ナオコガイドのアイルランド日記

観光ガイドによるアイルランド生活・旅情報

2013年英国文化都市はデリー

来年2013年は北アイルランドが何かと注目されそう…と先日のブログに書きましたが、ファーマナ県ロックアーン・リゾート(Lough Erne Resort, Co. Fermanagh)にてG8サミット(主要国首脳会議)が開催される他、もう一か所、注目すべきはデリー(Derry/Londonderry, Co. Derry)。
アイルランド唯一の城塞都市として知られるデリーは、2013年の英国文化都市(UK City of Culture)に指定されており、来年一年を通してさまざまなイベントが行われる予定です。

derrypeacebridgetown
人口約9万人のデリー。昨年6月に開通したピース・ブリッジ(Peace Bridge)からギルドホールを臨む。このピースブリッジはプロテスタント地域であるウォーター・サイドとカトリック地域である旧市街側の間を流れるフォイル川にかけられたもので、紛争が終結して和平が訪れたデリーを象徴する新しいモニュメントです(2013年8月撮影)

英国文化都市(UK City of Culture)というのは英国内で選出される「文化都市」で、EU内で選出される欧州文化都市とは別モノ。2008年にリヴァプールが欧州文化都市に選ばれて成功したことを受けて、新たに始められたものです。
来年2013年が初年度となり、最終選考に残ったバーミンガム(Birmingham)、ノリッチ(Norwich)、シェフィールド(Sheffield)を見事破り、デリーが初代英国文化都市となりました。
2013年以降は、4年に一度都市の指定が行われます。

ちなみに来年2013年は、デリーの城壁建設が始まってきっかり400周年。1613年~1619年にかけて建設された一周1.5キロの城壁は、英国支配の象徴とも言える建造物ですが、今となってはデリーが誇る歴史的な遺産。私もデリーをご案内する時は、必ず城壁ウォークにお客様をお連れしています。

先月イベント内容の正式な発表があり、年間通してのイベント・カレンダーが公示されました。(詳細はこちら→http://www.cityofculture2013.com/
歴史的建造物や周辺の史跡などで行われる催し、スポーツのイベント、ファッションや食に関するものなど多岐にわたるプログラムが組まれている中、やはり目玉となるのは音楽関係のコンサート等でしょうか。
デリーと言えば、70年代パンク・バンドの代表アンダートーンズ(Undertones)の出身地。アンダートーンズの名曲「ティーンエイジキックス」をベースにしたミュージカル(「Teenage Kicks A Punk Musical」2013年11月1~9日)が行われる他、現在もアイルランドの音楽シーンで幅広く活躍するデリー出身のピアニスト/ソングライター、フィル·コールター(Phil Coulter)のホームカミング・コンサート(2013年6月15日)なども予定されています。

2005年にコーク(Cork)が欧州文化都市に指定された時もそうでしたが、文化都市に指定されている期間にデリーに来れば、いつもどこかで何かがありますよ~といったイメージ。
過去数年、観光誘致にかなり力を入れてきたデリーですが、来年一年はさらににぎやかになりそうですね。

★デリーに関する過去ブログ:デリーのオレンジ・パレードデリーの虹と、和解の銅像千の風になって「私の愛する街」デリー

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

ウシ柄のチーズケーキ

信州の実家に滞在中です。
ドライブがてら近くにある自家製チーズのお店へ出かけてみると、なんとウシ柄のチーズ・ケーキに遭遇。

atelierdefromage2
アトリエ・ド・フロマージュ本店(長野県東御市)にて

この黒白柄は、アイルランドでもよく見かけるフリージアン種(乳牛)の柄。だんだんケーキが牛に見えてきました…(笑)。

knocknaree0912
アイルランドでよく見かける黒白ウシ(スライゴ周辺にて。2012年9月撮影)

ケーキの名前はその名も「ドナドナ」。
期間限定のメニューのようですが、見た目にもネーミングにも、そして濃厚かつとろけそうにクリーミーなそのお味にも思わずぐっときてしまいました。

atelierdefromage3
ウシ柄の中にこんな仕掛けが。リンゴのジャム…といった感じのさっぱりした甘さが、チーズとぴったり

自家製チーズや季節のベリーやフルーツを使ったここのスイーツはどれもとってもおいしいのですが、この「ドナドナ」のおいしさはまた格別でした♪

高台の眺めのいい場所にあるこのお店、実家へ来るとよく出かけてきます。空気は清涼、周辺には信州のこの地方らしい景色が広がっています。

atelierdefromage
バラの花がまだまだ咲き残っていました

atelierdefromage4
店内の観葉植物の下植えに、思いがけずシャムロック発見

atelierdefromage5
畑の緑、山と空のブルー、雲の白。思いきり信州らしい景色ですが、色味がアイルランドによく似ているな~と思いながら写真を撮りました

atelierdefromage6
今日はお天気も良く、空気がとてもきれいだったのでしょう、山並みをよ~く見ると、なんと富士山が臨めました!

初冬の信州の青空の色はちょっぴり水彩画風で、アイルランドの空の色とよく似ている気がしました。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

2013年G8サミット開催地は北アイルランド、ロックアーン・リゾート

来年2013年は北アイルランドが何かと注目される年となりそうです。

かねてから北アイルランドで開催の話があった2013年のG8サミット(主要国首脳会議)ですが、ファーマナ県のロックアーン・リゾート(Lough Erne Resort, Co. Fermanagh)で行われることが一週間程前に正式発表となりました。

lougherneresort0611
2007年オープンのゴルフ場を併設した高級リゾートホテル(写真は2010年6月に宿泊した際に撮影)

ファーマナ県のエニスキレン(Enniskillen, Co. Fermanagh)とベリーク(Beleek, Co. Fermanagh)という国境に近い2つの町の間にあるこのホテル。
アイルランドのレイクランド(湖水地方)として知られるエリアで、ホテル名のロック・アーン(Lough Erne)というのはこの地に横たわる大きな湖の名前です。

過去にお客様をご案内して何度か利用したことがありますが、広々と環境のいいところで、敷地内を散歩している時になんとミンクに遭遇したことがあります!(過去ブログ:ホテルの敷地でワイルドライフ♪(ロックアーン・リゾート)
ゴルフ場も評判が良く、現在世界ランク第1位に輝く北アイルランド出身の若きプロ・ゴルファー、ローリー・マッキロイ(Rory McIlroy)選手も何度もここでプレイしています。

G8サミットの開催日は2013年6月17・18日。湖とドラムリンと呼ばれる丘の連なるのどかなこの地に、英国、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、ロシアそしてアメリカ合衆国それぞれの首相・大統領が一同に会することになるわけですが、警備はすでに10月1日から始まっており、周辺の宿泊施設も開催日を含めた数週間は関係者や報道陣によりすでにブロックされているようです。

ほんの数年前までは北アイルランド紛争の影響で、このような国際的なイベントがこの地で開かれようとは思いもよらないことでしたので、その意味でも今回のG8サミット開催のニュースは多くの人々に感慨深い気持ちで受け止められいる様子。
(日本語による関連ニュースはこちら

日本からも関係者の方々が多くいらっしゃるでしょうし、緑のアイルランドののどかで環境のいい様子が世界中に発信されるいいチャンスとなることでしょう。

もうひとつ、2013年に向けて注目されている北アイルランドの都市があるのですが、それは次回のブログにて。


テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

Coming Home...!

約1年ぶりに日本に里帰り。昨日到着しました。

直前まで仕事をしていたので、なんだかバタバタっと荷造りしてダブリンの自宅を出発。
前夜には友人が植物やサーフボードを預かりに来てくれたり、いってらっしゃいコールをくれたり…。ここ2~3年、半年毎くらいにちょこちょこ帰国するパターンが続いていたので、一年もあいたのは久しぶりでちょっぴり緊張。
自分の国へ行くのに、なんだか変ですね(笑)。

飛行機を乗り継いで、リムジンバスに乗って、新幹線に乗って…。ダブリンの自宅を出て約20時間後。車窓からついに故郷近くの山が見えた時には、さすがに感激しました。

asamayamanov12
雪をかぶった浅間山

これから数週間、家族との時間、なつかしい友人たちとの再会を楽しみたいと思います♪

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

晩秋のアイルランドを撮影

ebooknov125
ラウンドタワーの撮影。グレンダーロック(Glendalough, Co. Wicklow)にて

ここ数日、撮影の仕事をしていました。今回はTVなどのロケではなく、デジタル書籍の映像撮影。
ダブリンと周辺の風景や史跡、名所旧跡などを撮影してまわっていますが、この時期とにかく日が短く、戸外での撮影に使える時間が短い…。
幸い天候に恵まれ、スタッフの皆さんのプロフェッショナルなお仕事のおかげで、スムーズに日程が終了しほっとひと安心です。

今回撮影をしながら、夏の時期とは違ったアイルランドの美しさを再発見した気がしています。夏にはないやわらかい日差し、斜光に照らされる海や緑の美しさなどなど。
映像のプロであるスタッフの皆さん、11月でもしっかりアイルランドの光をとらえてくださり、さすがです。

ebooknov124
ダブリン俯瞰撮影はギネスストアハウスの最上階から。特別な撮影許可により非常口へ出て撮影します。陽が昇りすぎない、朝早めの時間に撮影しました

ebooknov122
秋のうろこ…雲?日の落ちかけたグレンダーロック周辺

ebooknov12
晩秋のタラの丘にて。落ち葉から透けて見える緑の大地

ebooknov123
遅い午後の斜光に照らされるキライニ―・ビーチ(Killiney Beach, Co. Dublin)。光のコントラストが美しい

今回はアイルランド人のカメラマンが日本からいらしたディレクターさんと一緒に仕事をしてくれました。
先日、ロンドン・サーフ映画際でその作品が最終選考にノミネートされたジュールズ(Jules)がカメラマン。

ebooknov126
木の上を走るリスをカメラにとらえようと真剣なジュールズ

当地にてカメラマンを手配するのは初めてで、機材についてなど、私自身もいろいろと勉強になり良い経験をさせていただきました。

書籍の詳細等は、また時期が来たらお知らせいたしますね。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

クリスマスまで…あと5週間

ぴりりと空気が冷え込んだ今日のダブリン。昨晩は友人たちと街へ出て、遅めの食事&ドリンクを楽しみました。
寒い日にもかかわらず、街はずい分にぎやかで、気づけばクリスマスのイルミネーションがそろそろ始まっていました。

graftonstxmasnov12
帰宅途中、深夜のグラフトン通り(Grafton Street, Dublin2)にて

クリスマスまであと5週間ほど。友人たちとの話題も、お互いのクリスマスや新年の予定がメイン。
こちらはクリスマスは家族と過ごしますが、新年は親しい友人や恋人同士で過ごすので、私たちもニューイヤー・イブのコンサートの話や、新年のサーフ・トリップのプランをいろいろと練っているところです。

仕事にサーフィンに…と忙しく動き回っているうちに、いつの間にかカレンダーがめくられていたような感じ。やることが次々にあり、そんな話が友人たちと出来て、本当にありがたいことだな~と感じています。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

カムデンのカフェレストラン、グリーン・ナインティーン

green193
ミントがたっぷり入ったお水♪

近頃ダブリンには、低価格でおいしい食事がいただけるカジュアルなレストランが増えてきたように思います。
かつてはどこのレストランでもディナーのメイン・コースは20~25ユーロ位していたので、ちょっとお酒も飲んで、デザートも食べて…なんてしていると一度の食事で軽く40~50ユーロかかってしまったのですが、経済不況になってからというものレストランも工夫して、価格が少しずつ下がってきました。

以前のダブリンにはあまりなかったリーゾナブルな価格でしっかりした食事のとれるカフェやカジュアルなレストランが出来て、私自身もより頻繁に街に出ているかも。
不況になって静かになったかと思いきや、あいかわらずダブリンの街はいつもにぎわっています。

そんなカジュアルなレストランの中で、最近気に入っているのがこちら、グリーン・ナインティーン・カフェ(Green Nineteen Cafe, Camden Street, Dublin2)。
ダブリン市街地のちょっと南西よりのカムデン(Camden)と呼ばれるエリアにあります。

green194
レストラン内部はこんな感じ。この日は早い時間に食事したのですいていましたが、ディナータイムは予約しないと並ぶことも…

なんだか(ちょっと洗練された)定食…みたいな一皿料理が充実しています。

green19
モロッコ風ラム肉のタジン&クスクス

green192
ポーク・ベリー(豚バラ)のカスレー風煮込み、茹でキャベツ添え。私のいちばんのお気に入りメニューです

このクオリティー&ボリュームで、いずれも10ユーロというのがすごい。
その他、同じく10ユーロの一皿料理には、オーガニック・ビーフのバーガー、豆と野菜のベジタリアン・カレー、アイルランド伝統のコーンドビーフなどがあり、いずれも家庭の味にひと工夫加えたB級グルメ風…なのがなんともいい感じです。

この日はデザートはいただきませんでしたが、デザートやコーヒーもなかなかおいしいです。

ダブリンで人気のライブハウス、ウィーランズ(Whelans)の目と鼻の先にあるため、ライブの前に友人と食事をしたりするにも便利。
このカムデン・エリアには気の利いたカジュアルな食事処がいくつかありますので、おいしくリーゾナブルな食事を求めて探検の価値ありです!

green195
通りからレストランの中がのぞいて見えるガラス張りの外観

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

雪山と冬サーフィン

数日前、ポルトガルでのホリデーから戻り最初のサーフィンに出かけました。
まるで1月のアイルランドかのような…とても寒い日で、道中スライゴ(Co. Sligo)の山々が雪をかぶっているのを見てびっくり。

aughrissurf031112
遠くの山が真っ白!

小雨が降ったりやんだりする中、サーフ仲間と励まし合って、ようやくウェットスーツに着替えて入水。入ってしまえばなんてことはないのですが、寒風の中で着替えをするのが寒い…。
風の強い日で、あまりいい波に乗ることが出来ませんでしたが、久しぶりのアイルランドの海を堪能。寒くともやっぱり楽しい♪

aughrissurf0311124
オクリス海岸(Aughris, Co. Sligo)にて。今年最初の冬サーフィン…でした


テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

湖畔の隠れ宿、ハービーズポイント

harveys11129
秋深まるエスケー湖(Lough Eske)。対岸の森の中にあるのがハービーズ・ポイント

ドネゴールの湖畔の宿、ハービーズ・ポイント(Harvey's Point, Co. Donegal)へ週末旅行に出かけてきました。
いつも仕事でお世話になっているロンドンのツアー・オペレーターさんとご一緒。個人旅行のお客様向けに新ツアーを作るので、その視察もかねての旅行でした。

高級リゾート・ホテルであると同時に家族経営の暖かさもそのまま残したハービーズ・ポイントは、この地に魅かれたスイス人のオーナーが手作りで始めたというユニークなホテル&レストラン。
創業以来約30年間、観光客のみならず、地元の人々にも親しまれています。

harveys1112
ホテル周辺。緑濃い夏の様子。今年の夏に来た際に撮影(2012年7月撮影)

2005年に大掛かりなリノベーションが行われ、新たにオープンしたホテル本館は、とにかくお部屋が広いのが特徴。

harveys11123
今回私たちが泊めていただいたデラックス・ルームのベッドルーム。あまりに広々としているので、朝起きて体操やヨガをしてしまいました

harveys11122
寝心地のいいベッド。リネンがパリッとしていてとても気持ちがいい

harveys11124
ジャグジー付きのバスルーム!

ディナーもゆっくり楽しませていただきました。

harveys11125
アイリッシュ・ビーフのステーキ。見た目は黒々としていますが、お肉がとろけるようにやわらかくおいしかった~

harveys11126
デザートでいただいたオレンジ味の盛り合わせ

夜が長くなるこの時期は、こんなふうなゆっくりしたホテル滞在もいいものです。
周辺には森の中の散策路などもあるのですが、今回はあまり戸外には出ず、広いお部屋やバーでゆっくりさせていただきました。

今年の夏は個人旅行のお客様のご案内でハービーズへ来るチャンスが多くありました。日本のお客様にもっとたくさん来ていただこうと、いろいろなプロモーションを行っている様子。
また季節がよくなった頃にお客様とご一緒に来られることを願っています。

harveys11128
朝食時にレストランより撮影。11月でもアイルランドの緑は相変わらずきれいです


テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記