本対スコットランド戦、残念でしたね(涙)。
次回のサモア戦に期待して、また楽しみに応援させてもらいたいと思いますが…。

それにしても土曜日の南アフリカ戦、すごかったですね~。優勝候補の南ア相手に、逆転勝利!
…と言いつつ、実はサーフィンをしていて試合は見ていませんでした。(スミマセン・笑)
何がすごかったって、試合終了後に友人知人からお祝いメールやテキストが殺到したこと。「日本はラグビーの歴史を変えた!」、「ワールドカップ制覇に匹敵する勝利!」などなど。
さすがラグビー大国アイルランド、多くのアイルランド人がパブでワールドカップ観戦して週末を過ごしており、直前に同じ球場でアイルランド対カナダの試合が行われたので(結果はアイルランドの勝利)、そのまま日本の試合も応援してくれたようです。
思いがけず日本が世界で話題となったその晩、サーフィン仲間とパブへ出かけると、「日本の勝利を祝う会」に早変わり(笑)。多くの見知らぬ人々からも、「おめでとう、日本!」と声をかけていただきました。

今回のラグビー・ワールドカップは隣国・英国にて開催されていることもあり、多くのアイルランド人が海を渡って観戦に出かけています。
アイルランドの対カナダ戦の勝利に続いて、球場外で日本の勝利を祝うアイルランド人ファンたちのこんな映像もSNS上でシェアされています。嬉しいですね。
Fans in Cardiff celebrate Japan's historic win (BBC Wales Sports)

昨晩のスコットランド戦で日本のプレイを初めてちゃんと観ましたが、話題の五郎丸選手はまるでローナン・オガラとブライアン・オドリスコルを足して二で割ったかのようなスゴイ選手。小柄な日本選手たちが相手チームの足を狙ってタックルする様子は、在りし日のピーター・ストリンガー選手を思い起こさせました(笑)。
日愛ともにベスト8に進出し、ワールドカップで日本対アイルランド…なんて試合が観られたら夢のよう。どちらを応援すべきか悩んでしまいますが、その場合はやっぱり日本でしょう…ね!

rugbyworldcup2015
アイルランド代表選手の写真入り、「がんばれアイルランド」のバナー。ダブリン空港にて

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

ジーンちゃんが乗ったシティーカヤック in ダブリン


カヤックに乗るジーンちゃん♪

先日の「にじいろジーン」のダブリン編の放送で紹介された、リフィー川でのカヤック体験。
ダブリン市街地で楽しめる新しいアクティビティーとして、人気上昇中のようです。

放送ではインストラクターのライフジャケットにジーンちゃんがくっついて(笑)乗りましたが、通常はインストラクターの引率で各自がカヤックを漕ぐ体験をします。

citykayakingnijiiro
ダブリンの街を南北に二分するように流れるリフィー川(River Liffey)。撮影の際はモーターボートでジーンちゃんの乗るカヤックを追いかけました

citykayakingnijiiro2
川目線でダブリンの街並みを楽しめます。ダブリンのランドマーク、ヘイペニー橋(Ha'Penny Bridge)の下もくぐります

撮影の際はモーターボートに乗せてもらいカメラさんとご一緒しましたが、今度は実際のカヤック漕ぎを体験してみたいものです!

★シティー・カヤッキックング・ダブリン(City Kayaking Dublin
カヤック体験 2時間 大人25ユーロ(インストラクターが引率してくれます) 要予約
(IFSCのジニージョンストン号脇が乗り場です)

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

ベルファーストの街を一望できるドーム

victoriasquaredome2
ドームから見上げたベルファーストの青空!

ベルファースト(Belfast)で街歩きの途中に、お客様とビクトリアスクエアのショッピングモール(Victoria Square)内の展望台、ドーム(The Dome, Victoria Sqaure, Belfast)に上がってみました。

victoriasquaredome3
上りはエレベーター、下りは階段を使って降りてきました

victoriasquaredome
ベルファーストの街がほぼ360度、一望できます。ベルファーストのランドマーク、タイタニック号を造船したハーランドアンドウォルフ社の黄色いクレーンも見えています(写真左上、ちょっとうすいですが…)

ダブリンのギネスストアハウスに匹敵(?)するベルファーストの展望ポイント。しかもこちらは、入場料無料です。

victoriasquaredome4
ヴィクトリア通り(Victoria Street)側の入り口には、19世紀の黄色いドームが。現代のガラスのドームはこれとシンクロしています

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

「にじいろジーン」 来週はダブリンです!

先日撮影コーディネートをさせていただいたダブリン&近郊でのTVロケは、こちらの番組。
次の土曜日に放送になります!

にじいろジーン
「ジーンちゃんがキキコミ!世界ピカイチ☆ツアー」のコーナー
放送日時: 2015年9月19日(土) 8:30~9:55
関西テレビ/フジテレビ系全国ネットにて放送

nijiirojeandublin15
今回で3度目&5年ぶりのダブリン訪問となるジーンちゃん。これまで以上にツウな情報をお届けします(笑)

nijiirojeandublin154
最近日本でも知られるようになってきた某・有名ショップへも行きました

今回担当されたディレクターさんとは、7年ぶりのご一緒のお仕事。笑いの絶えない楽しい現場でした。
お世話になった皆さん、ありがとうございました。

お時間のある方、ぜひご覧くださいね。お楽しみに~♪

nijiirojeandublin152
ジーンちゃんがダブリンの街角で見つけたおいしいもの!?

※ジーンちゃんダブリン訪問過去ブログ:ジーンちゃんがダブリン再訪ジーンちゃん、ダブリン満喫(2010年)/ジーンちゃんがダブリン紹介!(2008年)

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

アラン諸島産、ヤギのチーズ

inismorgoatcheese
キルマーヴィー村(ドゥーンエンガスの登り口にある村)の茅葺き屋根のカフェで出している、ヤギチーズ入りサラダ。トマトや葉っぱもイニシュモア産です♪

アラン諸島のイニシュモア島(Inismor, Aran Islands, Co. Galway)で製造されているヤギのチーズ。
時々、観光バスの運転もしているゲイブリエル(Gabriel Faherry)さんが2年ほど前からヤギを飼育して、チーズ製造工業を始めました。

先日イニシュモアへ行った時、キルマーヴィー村のカフェでゲイブリエルさんが作っているヤギチーズの入ったサラダを食べたらコクがあってクリーミーでとてもおいしかったので、今日グループをご案内して島へ行った際に買ってみました。
キルローナン村のSparで販売されています。

inismorgoatcheese2
直径1.5センチ位のミニボール状のチーズ。黒い点々があるのは海藻入り。小さな容器に入った200グラム入り(写真左)で2.99ユーロ

数年前から「ヤギのチーズを生産して生計を立てたい!」と夢を語っていたゲイブリエルさん。工場を設立して早2年、だんだん軌道に乗ってきたようで嬉しい限り。
イニシュモアは今、オーガニック野菜栽培ブーム。トンネルと呼ばれるビニールハウスで育つおいしい野菜が島のレストランなどで豊富に出されています。
自給自足の島に戻したい!という意気込みのあるイニシュモアに、新しい島産の食材が加わるのはなんとも喜ばしいことです。

ゲイブリエルさんのチーズはゴールウェイの老舗グローサリー、マッカンブリッジズ(McCambridge's, Shop Street, Galway)でも販売されているそうです。

昨年TG4で紹介されたゲイブリエルさんのチーズ工場の映像。ヤギが可愛い~ →Cáis Gabhair Árainn,Goat's cheese, Aran islands, Gabriel Faherty,Inishmore,Ireland,TG4,Galway




テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

サーフィンするパフィンのチョコレート

モハーの断崖(Cliffs of Moher, Co. Clare)のショップで売られている地元産板チョコのパッケージがサーファー好み。
パフィンがビッグウェイブに乗っています!

cliffsofmoherchocolatesurfer
サーフ仲間のバースデーパーティーに行くので、手土産に買いました♪

地元カウンティー・クレア(Co. Clare)のチョコレートメーカー、ワイルド(Wilde)のチョコレートです。→Wilde Irish Chocolate

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

スライゴの寿司レストラン(Miso Sushi)


豪華、寿司盛り合わせ!

スライゴ・タウン(Sligo)に、「ミソ・スシ」という名の寿司レストランが最近オープンしました。
今月から小学2年生になった双子のルビー&モリーを連れて昨晩出かけてみたところ、思いがけずおいしくて感激。

寿司盛り合わせ(大)を頼んで、みんなでシェア。魚も新鮮、ご飯もちゃんとした寿司飯で、日本人の私にも合格点のおいしいお寿司でした。

misosushisligo
魚型のボードにのって出てきたお寿司。そのプレゼンテーションの美しさに大興奮の2人♪

マグロとサーモンはあっという間に双子に食べられてしまったので、太巻きで挽回(笑)。
普段は食の細い2人ですが、やっぱりお寿司って万国共通においしいんですね、モリモリ食べてくれました。あまりのおいしさに、「ここに住みたい~」、「このままここにいて、ここでブレックファーストも食べたい~」とまで言い出した(笑)。

メニューにはコリアン料理もあり、寿司をメインにしたジャパニーズ&コリアンのレストランのようです。
お肉のお寿司などもあり、どれもおいしそう。値段も、ダブリンの日本食レストランに比べるとリーゾナブルだと思います。

しばらくの間、スライゴ・タウンに来るたびに通ってしまいそう♪

misosushisligo2
ランチもやってます

Miso Sushi (FBページ
Calry Court. Stephen St, Sligo.
Tel: (071) 919 4986

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

9月の虹

繁忙期&体調を崩したのとでしばしお休みしていた週1のトレーニングですが、今日から開始。
久しぶりにトレーニング場に顔を出した私を、トレーナーや友達が温かく迎えてくれて嬉しかったです。

へとへとになって帰宅すると、自宅の脇に大きな虹が出ていました。

rainbowseptember15
このあとダブルに!

今日から9月。そう、9月は虹をよく見る季節なのでした。
それにしても、あ~、今年も早いですね~。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記