ナオコガイドのアイルランド日記

観光ガイドによるアイルランド生活・旅情報

アーサーに乾杯!

昨日はアーサーズ・デー(Arthur's Day)というギネスにちなむイベントの日で、日本からいらした某ビール会社の皆さんと一日ご一緒させていただきました。

arthursday2013
ギネスの創業者、偉大なるアーサーにスローンチャ(Slainte=アイルランド語の「乾杯」)!(Art Widakさん撮影)

アーサーズ・デーというのは、そもそも2009年のギネス創業250周年の年に始まったイベント。2009年の9月24日(9月24日は創業者アーサー・ギネスの誕生日)に創業年1759年にちなんで17時59分にアイルランド全土&全世界でギネスビールで乾杯しましょう、というイベントを行ったのが始まりで、翌年からも毎年お祝いイベントを行うことになったというものです。
ダブリンにおいては今や毎年恒例のカルチャー・イベントのひとつとなり、街頭やパブにてさまざまな音楽イベントが行われます。飲みながら陽気に集う口実さえあれば、なんでもウェルカム!というわけですね(笑)。
(ちなみに、9月24日がウィークデーの場合は週末近くに日をずらして行うことにしているようです)

17時59分に向けてグループの皆さんとご一緒に街へ繰り出し、わいわいやっていたところ、日本人の集団がギネス片手に盛り上がっている様子が地元カメラマンの目に留まり、たくさん写真を撮っていただきました。
アーサーズ・デーのフィーバーぶりがよくわかる写真の数々が、こちらでご覧いただけます。
Arthur's Day Guinness Celebrations in Dublin begin

次回ダブリンにいらっしゃる時は、ぜひともこの日に!

arthursday20131
イベント用、プラスチックのパイント・グラスにて乾杯♪

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

クウネル最新号 「アイルランドへ妖精を探しに」 発売中

この夏、10日間にわたり取材コーディネートをさせていただいた‘妖精を探す旅’が、ついに誌面になって発売されました!
本好き・出版関係の方からも絶賛されるこだわりの雑誌、「クウネル」最新号の巻頭特集です。

kunel0913cover
クウネル(ku:nel)64号 マガジンワールド(9月20日発売) 巻頭特集「アイルランドへ 妖精を探しに」

「物語のはじまり。」のタイトルのとおり、小さな扉を開けたら聞いたこともないような不思議な物語が紡がれていきそう。そんな期待にわくわく胸躍らされる表紙写真ですが、これは私たちが取材中に見つけた妖精ハウスの扉なのです!
続きはぜひ、クウネルを読んでみてくださいね。

私自身はまだ内容を見ていないのですが、すでにフィードバックをたくさんいただいています。たくさん取材・撮影した中からどんなふうに仕上げてくださったのか、とっても楽しみです。

※取材旅行中のブログ:妖精を探す旅?イエーツの「さらわれた子ども」の地にて雨のイニシュマン島…イニシュマーンの海の男たちデリナンの森でリングフォート発見レプラコーンになりました友人ローナの家


テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

NYC発、話題の「クロナッツ」をダブリンで

cronutsmarkerhoel3
これが話題のクロナッツ♪ クリームの種類は日替わりだそうです

ニューヨーク、ソーホーのベーカリーで発案され、大ブームを巻き起こしたという「クロナッツ」なるスイーツ。
日本でも発売が開始したそうですが、なんとブームにうとい(!)このダブリンでも7月より発売されています。

クロワッサンとドーナツを掛け合わせて「クロナッツ」と言うそうですが、要はクロワッサンの生地であげたドーナツ。
ダブリンでは、今年新しくオープンした5つ星ホテル、マーカー・ホテル(Marker Hotel, Dublin 2)でのみ買うことが出来ます。

cronutsmarkerhoel2
ドックランドのおしゃれな界隈、グランドカナル・ドック(Grand Canal Dock, Dublin 2)に出来たブティック・ホテル

cronutsmarkerhoel
入り口を入るとすぐ目の前に、こんなふうにディスプレイされていました

ニューヨークでは長蛇の列で早朝から何百人も並んで買う夢のスイーツだそう。
ダブリンではさすがにそこまでのことにはなりませんが、1日限定10箱(4個入り。週末には20~30箱出すそうです)のため、お昼前には売り切れてしまうとのこと。オフィス街が近いため、出勤途中に3箱、4箱とオフィスでのおやつに買っていく人が多いそうです。

わざわざ早起きして買いに行くほどの情熱はなく、近くに行ったら寄ってみよう…程度に思っていたところ、今朝グループさんの早朝のお見送りの仕事があり、仕事が終わって空港から街に戻ってきたのが朝8時前。
近くでバスを乗り換えるついでに、急に思い立って立ち寄ってみました。朝7時45分、さすがにまだ箱が山積み。私が購入したのは、10箱のうちの3箱目だったようです(笑)。

早速、自宅に戻って朝食代わりに試食。大ブームになるだけあって、やっぱりおいしい。
クロワッサンのさくさく感と、ドーナツのジューシーな感じが一緒になって、生地の間においしいクリームが挟まっているのがこれまたいい感じなのです。(でも甘い。1個食べたらちょっと胸焼け・・・笑)

cronutsmarkerhoel4
見た目はドーナツだけど、断面図はクロワッサン

クロナッツを食べてみたい方はぜひダブリンへ。大行列しなくても、ちょっと早起きすれば簡単に買えますよ~。


テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

忙しくとも…やっぱりサーフィン!

surfingenniscrone0913
夏の再来!波待ち中。先週末、エニスクローン(Enniscrone, Co. Sligo)にて(9月14日撮影)

忙しい、忙しいといいつつも、これで3週連続、週末サーフィンに出かけています(笑)。

今週末はあまりにせわしないので、いっそのこと波のコンディションが悪ければあきらめもつくのに…と密かに思っていたのですが、天気も良く、波も良く、やはり行かずにはいられず、1泊2日でドネゴール方面へ。
昨晩はバンドーラン(Bundoran, Co. Donegal)でサーフ仲間のスティーブンが出演するサンバ・パーティーがあり、昼間のサーフィンだけでなく、夜もにぎやかに過ごしました。

smabanightsurfnturf
スティーブンが所属するサンバ・バンドが熱演。ブラジリアン・ダンサーも登場して、小さなバンドーランの街の一角がリオのカーニバル状態に!

夏の間はいつも忙しくて野外フェスに出かける友人たちをいつも恨めしく見ているばかりなので、このサンバ・パーティーがとりわけ楽しく感じられました。誘ってくれたスティーブンに感謝。

それにしてもサーフィンというのはチームで行うわけではないのに、ある意味、とても社交的なスポーツかもしれません。
一人や少人数で出かけたとしても、波がいいと同じスポットにサーファーたちが集まってきますから、ビーチや水の中で仲間に次々会うことになり、一緒に波に乗ったり、ビーチでおしゃべりしたり、サーフィン後にパブで落ち合ったり。
水の中で出会って友達になることもしばしば。次に会うのは数か月後、全く別のビーチだったりするのですが(笑)。

surfedoutrossie0913
サーフ仲間のアンマリー。ロスナウラ(Rossnowlagh, Co. Donegal)でサーフィン後、サーファーが集まるカフェにてティータイム

これから3週間ほどしばらくサーフィンに行く機会がないので、今日は思い切り波に乗ってきました。
サーフボードまで疲れてくたくた…な様子です(笑)。

tiredboardenniscrone0913
来月半ばまで半月ほど、しばしサーフィンも休憩です♪

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

アンガス牛の絶品リブアイ・ステーキ!(ゴールウェイ)

先日遊びに来てくださったお友達の親子さんですが、お嬢さんのE子ちゃんと私は、「お肉大好き!」なニク友(なんて言葉があるのかどうかわかりませんが…笑)です。

志望校合格のご両親からのお祝いが松坂牛のステーキだった…という、大の肉好きエピソードを持つE子ちゃん。彼女がアイルランドに来ると聞いて私が真っ先に思いついたのは,「アイルランドでいちばんステーキのおいしいレストランへE子ちゃんを連れて行かなくっちゃ!」ということ。
年間通して野外の自然な環境の中で放牧されるアイリッシュ・ビーフは、常にこの国の輸出品目のトップ。アイルランドが世界誇るナチュラルでヘルシーな食品なのです。

もしもワインのソムリエみたいな「肉ソムリエ」という仕事があったならそれこそ私の天職…と自負する私(笑)が、ここ数年「アイランドでいちばんステーキがおいしい!」と思うレストランは、西海岸の中心地・ゴールウェイ(Galway, Co. Galway)にあるこちら。

Martine's Restaurant(マーティーンズ・レストラン)
21 Quay Street, Galway City.
Tel: 00353 91 565662

決してステーキ専門店なわけでなく、種類豊富なワインと新鮮なお魚も楽しめるゴールウェイに古くからある人気レストランなのですが、ここのステーキは絶品。
出されるお肉は南部コーク産のブラック・アンガス(Black Angus)牛。28日間乾燥熟成(ドライエイジド)させたリブアイ・ステーキの炭火焼きです。あ~、書いているだけでよだれが出そう…。

stakemartinesgalway0913
これがいちばん小さいサイズで、250グラム。これまで何人もの日本からのお客様をご案内しましたが、「大きすぎて食べられない~」と言いつつ、皆さんあまりのおいしさにいつもペロリ!

「グラスフェド(牧草を食べさせている)」のアイルランドの牛肉は、日本の霜降り肉や「コーンフェド(トウモロコシを食べさせてる)」のアメリカの牛肉と比べてヘルシーでさっぱりしています。普段はこんな大きなステーキは食べないわ~という日本の方でも、意外にこの量が食べられてしまうから不思議。
(ちなみにグラスフェドの牛肉は、レアよりも少し焼いた方がおいしいです。ミディアムレアくらいに注文するといちばんおいしい焼き加減になります)

思った通り、このステーキに大感激してくれたE子ちゃん。大好物の松坂牛のステーキよりおいしいかも~とのこと。
そして私たち、ゴールウェイに滞在中の2日間、2晩続けてマーティーンズに通ってしまいました!

この肉を食べた翌日、私たちはアラン諸島のイニシュモア島(Inismor, Aran Islands, Co. Glaway)へ行きました。島で見かけた真っ黒い色の牛に、E子ちゃんがすかさず反応。

「この牛、松坂牛と似てる!」

地元の人に聞くと、それはアバディーン・アンガス(Aberdeen Angus)という種類。調べてみるとどうやら私たちがマーティーンズで食べたブラック・アンガスと同種のようです。

aberdeenangus
アバディーン・アンガス。イニシュモア島では本土の農家から家畜を預かり放牧させています(写真はIrish Aberdeen Angus Associationより)

松坂牛の産地近くに育ったE子ちゃんいわく、このアバディーン(ブラック)・アンガスは姿かたちが松坂牛とよく似ているそう。
もしやこれが松坂牛や日本の和牛黒牛の原種?…なんて疑問もわいて調べてみたりしましたが、よくわかりませんでした。今の和牛はもともと外国産と交配させて出来たようですから、私たちの推測はあながち間違いではないかもしれません。

それにしてもアラン諸島の牧草地にたたずむ牛を見て松坂牛を連想するE子ちゃんは、正真正銘の肉好き(牛好き?)。
牛の味のみならず姿かたちまで見分けるE子ちゃんには、自称「肉ソムリエ」の私も負けたかも…(笑)ですが、ニク友同志、楽しい肉(牛)談義が出来てとても楽しかったです♪

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

仕事も花々もシーズン、ラストスパート!

ダブリンと近郊の観光案内が連日続き、シーズン最後のラストスパート…といった日々を過ごしています。

お問い合わせのメールの返信、秋以降のメディアの仕事の準備など自宅での作業も多く、朝から晩まで家の中でも走っているくらい忙しいというのに、炊事洗濯を後回しにしても、軒先の花の手入れだけは欠かさず(笑)。
咲き終わったバラの花を摘んだり、イチゴの子株を植え付けたり、ラベンダーを収穫して干したり。手入れをしているというより、私が花と遊んでもらっているのかも。

septedisles0913
バラの花もそろそろラストスパート。次々とよく咲いてくれるセプタードアイル。夏のいちばん咲きの時より花ぶりも小さく、色も淡くなりましたが、強い甘い香りだけは変わらず

今日嬉しかったことは、仕事から戻ってみるとバイビスカスの花が大きく咲いてくれていたこと。
このピンクのハイビスカスは昨年購入したもの。葉がすべて枯れてしまい、枯れ木のようになっていたのですが、小鉢に植え替えて数か月後、芽が出て茎が育ち、つぼみをつけ、こんなに大きな花をつけてくれました。

pinkhybiscus0913
室内の日当たりよく、風通しのいい場所が好きなハイビスカス。一日花なので、2日くらいで花はつぼんで落ちてしまいます。今のうちにたくさん見ておかなくては…

今月末まで忙しい日々が続きますが、花々と一緒にラストスパート…です!

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

赤帽の妖精

アイルランドの国の色が緑色…のせいか、マスコット人形などになっている妖精(レプラコーン)は、緑色の帽子をかぶったものばかり。
この夏、雑誌の取材で妖精さがしの旅をした時、妖精は本当は赤い帽子をかぶっている…と聞かされ、それ以来、赤帽の妖精をひそかに探していたところ、ついに発見。

fairyredhat
シャムロックの中で眠りこける妖精…!

手作りの陶器の妖精。
モハーの断崖(Cliffs of Moher, Co. Clare)のビジターセンター内のショップで見つけました♪

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

仲良し親子さんのお友達の訪問

ここ数日、日本からお友達の親子さんが遊びに来てくれていて、ウィックロウ、アラン諸島、ゴールウェイなどをご案内していました。

wicklowmichirusanerikochan
湖をバックに、満開のヒースの中でハッピーな笑顔のお2人♪(Sally Gap, Co. Wicklowにて)

仲良し親子のお2人とは、思えば長いお付き合い。かれこれ20年以上かかわっている「赤毛のアン」に関する趣味の会が縁で知り合いました。(関連過去ブログ:『赤毛のアン』とアイルランド?
思えばお嬢さんのE子ちゃんと初めてお会いした時は、彼女が小学校に入ったばかり…の時でした。その時はアイルランドのことなどお互いに全く知らない頃で、まさか20年後にここでご一緒することになるとは思いもよらず。縁とは不思議なものです。
アイルランドの空気感にぴったり合うお2人でした。

お2人とは、ウサギ好き、お肉大好き(笑)…と「赤毛のアン」以外にも共通点あり。ひとつ好きなものが一緒だと、不思議と他にも似た部分があるものです。

数日間ご一緒にわいわいさせていただき、とっても楽しい時間をご一緒させていただきました。遠路はるばる訪ねてくださり、ありがとうございました♪

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

ハンターズ・ホテルとモーリーンさんの思い出

huntershotel091312
宿の入り口の扉の上には創業者チャーリー・ハンターさんの名の元に発行された、古き時代を偲ばせる、お酒やタバコの販売許可証が

ダブリン南部のカウンティー・ウィックロウ(Co. Wicklow)には昔のお屋敷などを利用したホテルが数多くありますのが、中でもユニークな宿がこちら、ハンターズ・ホテル(Hunter's Hotel, Co. Wicklow)。
日本から来てくれたお友達と一緒に、久しぶりに泊まりに出かけてみました。

1825年創業の、アイルランドでいちばん古いコーチング・イン。コーチング・インとは馬車の時代の街道沿いの宿屋のこと。日本風に言うと旅籠屋(はたごや)…といったところでしょうか。
現在も創業時から代々続いて、ハンターさん一家が経営しています。

huntershotel0913112
2エーカーの広々とした敷地の脇には川が流れ、庭の花々の手入れが行き届いていることでも有名

時流に乗ってモダンに改築する宿が多い中、ハンターズはみしみし音を立てる床が今も残る貴重な宿。
お部屋からもレストランからも、古い窓ガラスから見えるのはお庭の緑。やわらかい緑が、華美なところがひとつもないシックな内装とぴったり合って、心の底から落ち着いた気持ちになれる宿のひとつです。

huntershotel091310
ディナー・タイム前のまだ静かなレストラン。窓辺の花がなんとも愛らしい

huntershotel09137
客室はそれぞれ形や内装、カーテンやソファの柄がお部屋ごとに違っています

huntershotel09136
窓の外の緑が自然のカーテンのよう

お部屋にチェックインした後、お庭でティータイム。ハンターズのスコーンはミニ・サイズなので、ディナーの前でもお腹に応えません。

huntershotel0913111
緑の中でいただく濃いめのお茶とスコーン。優雅なティータイム…のはずが、なんとスコーンにつけるジャムに寄ってくる蜂たちを追い払うのに忙しく、優雅さとはほど遠いものになってしまったのですが(笑)

huntershotel09134
お庭には秋の花が。コスモスがきれい

huntershotel09132
この大きなグンネラは、ハンターズに来るたびに見るのが楽しみなもののひとつ

huntershotel0913113
バラの花?と思いきや、なんと八重咲きのタチアオイでした!

宿の裏手は菜園になっていて、レストランで出される野菜の多くがそこで作られています。
ディナーのおいしさもさることながら、今回私が感激したのは朝食に出されたシンプルな卵やソーセージ。

huntershotel091311
アイルランドの田舎は本当に食事がおいしい。家族経営の農家で丁寧に作られた素材ばかり

こちらのハンターズ・ホテルには過去数年にわたりお世話になっており、いろいろな思い出があります。
もう5~6年前のことになりますが、エッセイストの酒井順子さんをご案内して泊まったのもここでしたし、Leeの花カレンダーを撮影した時もここでたくさんのショットを撮らせていただきました。

そしてハンターズといえば、今は亡き大女将のモーリーンさんをいつも思い出します。3年ほど前に93歳でお亡くなりになる間際まで、ホテルの中をかくしゃくと歩き回っては宿泊客と楽しげにおしゃべりしておられる姿を今も思い出します。

huntershotel09135
花カレンダーの撮影の際に撮らせていただいたモーリーンさんの写真(2008年撮影)。この時すでに90歳でいらっしゃったと記憶しています

酒井順子さんがエッセイの中で「カワイイ」おばあさん、と書かれたモーリーンさん。酒井さんをご案内してハンターズに来た時もやはりお庭でティータイムをしたのですが、背筋をしゃきんと伸ばしたモーリーンさんがお茶を運んできてくださいました。
今も家族経営の温かい感じは変わることのないハンターズですが、モーリーンさんのいないハンターズはやはりちょっぴり寂しく感じられました。

huntershotel09133
お庭の脇を流れる川のそばから見たハンターズ全景。いつまでも変わらぬ昔気質の宿であって欲しいものです

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

フレンドリーなアイルランドのサーフ・シーン

lahinchsurfcomp09135
スパニッシュ・ポイント(Spanish Point, Co. Clare)にて、サーフ・クラブの仲間たちと記念写真♪

この週末はラヒンチ(Lahinch, Co. Clare)周辺にてロングボードのサーフィン大会があり、仲間たちと応援がてら出かけてきました。
あいにくの小波でしたが、大人数でのサーフ旅行は久しぶりだったので、皆でわいわい、とても楽しい週末でした。

私が所属しているサーフ・クラブには、私の他にスペイン人、イタリア人、フランス人などアイルランド人以外のメンバーがいるのですが、このところ、ブラジル人、スイス人、ポーランド人の新メンバーが加わり、ますます国際色豊かに。
そして誰もが口をそろえて言うことは、アイルランドのサーフ・シーンが非常にフレンドリーだということ。

国によっては波の奪い合い、サーフ・スポットの縄張り争いのようなこともあるようですが、アイルランドのビーチでは地元サーファーもビジターもみな同等に仲良くサーフィンしています。
見知らぬ同志でも波待ちしながらおしゃべりしたり、声をかけ合ったり…と、水上での社交もアイルランドでのサーフ・シーンの一部。

今回初めて私たちのサーフ旅行に参加したスイス人のリンダとブラジル人のアレックス。いろいろな国でサーフィンをしてきた2人ですが、アイルランドのサーフ・シーンの雰囲気がとてもいいことに感激したとのこと。
私たちが仲間内で気軽にサーフボードを貸し借りしたり、車をシェアし合ったりしているのを見て、それがあまりにも当たり前に行われているのに驚きさえした様子でした。
大勢でサーフィンに行ったときには特に、ひとりだけ取り残されてしまう人がないように、そして皆が安全で楽しくサーフィン出来るように、お互いに気を配り合うくせがついているのでした。

恵まれた環境で、いい仲間とサーフィンが出来ることにあらためて感謝した週末。
来週末はもうちょっと波が大きくなるとさらにいいのですが…笑。

lahinchsurfcomp09133
小波ながらも楽しかったサンセット・サーフィン♪

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

繁忙期がひと段落…9月のガーデンにて

myflowers09132
モンブリティアのオレンジ色が青い空に映えてきれい♪

昨日ツアーが終了し、夏の繁忙期もひと段落。
このところありがたいことにツアーが連続していたので、さすがに疲れたな~と思ってカレンダーを見ると、25日間休みなしでガイディングしていたことに気づきました。

そしていつの間にか、もう9月。25日ぶりのお休みの今日は、軒先の花々の手入れを楽しみました。
上の写真のオレンジ色のモンブリティア(Montbretia)は、ガイド仲間のシィネードがアイルランド南西部から野生の球根を掘り起こして持ち帰ったもの。
夏のアイルランドを彩るこの花、シィネードに分けてもらって私の軒先でもよく花をつけてくれました。

この夏はアイルランドにはめったにない暑さのせいか、バラの成長はイマイチ。ウドンコ病が蔓延したりと大変でしたが、中にはそろそろ秋の花をつけ始めてくれている子も。

myflowers09137
素晴らしい香りを放つセプタードアイル。つぼみをたくさんつけてくれているので楽しみ

myflowers09133
この夏さんざん収穫して楽しんだミント。暑さで枯れかけたので切り詰めたところ、今度は花が咲き始めました。ミントの花って初めて見たかも…

myflowers09136
バラの奥にあるのはラベンダーと黄色の球根ベゴニア。まだまだ花盛りです

忙しい夏が終わりに近づき、9月になって充実した気持ちで自分の時間を過ごせることに感謝。
今晩は久しぶりに友人たちと会う予定。街のいつものレストランで食事&ドリンク、そして尽きないおしゃべりに花が咲くことでしょう♪

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記