ナオコガイドのアイルランド日記

観光ガイドによるアイルランド生活・旅情報

寒さにもめげず…冬サーフィン!

fundoranweekend02133
朝のタラン・ストランド(Tullan Strand, Co. Donegal)。手前の草は霜に覆われて真っ白

今週からしばらく忙しくなることがわかっていたので、週末はバンドーラン(Bundoran, Co.Donegal)で思う存分サーフィンしてきました。
なんと20人のサーフ仲間が集い、3件の家を借りて皆でにぎやかに週末を過ごしました。波のコンディションも良く、天気も良く、最高のサーフ日和ではあったのですが…、過去に体験したことのないような寒さ!

fundoranweekend02132
夜中に干しっぱなしにしちゃった人のフード。霜で覆われた上に小さなつららまで(吊り下がっているフード下をよ~く見てください)…笑

通常は外気が冷たくとも、水に入ればそれほど寒く感じないのですが。普段はめったなことでは寒さを感じない私も、この週末は水の上で凍りつきそうでした。

面白かったことは、寒さに凍えそうになりながらも波のコンディションがいいのであがることが出来ず、震えながら波待ちしていると、なんとバディのグレアムが岸からバナナを口に加えて私の方にパドルして来るではありませんか!長いセッションになった時のために、岩場にバナナを2本隠しておき、確かに冗談で「私に持ってきてね~」とは言ったものの、本当に持ってくるとは…。これには爆笑&感激(笑)。
バナナは氷のように冷たくなっていましたが、ボードの上でおサルのごとくバナナをほおばるのはなんとも楽しく、身体は震えながらも心はとっても温かくなったのでした♪

サーフィンってチームで行うスポーツではないですが、水の上ではいろいろなことが起こり、ある意味とっても社交的。
波待ちしながら仲間とバカなことを言ってはゲラゲラ笑い、いい波に乗れたらお互いに賞賛し合い、時にはバナナのデリバリーがあって…(笑)。

2月は毎週、時には週に2度・3度とサーフィンに行き大満足の月でした。今週から仕事が忙しくなるので、しばらくサーフィンはお預けとなりますが、その前に仲間と楽しく波を分かち合うことが出来、充実した気分で仕事に向かえそうです。
素晴らしいサーフ仲間と波に感謝!

fundoranweekend0213
ウエットスーツなどギアを入れて持ち運ぶのに、こういうカラフルなバケツを使ってます♪

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

ダブリンの日本食「ヤマモリ・ヌードル」にてTV撮影

先週は数日間、TVロケのご案内で忙しくしていました。
街歩きと食に焦点を当てた番組の中の人気コーナーのダブリン・ロケ。昼に夜にと終日ダブリン市内の日本食レストラン、ヤマモリ・ヌードル(Yamamori Noodle, Dublin2)さんにお世話になりました。

私のアイルランド人の友人たちはみな日本食好きなので、ヤマモリへはよく友人たちと出かけるのですが、私たちがいつもいただくのはお寿司がメイン。
今回は番組の趣旨が「ラーメン」だったので、ほぼ初めて、ここのお店のラーメンに注目してみたところ、なかなか凝っていて美味だったのでびっくり。

ramenroad1
ヤマモリ特製「ヤマモリ・ラーメン」。チャーシュー、エビ、チキン…と具だくさん、ニンニクたっぷりのスープが病み付きになりそうです…!

ダブリンでまだ日本食がほとんど受け入れられていなかった18年前にオープンし、試行錯誤を重ねながら味を研究してきたというこのお店。私も長い間お世話になっていますが、ラーメン、カツカレーなど庶民的な日本食の創作料理…と言ってもいいのではないでしょうか。

ramenroad2
ランチライムにラーメンを食べるお客さんたちを撮影。多くの人々が上手にお箸をつかってツルツル食べていました

放送日はまだ未定。わかりましたら番組の詳細と共にお知らせいたしますね。
お楽しみに♪

ramenroad3
ダブリン名物、ジョージアン・ドアの街並みを撮影中。街情報も盛りだくさんです

※ヤマモリ姉妹店に関する過去ブログ:ダブリンの日本食レストラン「ヤマモリ・スシ」ダブリンの日本食レストラン「ヤマモリ・イザカヤ」

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

スイセンが咲き始めました

先週辺りから春・夏の仕事のお問い合わせが次々に入ってきて、メールのやり取りやリサーチ・アポ取りなどで忙しくなってきました。
今日は1日自宅にて、来週から立て続けにやってくるTVや雑誌のコーディネートの下準備を集中して行いました。春の兆しと共に仕事も忙しくなってきて、嬉しいばかりです。

窓の外をみると春を感じさせるやわらかい日差し。12月に植えた球根たちが順調に育ち、つぼみを付け始めたスイセンが今年最初の花を咲かせました。

suisen0213
おととしのクリスマスに知り合いの方にいただいた球根。昨年は家の中に入れて茎が伸び過ぎてしまったため、今年は外で育てています

この時期は、花の開花を待ち遠しく思うと同時に、今シーズンいらっしゃるであろう新しいお客様と出会いにわくわくする時期。本当の春を待ち遠しく思う今日この頃です。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

パンケーキの火曜日

昨日は「パンケーキの火曜日(Pancake Tuesday)」だったので、友人宅で皆でパンケーキ・パーティーをしました。

pancaketuesday0213
ヌテラ、バナナ、グラニュー糖、刻んだチョコレート、レモン、ブルーベリー、アーモンドなどを自由にトッピングしていただくパンケーキ。ちょっと日本のお好み焼きパーティーみたいだな~なんて思ってしまいましたが…。こちらのパンケーキは日本のホットケーキと違って薄焼きです♪

この「パンケーキの火曜日(Pancake Tuesday)」というのは一体、何に由来しているかと言うと、イースター(復活祭)に関係があります。

キリスト教の暦ではイースター前の40日間を四旬節と呼び、今年のイースターは3月31日(早い!)なので、逆算して今日2月13日から四旬節に入ります。(日曜日はカウントされないので、実際には46日間)

英語ではレント(Lent)と呼ばれるこの期間は、イエス・キリストの復活を祝う準備期間。伝統的には食事を制約したり、派手な振る舞いを自粛する習慣がありました。
カトリックの国アイルランドでは、今でもその習慣が残っていて、お酒をやめる、チョコレートを絶つなど、自分の好きなものをギブアップして「プチ・レント」を実践している人が少なくありません。

中世までのキリスト教世界では、レント期間中は肉食を断っていました。そのため、レントに入る前にお肉をたらふく食べてどんちゃん騒ぎをしましょう…と始まったのが、「謝肉祭=カーニバル」です。(ラテン語でcarne(=meat)+lavare(=wash)が「carnival」の語源。「肉を取り除く」という意味)
やがて本来の宗教的な意味は置いてきぼりになり、お祭り騒ぎの習慣だけが残るようになったのが、世界的に有名なリオのカーニバル、ベネツィアやニースのカーニバルです。

アイルランドやイギリスでは、カーニバルなんて派手なことはしないまでも、レントに突入する前日にパンケーキを食べましょう!…ということになっていて、その日は必ず火曜日となるため「パンケーキの火曜日(Pancake Tuesday)」というわけです。
(正式には「ざんげの火曜日(Shrove Tuesday)」といいます)

アイルランドでいちばんクラッシックなパンケーキのトッピングは、レモン&シュガー(グラニュー糖)。
焼きたてのパンケーキに濃厚なアイルランド産バターをぬって、シュガーをまぶし、レモンをぎゅぎゅ~と絞ります。それをくるくると丸めて(上の写真みたいに)いただくのですが、そのシンプルでおいしいことと言ったら!

今年は4枚いただきました。ちびくろサンボの169枚には、いつになっても追いつきませんね…!
(実際にパンケーキ・パーティーの席で「ちびくろサンボ」が話題となりました。アイルランド人で珍しくサンボを知っていた彼も、サンボの食べた枚数を正確に覚えてびっくり…笑)


テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

アイルランドには双子が多い?

突然ですが…。アイルランドには双子の割合が多いように思います。

双子の産まれる確率は国や人種により違い、一般に白人種の方が確率が高いようではありますが(ウィキペディアの双生児「双子の出生頻度」参照)、それにしても…私の親しいアイルランド人の友人たちは双子だらけ!
厳密に言うと「双子の片割れ」もしくは「兄弟姉妹の中に双子がいる」人だらけです。

例えば…。私がいつも親しくしている女の子友達のエリザベス、アンマリー、ロレーン。もともとサーフィンの仲間で、街へ飲みに行く、映画を観に行く…なんて時は必ず誘い合う仲良しですが、この3人が3人とも上記の「双子の片割れ」もしくは「兄弟姉妹の中に双子がいる」人たちなのです。
エリザベスは双子の妹(全く似ていないのでおそらく二卵性)、アンマリーは双子の弟がいて、ロレーンは妹と弟が双子。

さらに友人の枠を広げて、数か月前にポルトガルへ一緒にホリデーに行ったメンバーをみてみましょう。男女合わせて9人のアイルランド人のうち、なんと5人が「双子の片割れ」もしくは「兄弟姉妹の中に双子がいる」人たちだったのです。
エリザベス、アンマリー、ロレーンの他、カレンは双子の妹(一卵性か二卵性か不明)、グレアムは妹二人が双子(そっくりの一卵性)。9人のうち5人ってすごくないですか?

そしてどうやらこれは、私の周りに限ったことではないらしいのです。
昨晩、女の子友達と双子の話題になった時のアンマリーのこの発言。「私のオフィスで働く14人のうち、なんと9人が双子なのよー」
!!!

私の親戚、日本の親しい友人の中には双子は一人もなく、兄弟姉妹の中に双子がいるという人もいません。
小学校や中学校の頃を思い出してみても、双子って学年に一組いるかいないか、いや学校中で一組、二組くらいだったように思います。
アイルランドのような人口450万人という小さな国で、身近にこんなに双子がいるとは驚くばかり。きちんと統計を見たわけではありませんが、どう考えても双子率が高いとしか思えません。

少し前のことですが、偶然乗り合わせたタクシー・ドライバーが興味深いことを言っていました。(なぜタクシー・ドライバーと双子の話になったのかは不明ですが)
「アイルランドは貧しい国だったから双子が多いんだよ。お腹がすいていると、少ないエネルギーでたくさんの子孫を残そうとするからねー」…。
要するに、飢餓状態だと生殖本能がより強く働いて、一度に複数を出産しやすい…ということなのでしょうか。医学的には全く根拠のない話ですが、なんだか的を得ていて興味深いと思いました(笑)。

インドのある場所に、双子だらけの村があると聞いたことがあります。調べてみると、こんな記事に行き当りました。(→出生率が世界平均の10倍? インドの「双子村」で地元医師が原因を分析中。livedoor NEWS 2009年5月の記事より)

記事によると、なんとこの村では世界平均の10倍の確率で双子が産まれていて、隣り近所みな双子だらけ。さらにブラジルや中国にも双子の出生率の高い街や集落があるとか。
原因は解明されておらず、今後の医学的研究の対象として注目されているようですが、アイルランド人のタクシー・ドライバー的な見方をすると、いずれも貧しい地域であることがやはり興味深く思えます。

今思うと、子供の頃、双子の兄弟姉妹がいる…という状況にとても憧れていました。身近に例がなかったせいか、ケストナーの『ふたりのロッテ』の影響か(笑)。私にとっては「双子=とてつもなくエキゾチックなもの」でした。
自分と顔かたちが一緒の姉妹(当時は一卵性も二卵性もよくわかっていませんでしたが、私が憧れた双子というのは、ロッテとルイーゼみたいな顔かたちが一緒の一卵性の姉妹)がいるなんて、どんなに面白いことか、といろいろ空想していたように思います。学校ですりかわっちゃうとか、好きな男の子に片割れを装って自分のことどう思っているか聞いちゃうとか(笑)。

兄弟姉妹の多いアイルランドでは、親しくなってくると友達の兄弟姉妹も仲間に交じってくることが多々あり、エリザベス、アンマリー、ロレーンたちの双子兄弟姉妹ともよく顔を合わせます。一緒に飲みに行ったりすると、子供時代の憧れが顔を出し、ついつい双子の動向を観察してしまったりするのでした。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

サーフィンの後のお楽しみ…

surfing020213
アイルランド西海岸の冬の波。パドルして沖へ向かうサーフ仲間の脚だけが写真に写りました(笑)

このところ週に1~2回の頻度でサーフィンに行っていますが、寒さがいよいよ厳しいものになってきました。
季節はそろそろ春に向かうこの時期ですが、海の水は2か月ほど遅れて外気の影響を受けるため、今がいちばん寒く感じられる時なのです。

昨日はロスナウラ(Rossnowlagh, Co. Donegal)でサーフィンしていたのですが、思いがけず良いコンディションに恵まれ、2時間波に乗りっぱなし。まだまだ続けたかったのですが、寒さで体が動かなくなってきて、泣く泣く水からあがりました。

サーフィンの後のお楽しみは、なんといっても温かい食事。水から出ると本当にお腹がすくのです。
ロスナウラへ行ったらほとんどいつも立ち寄る、サーファーや地元の人たちに人気のパブ・レストラン、スマグラーズ・クリーク・イン(Smugglers Creek Inn, Rossnowlagh, Co.Donegal)へ。
寒さに震えながらストーブの前へ直行、そこから離れらない私たちを見て、顔馴染みのオーナーがテーブルをストーブの前に運んで来てくれました。スペシャルなサービスに感激です。

fishandchipssmuglersinn
ストーブを背にぬくぬくしながら、フィッシュアンドチップスとラグビー観戦(テーブルの前にはTV画面があるのです)…極楽気分。ここのフィッシュアンドチップは格別、重ねた魚の下にある小さなカップにはマッシュピーがどっさり入っています♪

芯から冷え切っていた体もすっかり暖まり、お腹も満たされて、心の底からハッピーな気分で一路ダブリンへ。片道3時間のドライブですが、楽しかったサーフィンのことを仲間とおしゃべりしながら帰るのがこれまた楽しく、その頃には寒かったことはすっかり忘れて次回のサーフィンのプランを練っていました(笑)。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

ダブリンの青い空

ケルトの暦では2月が春の始まり。この時期は1日に2分ずつ日が長くなっているそうですが、そう言われてみればついこの間まで夕方5時で真っ暗だったのに、このところ5時過ぎまで日があるようになりました。

今日は終日、自宅でメールの返信や今シーズンの仕事の準備などをしていましたが、窓からさんさんと差し込む光でラップトップのスクリーンが見えないほどの明るい日でした。
窓の外を見上げるときれいな青空!

blueskeyfromhouse060213
リビングの窓から。ちなみに窓辺につるしてあるのは、いただいたクリスマスカードをオブジェにしたもの

雨や曇りの日も多いアイルランドですが、だからこそ、合い間に見せてくれる青空がよく美しく、嬉しく感じられます。
春はもうすぐそこに…。そんな気がした1日でした。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

コカリナが奏でるアイルランドの歌「涙と希望の村」 by 黒坂黒太郎さん

kibonokokarina0213
黒坂さんご本人よりいただいた「希望のコカリナ」CD by 黒坂黒太郎とコカリナの仲間たち

「コカリナ」という楽器をご存知でしょうか。
オカリナにちょっと似た小さな笛のような木製楽器で、もともとハンガリーの露店で売られていたものが1995年に日本に紹介され、広められたのだそうです。
「コカリナ」と命名し日本に紹介し、ご自身の活動をもって普及に努めてこられた方が黒坂黒太郎さん。コカリナの第一人者として現在も広く活躍しておられます。
(詳しくは黒坂さんの公式HP参照。コカリナについて&黒坂さんの活動について、詳しく説明されています→コカリナの世界へようこそ

もう10年以上も前になりますが、黒坂さんとお弟子さんたちのアイルランドでのコカリナ演奏旅行をご案内させていただいたことがあります。
お会いしてみると、黒坂さんはなんと私と同じ長野県上田市のご出身。たちまちのうちにご縁を感じました。
1998年の長野オリンピックの際、道路建設により伐採された木からコカリナを制作した黒坂さん。それをオリンピック会場で子供たちが演奏したことで、多くの人々の知るところとなったそうです。
地元にいる母に聞いてみると、上田市の人々にはコカリナはよく知られていて、子供たちが学校で演奏したりしているとのこと。離れてしまった私は知らなかったのですが、当時小学生だった親戚の子供たちも「コカリナ?学校でやってるよ」と普通に知っていたので驚いたものです。

その後も黒坂さんのご活躍は折に触れて耳にしていましたが…。昨年久しぶりにご連絡をいただきました。
アイルランドのある曲に大変心を動かされ、原発事故で故郷を追われた福島の皆さんのために黒坂さんご自身が訳詞(作詞)して演奏しているが、今後もずっと歌っていきたいのでオリジナルの作詞者より正式な承諾をもらいたい、連絡を取る方法がないだろうか…とのことでした。

黒坂さんが心を動かされたというのは「アイル・オブ・ホープ、アイル・オブ・ティアズ(Isle of Hope, Isle of Tears=希望の島、涙の島)」という曲で、作詞はアイルランドの小説家・作詞家として知られるブレンダン・グレアム(Brendan Graham)さん。ケルティックウーマン(Celtic Woman)の歌声で日本でもヒットした「ユ―・レイズ・ミー・アップ(You Raise Me Up)」を作詞した方でもあります。
「アイル・オブ・ホープ、アイル・オブ・ティアズ」はアイルランドのいろいろな歌手により歌われているフォークソングで、私はショーン・ケーン(Sean Keane)という男性歌手の歌声で聞き馴染んでいました。哀愁を誘う、なんともいい曲です。
Sean Keane "isle of Hope Isle of Tears" McNamara's Nashville

実はこの曲、グレアムさんのオリジナルの歌詞は、私の大好きなアニー・ムーア(Annie Moore)のストーリーを歌ったもの。
1981年12月、アイルランド南部のコーヴ(Cobh、タイタニック号の最後の寄港地として知られる町)より2人の弟2人を連れて移民船に乗り込みニューヨークへと向かった15歳の少女アニー・ムーア。1982年1月1日、ニューヨークのエリス島に移民局が開局したその日に到着した彼女は、移民局を通過した最初の人物として歴史に名を残しました。

「アイル・オブ・ホープ、アイル・オブ・ティアズ(希望の島、涙の島)」は、アニー・ムーアとエリス島のストーリーを通して、故郷を離れ希望と涙の入り混じった気持ちで新天地に降り立った移民たちの心境を歌ったもの。
ガイディング中、アイルランド移民やアニー・ムーアの話をする時はいつもこの曲が私の頭の中をぐるぐるし始めるので、「1892年1月1日、エリス島の移民局開局、アニー・ムーアは15歳、移民局は1943年に閉鎖、その間に1700万人が通過」…と歌に歌われている通りにお客様にお話ししています(笑)。
(英語の原詞をご覧になられたい方はこちら

ちなみにコーヴにはアニー・ムーアの銅像があるのですが、海の向こうのエリス島にもあって、私がそちら側のアニーに会いに行ったときの話はこちら。
→過去ブログ:エリス島の移民第一号、アニー・ムーア

話をコカリナと黒坂さんのことに戻します。

「アイル・オブ・ホープ、アイル・オブ・ティアズ」を聴き、かつてアイルランドから移民した人々と、原発事故で土地を追われた人々が故郷を思う気持ちには共通したものがある…と感じられた黒坂さんは、この歌を「涙と希望の村」と名付け、日本人の心境に合うように作詞し直しました。
コンサートではこの曲を聞いて多くの方が涙を流されるそうです。
涙と希望の村 歌 矢口周美 (私にとっても黒坂さんにとっても地元である軽井沢・大賀ホールでのコンサート。歌っておられる素敵な方は周美(かねみ)さん、黒坂さんの奥様です♪)

これを長く演奏していきたいと考えた黒坂さんが、作詞者のグレアムさんに承諾を得ようと思い私にご連絡くださったわけですが、音楽関係の知り合いを通じて2~3連絡を取ったところ、思いがけず簡単にグレハムさんご本人と音楽出版社に連絡がつきました。
このスピィーディーなネットワークにも感謝。知り合いの知り合いのそのまた知り合い…といった具合にあっという間にメールが回り、瞬く間にご本人にいきついてしまったのです。
Music Plantの野崎洋子さん、いつもありがとうございます♪)

その後、黒坂さんが、日本の被災地の皆さんが置かれている状況などを踏まえてオリジナルの歌詞を日本語で作詞したことをお伝えしたところ、「どうぞこの歌をお使いください」と快い返事をくださったそうです。黒坂さんの熱意、曲への深い理解・想いが伝わった結果ですね。

ちなみにブレンダン・グレアムさんは、カウンティ―・ティペラリーのニーナ(Nenagh, Co. Tipperary)のご出身。(今はCo. Mayo在住のようです)
実は10年余り前の黒坂さんのアイルランド演奏旅行の際、この町でもコカリナの演奏をしているのです。懐かしい。このニーナつながりにもなんだか縁を感じずにはいられません。

「涙と希望の村」は、昨年9月にキングレコードより発売された黒坂さんの最新コカリナCDに収録されています。(詳しくはこちら→『希望のコカリナ~よみがえった石巻アカマツの奇跡~』
このCDは、東日本大震災により黒こげになった石巻門脇小学校の被災松から作られたコカリナの演奏を中心に収録したもので、先日、黒坂さんご本人よりCDをお送りいただきました。ありがとうございます。(冒頭の写真)

黒こげになった松の木が音となってよみがり、美しい音色をかなでています。何度も聴いているうちに、まるで木の中に生き続けている精霊が木霊(こだま)しているかのように聞こえてきました。
木は焼けてしまっても、その命は永遠なのですね。

コカリナという不思議な楽器がつないでくれたご縁に感謝。これからも黒坂さんとコカリナの演奏者の皆さんを陰ながら応援させていただきたいと思います。
いつかまた、アイルランドに演奏旅行に来ていただけますように。


テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記