ナオコガイドのアイルランド日記

観光ガイドによるアイルランド生活・旅情報

「ダーバヴィル家のテス」が咲きました

ミニバラに続いて、今年苗から育てた私のバラも見事に花を咲かせてくれました!

tessroses0512
四季咲きのツルバラ。その名も「ダーバヴィル家のテス(Tess of the d'Urbervilles)」

悲劇のヒロイン、テスを連想させる情熱的な色と花ぶり。
大きく見事な花が朝露にぬれている姿にしばしうっとりした、さわやかな5月の朝でした。

tessroses05121
私の窓辺♪

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

30度を超えた!…真夏の週末

lahinchmay124
スペインではなく…アイルランドです!

週末はラヒンチ(Lahinch, Co. Clare)でサーフィンしていました。
波の方はあいにく小さく、大きなボードで波遊び…といった程度だったのですが、ヒートウェイヴ(熱波)がやってきていて、お天気の方はまるで南ヨーロッパのリゾートにいるかのようなでした。

lahinchmay122
なんと…31度まで気温が上がりました!

lahinchmay126
小さな波を楽しむ初心者サーファーたち。ウェットスーツが熱く感じるほど

サーフィンが思わしくないので、日光浴を楽しむことに。
この週末で真っ黒に日焼けし、まるで南国でのホリデーから帰ってきたかのよう。アイルランド国内にいてこんなに日焼けしたのは初めてです。

lahinchmay123
真っ青な空の下、みんなで日光浴♪

lahinchmay125
サーフィンの代わりにハーリングを楽しむジョンと犬のオスカー

こんな暑さはアイルランドではめったに経験できるものではありません。夜10時過ぎまで日があるので、夕ご飯を食べるのを忘れてしまうほど、屋外でただただ日光に当たって過ごしていました。

この晴天は次の週末まで続くそう。夏のアイルランドはただただ美しく、陽気で楽しいのです!

lahinchmay12
ラヒンチの夕日。満潮時、波がすっかりなくなり海は平らに。ラヒンチがこんなにフラットなのは初めて見ました

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

The ’First’ Rose of Summer!

週末はサーフィンに出かけていて、3日間ぶりに自宅へ。窓辺のバラがこの夏最初の花をつけて、迎えてくれました。

firstroseofsummer
昨年プレゼントにいただいたミニバラを、剪定してプランターに植え替えました。もうちょっと小さなバラだったような気がするのですが…。昨年より花ぶりが大きくなった気がします

春先には葉が白く粉吹き(おそらくウドンコ病)、つぼみがつき始めてからがアブラムシが。そのたびに退治法を調べては奮闘してきただけに、きれに咲いてくれて感激♪

「夏の終わりのバラ(The Last Rose of Summer)」(民謡「庭の千草」の原題。アイルランド人のトーマス・ムーアが作った民謡です)ではなく、「夏の最初のバラ(The First Rose of Summer)」。
次々につぼみをつけているので、これからますます楽しみです。



テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

夏日和になりました

先週まで5月にしては気温が低く、肌寒いような日が続いていたのが、今週になってがらりと一変。
突然、夏がやってきたかのような陽気に変わりました。

ststephengreen0512
ダブリンの終日観光を終えて帰宅途中。木漏れ日のまぶしいセント・スティーブンズ・グリーン(St Stephen's Green, Dublin2)にて

今日は日中20度を超えるほどの夏日和。明日・あさってとさらに気温は上がり、週末もこの陽気が続くとのこと。
気温が上がり天気がいいと、誰もが笑顔でハッピーです♪

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

北アイルランドはアイルランドか、イギリスか?

2月に放送された、私が撮影コーディネートさせていただいた「知っとこ!」(TBS系列)の「世界の朝ごはん」のベルファースト編
制作会社さんからDVDのコピーが届き、3ヶ月遅れで楽しませていただきました。

タイタニック号交通博物館にあるデロリアンテキスタイル・デザイナーのジュード・カッシディーさん、イケメン君&船上カフェにネコの城・ベルファーストキャッスルなどなど。そして…とっても可愛い新婚さん!若くて初々しい新婚さんの登場に、スタジオも盛り上がっていましたね。
放送終了後、出演者の皆さんにも視聴者の皆さんにも大変評判が良かったと聞いていたとおり、ベルファーストの街&人を素敵に撮影・編集してくださり、スタッフの皆さんに心から感謝申し上げます。

ただ、ひとつだけ、内容が良かっただけに残念だったことがあります。
番組を見て気付かれた方もおられたかと思いますが、国名の紹介・表記が放送を通してずっと「イギリス(ユニオンジャックの国旗付き)」となっていました。
これは完全な誤りとも言い難いのですが、やはり正しい認識ではありません。

では、ベルファーストはどこの国に属しているのか? イギリスなの? アイルランドなの? …ということになりますが、「ベルファーストは北アイルランドの首都(自治議会を持っています)」ですから、やはり「北アイルランド」と表記するのが正しいのではないかと思います。

イギリスの正式国名は「グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国(United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)」(日本での通称:イギリス)。
Wikipediaなどの説明を見ると、ベルファーストを首都とする「北アイルランド」は、連合王国を構成する「国」の一つと説明されています。
また観光に関しては、北アイルランドはアイルランド政府観光庁の傘下に入っており、イギリスの管轄ではなく、アイルランド島内の管轄となっています。

ご存知のように北アイルランドは、アイルランド系住民とイギリス系住民で構成されており(正確にはスコットランド系住民も!)、それぞれが異なるアイデンティティーを持っています。
杓子定規にどこの国?とは言い難く、長い歴史的背景を理解する必要があるのですが、私がお客様にご案内する時は、「北アイルランドは行政・政治的には英国連合の一部ですが、文化・地理的にはアイルランドで、自治議会を持つ自治領です」といった表現をしています。
これが感覚としてピンとくるのはやはり難しく、メディアでの表現がどうしても「イギリス」になってしまうのもわからないでもないですが、やっぱり「アイルランド」でも「イギリス」で100%正解ではないので、「北アイルランド」なんですね。

いずれにしても、今年2012年はタイタニック号の100周年ということもあり、ベルファーストがメディアで紹介されることが多くなっています。
ベルファーストはどこにあるの? どこの国なの? という疑問がわいたら、「英国連合の一部で、アイルランド島の北東部にある‘北アイルランド’の首都」というのが誤解のない表現かな、と思います。
ご参考までに。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

ラグビー観戦後…休養の日

急に忙しくなって喉がびっくりしたのか、それとも昨日のラグビー観戦で叫び過ぎたのか…(笑)。
2~3日前から声がかすれかけていたのが、いよいよもって出なくなってしまいました。

今日は2週間ぶりにサーフィンに行きたかったのですが、明日からの仕事に備えて自宅で休養。
年に1~2回、こんなふうにのどがつぶれてしまうのですが、これも職業病でしょうか。来週は忙しいので、ガイディング以外では出来るだけしゃべらないようにして、早く治さなくては…!

heineckencuprugby20122
昨日お客様をお見送りした際、ダブリン空港にて。昨日はラグビーのハイネッケンカップの決勝戦だったのですが、アイルランドの2チーム(レンスターとアルスター)が出場、レンスターが2連覇を果たしました!→関連記事

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

シーピンク(アルメリア)の季節

久しぶりに北アイルランドのご案内。ジャイアンツ・コーズウェイ(Giant's Causeway, Norther Ireland)の海岸べりに、シーピンク(Sea Pink=和名:ハマカンザシ)がいっぱいに咲いていました。

seapinkcauseway05122
アイルランド各地の浜辺、バレン(Burren, Co. Clare)で5~7月にたくさん見られます

このところ5月にしては気温の低い日が続いていて、なんだか季節感がすっかりなくなっていましたが…。
今年もシーピンクが咲く季節になっていたんですね。

この花は子供の頃から私が好きだった花のひとつで、日本にいた時は「アルメリア(Armeria)」の名で庭の花として親しんでいました。
英語名の「シーピンク」も可愛らしくて好きですが、「アルメリア」(ラテン語の学名)の呼び名もエキゾチックな響きが素敵。
最近知ったことですが、「アルメリア」の名は北フランスのケルト語(ブレトン語)の「ar mor(海辺の意味)」に因むそうです。
ケルトの足跡の残る、北の国の浜辺によく似合う花ですね。


テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

マーフィーズの「抹茶」アイスクリーム

murphysmacha
抹茶&シーソルトの組み合わせ。どんな新しいフレーバーが出来ても、やっぱりシーソルトはかかせません♪

過去にこのブログで何度もご紹介している、お気に入りのマーフィーズ・アイスクリーム(Murphy's Ice Cream)に、ついに「抹茶」アイスが登場しました!

murphysmacha1
ダブリン店(Wicklow Street, Dublin2)にて。「Japanese Matcha」と書かれています

マーフィーズでは過去にも「抹茶」アイスに挑戦したことがあったようですが、商品化するには至らなかったようです。(抹茶アイスのレシピが書かれたマーフィーズの過去ブログ
ブログの記事の日付を見ると2008年。当時から比べるとアイルランドでも日本食やグリーン・ティーの認識度が高くなっていますので、今なら「抹茶」アイスリームも定番フレーバーとして定着するかも。(抹茶アイス好きの私としては、ぜひぜひ定着して欲しい~!)
日本のものに比べると緑の色が薄めですが、抹茶独特の苦みはちゃんと残っており、おいしかったです。

実はマーフィーズ・アイスクリームは、昨年日本に進出する予定でした。ところが3月の震災・津波の影響で、日本でのビジネス・パートナーの状況が変わってしまい、残念ながら話が立ち切れになってしまい今に至ります。
オーナーのキーラン&ショーンは、今も日本進出の夢は捨て切れず、ビジネス・パートナーとなってくる会社・フードビジネス関係者の方を募集中とのこと。
良い話をお持ちの方、またはご興味のある方がいらっしゃいましたら、キーラン&ショーンにぜひ連絡してあげてください。

Murphy's Ice Cream Homepage

※関連過去ブログ:アイルランドでいちばんおいしいアイスクリーム!マーフィーズ・アイスクリーム、ダブリンにもオープン!ダブリンはアイスクリーム日和!

※追記(6月6日):この抹茶アイスクリームは近くのレストランにオーダーを受けて、特注したものが余ったので店に出したそう。今後もこういうことはあるかもしれませんが、レギュラーのフレーバーではないそうです、残円ながら(涙)。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

ビーチ・ライフガードになりました

saferescueday4
修了証書を手にしてにっこり

昨年の夏、ライフガードの資格を得るためのコースを受講したことはお話ししたかと思います。
プールや海でのトレーニングを週に一度、約3か月間にわたって行った後、海で実技の試験があり、おかげ様で他の受講者12名と共に無事に合格!(実技の試験はきつくて、ほとんど溺れそうになりながらもなんとかパスしました…笑)
さらに安全や救命全般に関する数十ページにわたるQ&Aを提出し、正式に「ビーチ・サーフ・ライフガード」として登録されました。この資格は2か年有効で、サーフ・インストラクターになるために必需の資格でもあります。

その修了証書が本日、手渡されるとのことで、出かけてきました。
今日はダブリン南郊外のキライニ―・ビーチ(Killiney, Co. Dublin)で「サーフ・レスキュー・デー」というイベントがあり、その会場にて証書をいただいたのですが、ささやかな卒業式を行っていただいようで嬉しかったです。

saferescueday2
サーフ・レスキューのさまざまなデモンストレーションが行われました

saferescueday3
野生のイルカも飛び入り参加。3匹のイルカがかわるがわる飛び跳ねては、集まった人々を楽しませてくれました

急な招集で、来ることが出来たのは13名中たったの3名でしたが、昨年夏のトレーニング中のさまざまな可笑しなエピソードを思い出したりして盛り上がりました。
サーフ仲間でもある私たちは、夏に行っているサーフ・トゥー・ヒール(自閉症の子供たちのためのサーフ・キャンプ)のボランティア・メンバーでもあり、ビーチ・ライフガードのテクニックはそこでも役立てることが出来ます。
大変だったけれど、無事に終了し、こうして資格も得ることが出来て本当に良かったです。

ライフガードになったとは言え、実技試験からかなり時間が経っているので、時々トレーニングをしないことには救命方法を忘れてしまいそう。
気候も良くなってきたので、週に一度、また皆で集まって海で自主トレをしようか…などと話し合っているところです!

saferescueday
サーフ・トゥー・ヒールのロゴ入りのお揃いのジャンパーで記念写真

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

キルメイナムの人気パブ、ペイトリアッツ・イン

patriotgypsyband
おいしいギネスを堪能。飲み終わったあと泡がリング状にグラスの壁面に残るのが、良いギネスの証拠&正しいギネスの飲み方なのです!

近所に住む友達と、家の近くのパブへ。ジプシー・ジャズ&スイングの演奏を聴きながら、楽しくリラックスした金曜日の夜を過ごしました。

patriotsinn
その名も「愛国者」と名付けられたパブ、ペイトリアッツ(Patriots)。アイルランドの独立の立役者たちが投獄/処刑されたキルメイナム刑務所や、現在はモダン・アート美術館となっているロイヤル・ホスピタルのすぐそばにあるパブです(写真はHPより)

The Patriots Inn
760 South Circular Road, Kilmainham, Dublin 8.
Tel: +353-(0)1-679 9595

実はこのパブ、いつも前を通ってはいたものの、飲んだくれのおじさんがたむろうようなうらぶれたパブだとばかり思いこんでいて、最近まで入ったことがなかったのですが…。
なんと、毎週金曜日にはまさざまなジャンルのバンドの演奏があり、第一月曜日には「キルメイナム・アート・クラブ」なる地元アーティスト出演の催し(コメディ、ドラマ、ダンス、音楽…などなど)があり、その他の曜日にはカラオケ・ナイトがあり…とこの辺りの地元民の社交の中心となる、人気パブだったんですね。

patriotgypsyband1
昨晩はLocoswingというジプシー・ジャズ&スィング・バンドが登場。新しいCDのお披露目セッションでもあり、大変なにぎわいでした

patriotgypsyband3
素晴らしい歌声のボーカルのリナは、パブから徒歩5分のところに住む地元の女性。お母さんが見に来ていて、なんだか微笑ましい感じ

友達の友達が続々と集まってきて、3人で出かけたはずが、いつの間にか10人近いグループに。
このパブでは食事のサービスもあり、2階はイタリアン・レストラン。ギネスもおいしいし、雰囲気もいいし、今後行きつけのパブのひとつになりそうです。

patriotgypsyband2
スィング、スィング…で夜がふけて行きました♪

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

ポルトガルの「パスティス・デ・ナタ」、AVOCAに登場

先日、AVOCAの本店(Avoca Kilmacanogue Store, Bray, Co. Wicklow)へお客様をお連れして立ち寄ったところ、なんと、私の好きなポルトガルのペイストリーを発見。

PastéisdeNataavoca
「ポルトガル風カスタード・タルト」と書かれて売られていた、パスティス・デ・ナタ(Pastéis de Nata)。見つけたときは一瞬、デジャブ…かと思いました

lisbonbleal04127
これが本国ポルトガルのもの。先日のバレアルでのホリデー中にいくつ食べたことか…

AVOCAのものは一個、1.95ユーロ。ポルトガルでは1ユーロもしないくらいの庶民のお菓子なので、それに比べると高級ですが…。
粉もバターも玉子もおいしいアイルランドですから、お味のほどはもちろん、本国に負けず劣らずおいしかったです。

あ~、これでポルトガルまで行かなくとも「私のペイストリー(…とポルトガルでずっとそう呼んでいた)」を味わうことが出来ます。
AVOCA、万歳♪

※パスティス・デ・ナタについて、さらなるウンチクを知りたい方はこちら

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

思い出のエニスクローンでサーフィン

junebhwsurf121
ビーチの脇に車をとめて、いざ海へ!

週末にかけて数日間、仲間とエニスクローン(Enniscrone, Co. Sligo)へサーフィンに行っていました。
波予報はあまり良くなかったのですが、奇跡が起こり(スーパームーンのパワーかも!…笑)、風がやみ、波は大きすぎず小さすぎず、思いがけず楽しいサーフ・セッションに大満足。
朝に2時間、夕方に2時間…と3日間、とにかくサーフィン三昧。すっかり日が長くなったアイルランドの西海岸で、夕日を眺めながら夜9時過ぎまでサーフィンしていました。

junebhwsurf124
真っ青な空をバックに。これから海に入るところ。サーフ仲間のスティーブン(Stephen)とカレン(Karin)と一緒に

junebhwsurf123
ある日のサーフィン後の夕方のビーチ。まるで水彩画のよう…

エニスクローンでのサーフィンには思い出があります。3年前ここのビーチで、ボードの上に立つことが出来なくて泣きました(笑)。
それは生涯で2度目のサーフィン体験で、今思えばそんなにすぐに立てなくとも当たり前…なのですが。周囲の初心者が次々にボードの上に立っているのを見て、きっと悔しかったのでしょう(笑)。
それから再びやる気になり、本格的にサーフィンを始めるまでに一年。そして毎週のように海へ行くようになってからは1年8か月が経ちますが、今や自由に沖に出て、波をキャッチ出来たり出来なかったりしながらも、調子が良ければボトムターンが出来るまでに上達しました。
この週末、夕暮れ時に仲間と波を待ちながら、あ~あの時と同じビーチにいるんだな~なんてことを思い、我ながら感慨深い気持ちでいっぱいになったのでした。

アイルランドでは今、サーフィン人口が増えています。私が所属するサーフ・クラブにも、以前に比べ新しいメンバーが次々に入会してきます。
そのほとんどがサーフィンを始めたばかりの初心者。この週末、サーフィンを始めて半年のオーラ(Orla)が、いつまでたっても立てるようにならない…と泣きました。サーフィンに限らず、スポーツや言語の上達には段階があり、それは私も含めて皆が通って来た道。
オーラに私も泣いた話をして、もう少しサイズの大きなボードを使ってみるようにアドバイスしたところ、その翌日、満面の笑顔でビーチから戻ってきました。結果はいう間でもありません。

こんなふうに、お互いの経験を話し合ったりしながら、仲間とサーフィン出来るのは本当に幸せなことです。
私も始めたばかりの頃は多くの人にヘルプしてもらいましたし、今も水の中で自分より上手なサーファーを見ては日々学んでいます。
週末のサーフ旅行は、サーフィンだけでなく、そんな仲間たちと交流するのも楽しみのひとつ。ホリデーハウスをレンタルして、一緒に食事を作り、パブへ出かけ、明け方までハウス・パーティーをして…。(それでも翌朝、ちゃんと海へは入ります!)
サーフィンもパーティーもすべてが楽しく、とても充実した週末でした。一緒過ごしてくれた仲間たち感謝♪

junebhwsurf126
サーフィンの後のお楽しみ、パーティー・タイム!

junebhwsurf122
朝起きると、男の子たちが朝食の準備をしてくれていました。あ~、感謝!


テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

ヒツジのファミリーに出くわす

ご家族旅行でダブリンにいらしたお客様を、ウィックロウ(Co. Wicklow)へご案内。
春に生まれた子羊たちが緑の大地を駆ける姿がなんとも可愛らしく、あちらこちらで足を止めて見入ってしまいました。

sheepfamilywicklow1
ヒツジのファミリー♪ グレンダーロック(Glendalough, Co. Wicklow)近くにて

メーメーとなくヒツジに呼応して、お客様も思わず「メーメー」。そうしたら、ヒツジもまた「メーメー」言うので、皆で大爆笑。
ご家族のお父さんが「メーメー」と言ったら、お父さんヒツジが低く太い声で「メーーーー」と答えたので、また笑いが止まりませんでした。

とっても楽しい仲良しファミリー(お客様もヒツジも…!)と数日間ご一緒したら、私もちょっぴりホームシックになりました。
皆さん、楽しいGWを!

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

秘密にしたい!…ダブリンのおしゃれショップ その2

先日ダブリンで新たに発見したおしゃれショップ、クリング(Kling)をご紹介しましたが、もう一軒、私が気に入って行きつけにしているショップがあります。

carouseldublin1
おしゃれなショップやカフェの多いエリア、エクスチェッカー・ストリートにあります

Carousel(キャラセル)
20 Exchequer St, Dublin 2.
Phone: 00353 1 6778713

こちらも基本オリジナル・ブランドで、ちょっぴりヴィンテージ風。カジュアルやナイトアウトに着られるドレスが豊富にそろっていて、価格も30~50ユーロ台とリーゾナブル。
シティーセンターの私がうろうろする界隈にあるので、ちょっと時間つぶしに…と立ち寄っては買ってしまう、危険なショップでもあります(笑)。

ここで買ったドレスで重宝しているのがこちらの2枚。

carouseldublin2
冬はレギンス&ブーツを合わせたりして、年間通して夜のお出かけに来ています。昨年の夏に「3点買うと1点フリー」のバーゲンで3着買ったうちの1枚。先日ショップをのぞいたら、同じドレスがまだ売られていました(笑)

carouseldublin3
数か月間にふらりと立ち寄って衝動買いしてしまったドレス。確か35ユーロ位でした。あずき色がかった茶色のコットン・ドレス、着心地が良くて動きやすいのでジャケットやコートをはおって仕事にもよく着ています。ピンクのストールも重宝

友人のロレイン(Lorraine)もこのショップの大ファンで、2人で一緒にショッピングすることもしばしば。
彼女がよく着ている、過去にここで買った黒字にオウム柄の個性的な柄のドレスがあるのですが、女の子たちの間では「ロレインのパロット・ドレス」として大人気。写真をお見せ出来ないのが残念です…笑。

10年程前のダブリンと比べると…。あ~、本当におしゃれな街になったものです。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

ヘンデルの「メサイア」初演の地ダブリン

今年2012年は、アイルランドではタイタニック号出航100周年(ベルファーストにて造船、コーヴに寄港)、フェニックス・パーク(Phoenix Park, Dublin8)創設350周年など、きりのいい記念の年に当たることが多いようです。
ヘンデルの「メサイア」初演270周年でもあり、今日は以前より詳しくお話ししようと思いつつ延び延びになっていた、ダブリンでの「メサイア」初演のエピソードについてご紹介したいと思います。

先日、東日本大震災の1周年に、日本からの合唱団による「メサイア」チャリティー・コンサートがダブリンで行われたことはこのブログでもご紹介させていただきました。
ハレルヤ・コーラスで有名な「メサイア」は、1742年4月13日にダブリンにて慈善公演として初演されました。
日本の合唱団の皆さんのコンサートは、同じくチャリティーであるということ、270周年であるということなど、さまざまな意味があって行われたものです。

stpat03121
指揮者の辻秀幸先生&東洋英和女学院合唱団の皆さん。聖パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)にて(2012年3月撮影)この聖パトリック大聖堂の聖歌隊は今も有名ですが、「メサイア」初演の際にも出演しています

「メサイア」を作曲したジョージ・フリデレック・ヘンデル(George Frideric Handel, 1685-1759)はドイツ生まれですが、英国に帰化しておりロンドンに住んでいました。(英語では「ハンドル」と呼びますが、ドイツ語読みの「ヘンデル」が日本では一般的なのでそれにならいます)
1741年の夏、たった24日間で「神からのインスピレーションにより書き上げた」と言われる「メサイア」。全259ページの直筆スコアには、汚れやペンが引っ掛かった跡など急いで書き上げた形跡が残っています。

その年の11月、友人のバイオリニストがダブリンにいたりした関係で、デボンシャー侯爵なる人物の招きでダブリンにやってきたヘンデル。当時ダブリンのフィッシャンブル・ストリート(Fishamble St, Dublin8)にあった音楽堂にて冬の3か月間計6回のシーズン・コンサートをアレンジし、大成功を収めます。
そのコンサートでは「メサイア」は披露されなかったのですが、次のシリーズ・コンサートの前にチャリティー公演を行おうではないかとの話が持ち上がり、その演目に選ばれたのが「メサイア」。
1742年4月13日、同音楽堂にて「メサイア」が慈善公演として初演される運びとなりました。

handelfishamblest3
この音楽堂の建物は残念ながら現存せず。跡地にはヘンデルの名をとったホテル(George Frederic Handel Hotel)があります(厳密には音楽堂があった位置とちょっぴりずれています)

handelfishamblest
ホテルの柱に刻まれた記念のレリーフ。「GEORGE FREDERIC HANDEL The first performance of the Messaiah took place in the Musick Hall, Fishamble Street on April 13th 1742.(ジョージ・フリデレック・ヘンデル メサイア初演公演がフィッシャンブル・ストリートの音楽堂にて1742年4月13日に行われた)」と記載されています

ヘンデルは聖パトリック大聖堂とクライスト・チャーチ大聖堂の聖歌隊の出演許可を取り付け、男性16名、ボーイソプラノの少年16名が世界初のハレルヤ・コーラスを歌うことに。当時の聖パトリック大聖堂の司祭長は「ガリバー旅行記」の作者として知られるジョナサン・スウィフト(Jonathan Swift)でしたから、彼の許可の元、聖パトリック大聖堂の聖歌隊が出演したことになりますね。
女性パートは、当時ダブリンで定評のあったソプラノ歌手1名、女優1名が歌いました。

公演当日は700人の聴衆を集め、過去最大の観客数を記録。混乱を恐れた主催者側から、「男性は剣を携帯しないように、女性はフープ(当時の女性が身に着けたドレスの内側につける張り骨)を着用しないように」との通達が出たことは、今もってダブリンで伝えられる有名なエピソードです。

ちなみにコンサートの収益は400ポンドにのぼり、3等分して3種類の慈善活動(囚人の解放、病院への寄付、診療所への寄付)に使用されました。これにより142人の囚人が解放されたそうです。

ヘンデルはさらに4カ月ダブリンに滞在し、第2回目の「メサイア」コンサートを同年6月3日に行っています。これはチャリティーではなく、ヘンデル個人の収益のためのものでしたが、やはり好評を収め、当時「メサイア」がいかに人気をはくしたかがうかがわれます。
その後ロンドンへ戻り、ロンドンでの「メサイア」初演公演は、翌1743年3月23日にコベントガーデン劇場で行われています。

上記のようないきさつでダブリンが世界初の「メサイア」初演の地となったわけですが、それを記念して、毎年初演の日4月13日にはフィッシャンブル・ストリートの旧音楽堂(現ヘンデルホテル)前にて「メサイア」の野外コンサートが行われています。
過去に何度か見に行きましたが、臨場感たっぷりのとても楽しいイベントですので、この日にダブリンにいらっしゃる機会があればぜひ参加してみてください。
(過去ブログ参照:今年も盛況…『ハレルヤ』野外コンサート!

handelfishamblest2
フィッシャンブル・ストリートの音楽堂跡地隣りにある、アパートの中庭にある指揮者のモニュメント

handelfishamblest4
同じくフィッシャンブル・ストリートにあるカフェは、その名も「コーラス・カフェ(Chorus Cafe)」

ダブリンにはもうひとつ、ヘンデルゆかりのものがあり、なんとヘンデルがひいた(と言われる…!)オルガンが現存しています。
聖ミッカン教会(St. Michan's Church, Church Street, Dublin7)という1000年近い歴史のある古い教会内にあるのですが、いつか行かねばと思いつつ、私も一度も見たことがありませんので、近いうちに行ってみようと思っています。


テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記