ナオコガイドのアイルランド日記

観光ガイドによるアイルランド生活・旅情報

サーフィン in ポルトガル!(バレアル)…2

lisbonbleal04128
名インストラクターのAlex&サーフ仲間と一緒に

ポルトガルでのサーフ・ホリデーから、昨日戻ってきました。
サーフィン&日光浴、仲間とゲラゲラ笑ってばかりの一週間を過ごし、元気いっぱいです♪

Balealに何度も来たことのある友人から紹介してもらった名インストラクターの指導のおかげで、5日間のレッスンでとっても上達した気分。
自分でも驚くほど次々と波に乗れて、右へ左へとターンも出来て、トリミングやカットバックといったテクニックも教えてもらい、なんだか上級者として扱ってもらえたような気がして大満足です(笑)。

lisbonbleal04126
波の小さな日はビーチで日光浴しながら海を眺めて過ごしていました

今回のBaleal滞在中、ヨーロッパのいろいろな地域からやってきたサーファーたちと出会うチャンスがあり、交流するのも楽しかったです。ドイツやスイスに住むサーファーたちは、海が遠いので、年に1~2回のホリデーの時にしかサーフィンしないと聞いてびっくり。
私たちはアイルランドの中ではサーフ・スポットから遠い東海岸に住んでいますが、それでも車で2時間半も走れば波があります。いつも、あ~もっと波の近くに住んでいたら毎日サーフィンが出来るのに…なんて思っていましたが、彼らに比べたら贅沢な悩み。海までは片道5時間、波のコンディションも確実ではないので、地元ではサーフィンは全くしない、なんて話を聞いていると、日常的にサーフィンの出来る環境にある私たちは、とてもラッキーなのだと思い知らされました。

lisbonbleal04127
ポルトガルではカスタード系のデザートがとってもおいしい。これは私の大好きなポルトガルの代表的なペイストリー、パスティス・デ・ナタ(Pastéis de Nata)。サーフィンの合い間に毎日のように食べていました♪

lisbonbleal04125
この日は天候も波のコンディションも良くなかったので、Balealの村を散策。小さな漁港にて

lisbonbleal04129
Balealではナイトライフも充実。サーファー御用達のバーがいくつもあります

滞在中に友達になった他地域のサーファーたちと連絡先を交換し合い、次回のサーフ・ホリデーをすでに計画中。
その前に夏の繁忙期が待っていますが、その先に楽しみがあると思うと、仕事にもますます意欲が湧いてきますね♪

lisbonbleal0412
今回のホリデー・バディのエリザベス(Elizabeth)&ロレイン(Lorraine)と一緒に。3人で笑ってばかりの楽しい毎日でした。旅の初日に一泊したリスボンにて


テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

サーフィン in ポルトガル!(バレアル)

lisbonbleal04122
ホリデー中です♪

週末よりポルトガルに来ています。
リスボンより車で約1時間程、サーフ・スポットとして知られるバレアル(Baleal)という村で毎日サーフィンしています♪

lisbonbleal04124
Balealのメイン・ビーチにて。レベルの高いサーファーたちのパファーマンスを見るのも楽しみのひとつ

lisbonbleal04123
Balealの村で見かけた「サーファーが通る」のサインポスト(本当は一方通行の看板にペイントしただけ…笑)

12月のポルトガル南部でのサーフィン修行の甲斐あって、確実に波をキャッチできるようになってきた今日この頃。
今回はボトム・ターンが出来るようになるのが目的。明日は大きな波が来るとの予報、楽しみです♪

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

天使のネックレスが教えてくれたこと

今私の周りで、3人の親しいお友達が病気と闘っています。

昨年の夏から立て続けに、同世代の彼女たちの病気の知らせを聞きました。そのたびにショックを受け、どうして私の大切な友達がそんな目に合わなくてはならないの?と苛立ったり、心配するだけで何の力にもなれない自分がイヤになったり。
3人とも心のきれいな優しい友達。そんな彼女たちを病魔が襲うとは、考えれば考えるほどやるせない気持ちです。

今日はそのうちの一人の友達のお見舞いに行きました。治療の合い間に自宅療養中の彼女。こちらがびっくりするほど元気で、私が見舞うはずが、彼女自らおいしいランチを用意して待っていてくれました。
元気な彼女を見てそれだけで嬉しかったのですが、もう何カ月も会っていなかったので、お互いの近況報告やたわいないおしゃべりがそれはそれは楽しくて…。
彼女のご主人と3人で、笑い転げてばかりいました。

その彼女が、私のために作ってプレゼントしてくれたネックレスがこちら。

angelbdaypressie
ウェスタン風の紐にエンジェルのヘッド。電話につけるホルダーも。麻の手作りカバーに入れてプレゼントしてくれました♪

そういえばもう何年も前ですが、彼女とエンジェルの話ばかりしていた頃がありました。
実は昨日は私の誕生日で、それをちゃんと覚えていてくれて、私がウェスタンやターコイズ好きなことも覚えていてくれて。あ~、嬉しい。

病気になって人一倍辛いことが多いはずなのに、いつも通り明るくて、何かスカーンと抜けきったようにさわやかな表情の彼女。まるで彼女自身が天使の化身かのように、穏やかなオーラがただよっていました。
それに比べて…。身体は健康そのものなのに、細かいことをうじゃうじゃと悩んでは、あーだ、こーだとごちゃごちゃやっている私って何?

彼女と数時間過ごして、「病気=辛い、かわいそう」と思うのは、私の無知・経験不足からくる全くの偏見であることに気付かされました。
病気になるもならないも紙一重のことで、それぞれの人生に与えられた事柄が違うというだけのこと。闘病生活に耐えている彼女たちはそれをちゃんと知っていて、私以上に心と体のバランスが取れているように見えました。

そんな友達を誇らしく思うと同時に、私にも「気づき」をくれたことに感謝しています。
そして、彼女たちが一日も早く通常の生活に戻れるよう願いながら、私は私の毎日を大切に過ごしていこうと思ったのでした。



テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

イースターのサーフ・トリップを終えて

easterkerrysurf2
ある日のインチ・ビーチ(Inch, Co, Kerry)にて。虹のふもとに大集合

ケリー(Co. Kerry)でのサーフ・トリップを終え、ダブリンに戻ってきました。
全体的に波が小さく、風の強い日も多かったのですが、日によっては素晴らしいコンディションに恵まれ、仲間と一緒に楽しくサーフィンしてきました。

easterkerrysurf5
サーフィン前のウォーミングアップ!(Castlegregory近くのFermoyleにて)

easterkerrysurf3
波を探してロード・トリップ。羊の群れに出会うこともしばしば

easterkerrysurf4
ある日のインチ・ビーチ(Inch, Co. Kerry)。青空と小さいけれどクリーンな波に恵まれ、この日はトータル4時間も水に入っていました!

easterkerrysurf
同じインチ・ビーチですが、風の強い日。それでも元気に海へかけていくサーファーたち

このイースター期間のケリーへのサーフ・トリップは、私が所属しているサーフ・クラブの年中行事のひとつ。新旧のクラブ・メンバーたちが一同に集い、ビーチやパブに知った顔がいっぱいになります。
多くの仲間と一緒にサーフィンすることになるので、仲間の上達ぶりを見て驚くこともしばしば。昨年のこの旅行で初めてサーフ・ボードをさわった…という仲間の一人が、今や次々に波をキャッチ出来るようになっているのを見て、なんだか目頭が熱くなってしまったのでした。

楽しい1週間を終えて、そろそろ仕事…です!


テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

イースター休暇の始まり…です!

今週末はイースターのお休みで、仕事をしている人の多くが金曜日~月曜日まで4連休となります。
イースターは「春分の直後の満月の次の日曜日」をイースター・サンデーと定めており、そのため月の満ち欠けにより毎年日が変わります。

この週末、私はまたもやサーフィン。昨年に引き続き、サーフ仲間たちとディングル半島(Dingle Peninsula, Co. Kerry)のキャッスルグレゴリー(Castlegregory, Co. Kerry)にて、これから1週間過ごします。
ホリデーハウス8軒(!)が予約済み。この数日間、部屋割りやら、サーフボードの受け渡しやら、BBQの段取りやら、誰が誰と車をシェアしていくか…など大騒ぎ。

やっと準備が整い、2本のサーフボード、ギア、1週間分の荷物や食料などなど、車に積み終わったところです。

fiatboots
小さなFiat Puntoのブーツがはち切れんばかり…!

あとは私の車で一緒に行く仲間のバリー(Barry)の仕事が終わるのを待つばかり。
素晴らしい青空と共に、楽しい1週間の始まりです。ハッピー・イースター♪


テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

秘密にしたい!…ダブリンのおしゃれショップ

klingdublin1
ショップ内のディスプレイも素敵

先日友人のバースデーパーティーで、ハナちゃん(Hannah)という若い女の子とお友達になりました。
年の頃は27~8才。明るい色の個性的なドレスを着て、ひときわ目立っていたきれいな女の子。
その彼女に「そのドレス、どこで買ったの?」と聞きたいな~と思っていたら、彼女の方から「あなたのドレス、素敵。その指輪も素敵。あなたの身につけてるもの全部欲しい~。どこで買ったのか教えて!」と声をかけてくれて、天にも昇るような気分になったのでした(笑)。

その後しばし、ハナちゃんとおしゃれ談義。大の「ボタン・フェチ」だと言うハナちゃん、その日私がしていたこの指輪(→過去ブログ参照:お気に入りのジュエリー「ボタン・スタジオ」)に素早く反応したのは言う間でもありません。

ボタン・ジュエリーのことを教えてあげたところ、「お礼に、私の秘密の小さなお店も教えてあげる!」とハナちゃんが紹介してくれたのがこのショップ。
昨日、町へ行ったついでにのぞいてみたところ、おしゃれなハナちゃんの行きつけだけあって、もう全部欲しい~というくらい素敵なドレスばかり&私の好みのものばかり。しかも値段が驚くほどリーゾナブルなのです!

klingdublin2
イタリアン・クオーターと呼ばれるエリアの路地に面するショップ。ここに素敵なお店があることは知っていましたが、てっきり私には手の出ない値段のものと思い入ったことがありませんでした

KLING DUBLIN (クリング・ダブリン)
1 Blooms Lane, Dublin 1.

セレクト・ショップかと思いきや、なんとマドリッド発のオリジナル・ブランド。Webを見る限り、スペイン国内に6店舗、フランスで1店舗展開しているようです。
大陸以外ではロンドンではなくダブリンに進出しているところが、つかんでますね~。ダブリンが「おしゃれキャピタル」に選ばれたようで嬉しい限りです。

ヴィンテージ風なデザインが個性的で、今どき。これで値段が高かったらどうってことないのですが、どのドレスも30~60ユーロという手の届く価格なのがスゴイ。
靴やバッグも素敵なものがありました。

…で、見ているだけではやはり気が済まなかった私は、早速何着か試着。
迷った挙句、このサマードレスを買いました♪

klingdublin3
オレンジがかった赤。写真はドレスの後ろなのですが、背中のこのリボンがポイントなのです!

このドレス、なんとたったの35ユーロ。夏のお出かけに気兼ねなく着られそう。
昨日からいろいろな用事で女の子友達が数人うちに立ち寄ったのですが、すでに3人にドレスを見せて、このお店の話をしておおはしゃぎ。
ハナちゃんの「秘密のショップ」は、今や私の「秘密のショップ」となって、多くの人に知られるところとなったのでした(笑)。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

アイルランドではそろそろ葉桜…

東京では桜が例年より数日遅れで開花したそうですね。
桜はアイルランドの方が早く、こちらではすでに葉桜になりかけています。

sakurarialto0412
うちの近所の並木道に咲く桜。昨日までの夏日和から一転して今日から気温が下がってきたので、もうちょっと花が持ちそうです

昨日、一週間ほどアイルランドを周遊したグループさんをダブリン空港でお見送りしたのですが、なんというラッキーなグループさん。
3月としては異例の夏のような天候と春の花々を連日楽しまれ、帰国に合わせたかのように桜が開花。絶妙なタイミングでした!

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

伝説のサーフ・インストラクター、ベンのいるラヒンチ

surflahinchwombat
数週間前のラヒンチ海岸。ボードを置いてひと休み…♪

このところ週末になると、毎週のようにラヒンチ(Lahinch, Co. Clare)へ通っています。
サーフ仲間のひとり、フィオナ(Fiona)が近頃やる気満々になっていて、片道3時間のドライブもなんのその。これで3週間連続、私とフィオナは週末をラヒンチで過ごしています。

先週と今週は、日曜日のみの日帰りトリップ。
私は今朝、グループさんのお見送りの仕事があったのですが、仕事が終わる時間に合わせてフィオナに空港で拾ってもらい、そのまま2人で西海岸を目指してレッツゴー。
一体何が私たちをこんなにも駆り立てるのか…、自分たちでも謎(笑)。ボードを車に積んで、西を目指して走らずにはいられない…そんな気分なのです。

以前はスライゴ(Sligo)、ドネゴール(Donegal)方面へ行くことが多かったのですが、最近ラヒンチへ行くことがめっきり多くなりました。(過去ブログ参照:サーファーの町、ラヒンチ
今日は波予報は小波。ちょっと迷ったのですが、何らかの練習にはなるでしょう、とポジティブに構えて行ってみたところ、本当に小さな波でしたが、まあまあ楽しめました。

フィオナも私も、他のサーフ仲間たちも、ラヒンチに来ると時々、スキルアップのためにレッスンを受けています。
ここラヒンチには、アイルランドの多くのサーファーたちに慕われている伝説のインストラクター、ベン(Ben)がいるのです。
ベンのレッスンはマジックそのもの。昨年の夏、初めて彼のレッスンを受けた時は、目からウロコ…といいましょうか、感激でした。なかなか波がキャッチできずにスランプに陥っていた私に、適切なアドバイスを次々に与えてくれ、霧が晴れたような気持ちになったものです。

bensurfclinic
レッスン中のベン(左)。フレンドリーで情熱いっぱいに教えてくれます

私たちが最近、ラヒンチに傾向しているのは、ベンの影響が大きいかもしれません。
レッスンを受けない時でも事前に問い合わせると波予報を気軽に教えてくれますし、私たち東海岸のサーファーたちにも常に気を配ってくれて、水の中で合うと一言アドバイスをくれたりします。
ラヒンチ行けば師匠であり友達であるベンがいる!…そんな気持ちで多くの人がここに集ってくるのではないかと思います。

真面目なフィオナは最近、自称「レッスン・ジャンキー」。ベンの教えを忠実に守り、レッスン、自主練、レッスン、自主練…を繰り返していますが、その結果、彼女のポップアップは確実に上達してきました。

アイルランドでサーフィンを始めるなら、もしくはサーフィン上達のためにレッスンを受けるなら、ベンのサーフ・スクールが一押しです!
レッスンは一回から週末のパッケージ、5日間のコースまでさまざま。詳細、問い合わせはこちらからどうぞ。→Bens Surf Clinic(上の写真はこのWebより)


テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記