ナオコガイドのアイルランド日記

観光ガイドによるアイルランド生活・旅情報

アイルランドでいちばん古いモンキーパズルの木

アイルランド島は北緯51~55度という高い緯度(樺太北部と同緯度)にありながら、南西部沿岸に暖流が流れているおかげで、緯度の割に温暖。
植物も高山植物に分類されるようなものが生息するかと思えば、南国原産の木や花も気候風土が合い、よく育ちます。

先日のガイド仲間との研修旅行の際、アイルランドでいちばん古いモンキーパズル(Monkey puzzle、学名:Araucaria araucana)の木を見に行きました。
モンキーパズルというのはチリ/アルゼンチン原産の常緑樹。高さ40メートルにまで育つ針葉樹で、樹齢が恐ろしく長いことから「生きた化石」とも言われる木です。

monkeypuzzleloughlynn
ふもとに小さくいる私を見ていただければ、どれほどの大きさなのかわかっていただけるかと思います!

アイルランドでは各所で見られるこの木、庭木としても一般的です。
上の写真では枝の全景が写せませんでしたが、通常、枝がタコの足みたいに長~く伸び、ユニークな姿に見える巨木。分かりやすい写真をWeb上から拾ってみました。

monkeypuzzlewebphoto
こんな姿をしています

monkeypuzzlewebphoto2
枝先(葉)は固くて、こんなふうにギザギザ

18世紀終わりにチリで発見されたというこの木、現在はチリの国の木に指定されています。
ブリテン島・アイルランド島に入ってきたのは、1850年以前。始めは「チリのマツ(Chile Pine)」(マツではないのですが、似ているので)などと呼ばれていたようですが、ある時、コーンウォールのペンカロウ庭園(Pencarrow garden, Cornwall)の若き所有者が、当時はまだ珍しかったこの木を見せようと友人たちを招いたそうです。集まった中の一人が感嘆して、「サル(monkey)でものぼるのに困惑する(puzzle)だろうな~(=It would puzzle a monkey to climb that)」とつぶやいたとか。
それで、モンキーパズル(Monkey puzzle)というユニークな呼び名で知られるようになりました

私たちが見に行ったアイルランド一古いと言われるモンキーパズルは、ロックリン・キャッスル・ホテル(Lough Rynn Castle Hotel), Mohill, Co. Lietrim)の敷地内にあります。

loughlynn
ロックリン・キャッスル・ホテル。2010年にアイルランド・ラグビーのナショナル・チームのキャプテン、ブライアン・オドリスコルと、女優エイミー・ハバーマンが結婚式を挙げた場所…として知られるキャッスル・ホテルです(過去ブログ参照:おめでとう!ブライアン&エイミー

この城の築城は1832年。木の樹齢ははっきりと記されてはいないのですが、アイルランド島に入ってきた初期の頃、1850年頃のものと想定して、ざっと150~160年…ではないかと思います。
古い木、大きな木を見たりさわったりすると、パワーがもらえるような気がしますね♪

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

チェリー・パイでピクニック

アイルランドは今日も夏日和。日中の気温は再び20度近くまで上がり、なんだか5月か6月かのような陽気です。

ガイド仲間のシィネード(Sinead)から「チェリー・パイを焼くから来て~」と嬉しいメールが。
彼女の家の裏庭で、「3月の夏」の午後をピクニックして過ごしました。

sineadpicnic
スペアリブと野菜スティックのピクニック・ランチに続き、お手製のチェリー・パイ登場!彼女の数あるレシピの中でも私がいちばん好きなのがコレです(→過去ブログ参照:シィネードのチェリー・パイ

昨年、庭のサクランボの木を切ってしまったので、これが自宅でとれた最後のチェリーだそう。
ランチ直後にもかかわらず、あまりにもおいしいので2人で2切れずつパクパクといただき、その後しばらく動けなくなり、草の上で昼寝してしまいました(笑)。

スイセンやチューリップも花盛り。この暑さでチューリップが一気に開いてしまったそう。

sineadpicnic3
日差しが強いのでこんなふうに影が写ってしまうのでした

さんさんと降り注ぐ日差しを浴びて、それだけでハッピー。これからシーズンが始まり仕事が忙しくなった時に、この日を思い出してハッピーになろうね~、と2人で話し合ったのでした。

sineadpicnic2
草の上に横になって見上げると、そこには真っ青な空。まるで地中海にいるかのよう~

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

日本限定、ユニクロのオーラ・カイリー

東京にいる姉から大きな封筒が届きました。
開けてみると、オーラ・カイリー(Orla Kiely)のTシャツ、ストールなどなど。
日本限定、ユニクロで販売しているもの。姉からのサプライズです♪

orlakfromjapan
クルマ柄のシックなTシャツはアンダーによさそう、右のノースリーブは長め丈の裾広がりでショートパンツに合いそう。ストールも2枚とも可愛い~

以前にストールは紹介しましたが、今度はトップも出たんですね。(→過去ブログ参照:ユニクロにオーラ・カイリー登場!
オンラインで購入可。他にも柄がたくさんあります。→ユニクロ・オンラインショップのページ

お姉ちゃん、どうもありがとう~。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

夏の陽気にサーフィン三昧♪

surfmarch20124
アイルランドでハワイ気分♪

ブログの更新をすっかり怠ってしまいました。
その間にセント・パトリックス・デー(3月17日)がありましたが、今年は数年ぶりに仕事がなかったので、パレードやお祭りとは無縁に西海岸でサーフィンしていました。

昨日より時計が一時間進み、いよいよサマータイムに。
夏時間になったとたん、天気もまるで夏そのもの。日中20度近くまで気温が上がり(!)、3月とは思えないような素晴らしい夏日和が続いています。
波のコンディションも抜群で、昨日今日と連日、日帰りで西海岸へサーフィンに行っていました。

surfmarch20122
昨日のラヒンチ海岸(Lahinch, Co. Clare)。サマータイム初日の日曜日にこのお天気とあって、ビーチはサーファーのみならず行楽客でいっぱい。まるで8月のバンクホリデーの週末かのようでした

surfmarch20123
そして今日はストランドヒル(Strandhill, Co. Sligo)へ。この波!!! ビーチに着いたとたん「うぉおお~、ハワイだ~」と歓声をあげてしまった(笑)

両日とも青空のもと、波をキャッチしまくり。ビーチをビキニで歩いてもおかしくないような気候で、今年初めて、手袋なし、フードなしでサーフィンしました。

今日のストランドヒルでは、私の中で何かがクリックして、これまででいちばん大きくてクリーンな波をきれいにドロップすることが出来ました。波の上に立った瞬間によぎる怖さを克服できず、いつもそこで落ちてしまっていたのですが、「怖い~」と思いながらも踏ん張ったら出来ました。やった~。
友人も見ていてくれて(←これ大事…笑)、2人で「うぉ~!!!」と水の中で大はしゃぎ。
今もそのまま、気分はハイな状態です♪

このヒートウェーヴのような「3月の夏」は、今週後半まで続くようです。

surfmarch2012
サーフィンを終えてダブリンへの帰り道。楽しくて笑いとまらず、2時間半の道のりもあっという間でした

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

お気に入りのジュエリー「ボタン・スタジオ」

最近とっても気に入っているメイド・イン・アイルランドのジュエリー。

buttonfactory
ボタンを使った指輪やブローチ、ペンダント・ヘッド。色使いもポップでとっても可愛い♪

このボタンのジュエリー、数年前にエニスキレン城(Enniskillen, Co. Fermanagh)のショップで偶然見つけて、なんてユニークで可愛いの~と感激。
その時に数少ない在庫をお客様と分け合って(笑)、私は赤・青・黄色…といった配色の指輪を買いました。とても気に入って愛用していたのですが、ある日、家に帰ってきたらリングだけになっていた…。(上のべっこう飴みたいな四角い部分が取れてしまったんですね…涙)

それ以降、同じものが欲しい~と思いながらずっと探せずにいたのですが、このところ人気に火がついたようで、各地で見かけるようになってきました。
数週間前にベルべデア・ハウス(Belvedere House and Gardens, Mullingar, Co. Westmeath)のショップで見つけて大喜びで指輪を一つ買ったところ、翌日、キャリク・オン・シャノンのドック(The Dock, Carrick-on-Shannon, Co. Leitrim. 劇場/展示会場)のクラフト・ショップでも発見。
地方の小さなお店でしか販売していないのかな、と思っていたら、なんとダブリンの国立考古学博物館(National Museum Kildare Street, Dublin 2)のショップにも新しく売り場が出来ていました。(上の写真はそこで撮ったもの)

値段も手頃なので次々買ってしまいそう。今私が持っているのは、黄色ボタン&ファブリックのコンビの指輪。
超お気に入りで毎日しています♪
この日のブログにちょっぴり写っています)

ダブリンの国立美術大学を卒業して数年目の、若い女性デザイナーさんの作品。
HPでいろいろなコレクションが見られるだけなく、オンライン販売もしているようです。→ Button Studio
次はペンダント・ヘッドが欲しいけれど、どれも可愛いいので悩みそう~。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

ベルファーストのフュージョン風レストラン「ジンジャー」

今日は友人に会いに、終日ベルファースト(Belfast, Northern Ireland)へ。

ベルファーストに来ると必ず立ち寄るお気に入りのセレクトショップ、ヨーク(Yoke Clothing)でショッピングした後、友人お勧めのレストラン、ジンジャー・ビストロ(Ginger Bistro, Belfast)でランチしました。

地元の素材をちょっぴりフュージョン風に仕上げた感じのディッシュ。オーナー・シェフいわく、モロッコ&東南アジアにインスピレーションを得ているそうです。
(ベルファーストのおいしいレストランは、このフュージョン風で成功しているところが多いです)

gingerbelfast
前菜でいただいたアスパラガスのテンプラ。下にしかれていたサラダは、にんじん&大根の薄切りをビネガーたっぷりのドレッシングであえたもの。おいしかった~

gingerbelfast2
メインはいつもならお肉に走るところですが、今日はなんとなくお魚にしてみました。スズキを「クリスピー(とメニューに書かれていた)」にお料理したもの。ロブスター・テール入りのキャッセロールと一緒に食べるのがおいしかったです

すでにここまでで感激でしたが、こんなにお料理がおいしいのだから、デザートもさぞかし…と思い、頼まずにはいられませんでした(笑)。

gingerbelfast3
やっぱりチョコレート・フォンダン!写真を真上から撮ったのであまりおいしそうに見えませんが…絶品でした♪

最近、ベルファーストにはおいしいレストランが多く、来るたびに楽しみです。

gingerbelfast4
オペラハウス、ヨーロッパ・ホテルなど、ベルファーストのランドマークのすぐ近くにあります

Ginger Bistro
Ginger Bistro
7-8 Hope Street, Belfast, BT12 5EE.
Tel: 028 9024 4421
※週末の夜などは要予約。



テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

震災1周年、ダブリンで「メサイア」コンサート、大成功!

toyoeiwachoirhonban1
荘厳な教会内にパイプオルガンの音と美しい歌声が響き渡りました

昨晩行われたセント・パトリック大聖堂での日本からの合唱団による「メサイア」コンサートですが、おかげ様で大盛況のうちに幕を閉じました。
お忙しい中コンサートを聞きに来てくださった皆さん、励ましのお言葉をくださった皆さんに心からお礼申し上げます。

無料コンサートということで、開場前から多くの方々が入口に長蛇の列を作ってお待ちくださり、300人を超えるお客様で教会内はほぼ満席。
客席にはダブリンの在住の日本人のお友達、私のガイド仲間やサーフィンの友人など知った顔もちらほら見られ、とても嬉しかったです。

toyoeiwachoirhonban2
ソプラノ歌手の中村エリさん。美しい歌声で熱唱

会場にて震災・津波エリアへの募金も募らせていただいたのですが、なんと総額2000ユーロ以上の寄付が集まりました。
この寄付金は、社団法人Harmony for Japanを通じて、東北の合唱文化の復興に特化して使われるそうです。

数日間ご一緒させていただいた指揮者の辻秀幸先生と合唱団の皆さんを今朝、ダブリン空港でお見送りし、なんだか寂しくなってしまいました。
皆さん、ダブリン滞在を満喫してくださり、当地のアイルランドの人々の協力のおかげでとても気持ちよくコンサートが出来た…と喜んでくださり、良かったです。
すばらしい歌声をダブリンで披露してくださり、東北地方の復興をダブリンの人々にアピールしてくださった皆さんに心より感謝いたします。ありがとうございました!

toyoeiwachoirhonban3
「メサイア」終了後、教会内でスタンディングオベーション。指揮者の辻先生いわく「教会でスタンディングオベーションを受けたのは初めて!」だそうです

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

震災から一年…ダブリンで「メサイア」チャリティーコンサート

東日本大震災から一年が経ちます。
一周年にダブリンでチャリティー・コンサートを行おう!…と、日本から来てくださっている合唱団の皆さんをご案内させていただいています。

演目はヘンデルの「メサイア」。ハレルヤ・コーラスで有名な「メサイア」は、1742年4月13日にダブリンで初演公演が行われました。(このことは後日、時間のある時に詳しくお話ししたいと思います)
今年2012年はメサイア初演270周年でもあり、その記念も兼ねて、初演の地ダブリンにて震災の日に無料コンサートが行われます。

コンサートの概要は下記。

日時:2012年3月11日(日)20:00開演
会場:セント・パトリック大聖堂(Saint Patrick’s Cathedral, Dublin)

演奏曲目:ヘンデル「メサイヤ」女声合唱版より-第2部 受難の部分を中心にハレルヤまで(キリスト教暦受難節の中である為、使用楽譜:音楽之友社「メサイヤ女声合唱曲集」冨岡正男編曲)

合唱 東洋英和女学院合唱団の皆さん
指揮 辻 秀幸 先生 →辻先生のブログ
セント・パトリック大聖堂専属のオルガニスト、当地で活躍するソリストも参加

toyoeiwachoir
昨日メディア発表が行われ、新聞各紙でも話題になっています!

今回のコンサートが行われるセント・パトリック大聖堂ですが、1742年の「メサイア」初演の際、ここの聖歌隊が出演しました。会場をここに選んだのも、そんなつながりから。

昨日、今日とリハーサルが行われ、立ち合わせていただいた私は、素晴らしい合唱にすでに圧倒されています。
リハーサルの合間にはダブリンや近郊の観光も楽しまれ、皆さん元気いっぱいです。

当日は会場にて震災犠牲者のための寄付も募ります。
ダブリン在住の方、ぜひお立ち寄りください!



テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

セント・パトリックス・デー近づく

今年もセント・パトリックス・デー(St. Patrick's Day)が近づいてきました!

ダブリンでのフェスティバルは3月16日(金)~19日(月)。セント・パトリックス・デー当日の17日には正午から恒例のパレードが予定されています。
詳しくはこちら。→St Patrick's Festival 2012

パレード終了後、17時からは、六か国対抗ラグビーのアイルランド対イングランド戦。
にぎやかな週末になりそうです。

パトリックス・デーにちなみ、ネイルもグリーンを基調にしたものにしてみました♪

stpatgreennail


テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

早朝の仕事を終えて

今シーズン最初のグループ・ツアーのお客様を、今朝早く空港へお見送りしてきました。

日本のお客様は礼儀正しいことでアイルランドでも評判がいいのですが、礼儀正しいだけでなく、皆さん本当に気持ちの良い方が多く恐縮することばかり。
口々に私やドライバーにお礼を言ってくださるだけでなく、「朝早くから来てくださってありがとう」と声をかけてくださる方も多く、「あ~そんな、私は仕事で皆さんはホリデーなのに、こちらこそこんなに朝早くから起きて準備してくださってありがとうございます~!!!」という気持ちでいっぱいです。

早朝の仕事を終えて、自宅でひと休み。
素晴らしくお天気のいい日曜日、ソファーでごろごろと日光浴してしまいました。
3月最初の日曜日。外は晴れ。これから友人たちに会いに街へ出かけてきます♪

seitenmarch12
まるで真夏のような空と雲の今日のダブリン!自宅のリビングの窓辺より

追記:このあと突然、ヒョウが降ってきて、青空はなくなってしまいました(笑)。



テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

アリグナ炭鉱見学

今回のガイド仲間との研修旅行は、そもそもアリグナ炭鉱(Arigna Mining, Co. Roscommon)へ行ってみたい!というところから始まりました。
1990年の閉鎖まで約200年に渡り開かれていた、この地域に6か所あった中で最大の炭鉱跡地です。

arignamining1
炭鉱跡地からの眺め。炭鉱によって支えられてきたアリグナの村、アレン湖(Lough Allen)を見晴らす山の上にあります

炭鉱閉鎖から13年後の2003年にビジターセンターがオープンし、現在、炭鉱跡地を見学することが可能です。

arignamining2
アリグナ・マイニング・エクスペリエンス(Arigna Mining Experience

炭鉱内の見学ツアーは、ここで働いていた元炭鉱夫がガイドしてくれます。

arignamining3
薄暗いトンネル中へ…。私たちのガイドは炭鉱閉鎖のその日まで16年間ここで働いていた元炭鉱夫のリアムさん

arignamining5
こんなヘルメットをかぶって見学します!

炭鉱の中はほとんど鍾乳洞状態。この湿った狭い中で、マスクもイヤーピースもなしで石炭堀りをしていたとは。
実際の炭鉱夫たちが這いつくばって入っていった穴のようなものも見ましたが、長さ5~6メートル、幅45センチほど。背中を地面につけて這っていったそうです。

CIMG7707.jpg
鍾乳石もあちらこちらにいっぱい

約400人(すべて男性だったそう)が働いていたというアリグナ炭鉱。日々、石炭堀りをして、休日はゲーリック・フットボールに明け暮れていたというリアムさん。
辛かったことより、仲間と働いた当時の楽しかった思い出をいろいろと語ってくれました。

ツアーの最後には、炭鉱夫体験…もちょっぴり出来ます。

arignamining4
これをぐいっと押すと…ダイナマイト爆発!(…音だけですが、すごい迫力です。笑)

キャリック・オン・シャノン(Carrick-on-Shannon, Co. Roscommon)より車で約20分。
見学ツアーはビジターセンター経由で日に何度か行われています。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

ガイド仲間との研修旅行…4年ぶりに再開!

ナショナル・ガイドの資格を取ってから、早いもので9年の月日が経とうとしています。
ツアーガイド養成コース終了後、始めの数年間は、年に一度、コースで一緒だった仲間と自主企画でアイルランド各地への研修旅行を行っていました。

2003年の北アイルランドに始まり、2004年はファーマナ・モナハン・キャヴァン、2005年はウォーターフォード、2006年は南ティペラリー2007年はスライゴ2008年はベラ半島…と毎年恒例で行っていたのですが…。
だんだんと皆の仕事や家庭の事情が変わってきて、予定が合わなくなり、ストップしてしまっていました。

その研修旅行を4年ぶりに再開しましょう!ということになり、2泊3日でリートリム(Leitrim)&ロスコモン(Rosscommon)を周ってきました!

team2003fam2012
多い時は20名程が参加していた「チーム2003年」の研修旅行。今回は5名のみの参加でしたが、こじんまりと楽しかったです。左から、ジョン、パトリシア、私、アンマリー、シィネード。全員、現役のツアーガイドです♪

アンマリーと私の車に分乗して、普段ツアーでは素通りしてしまいがちな場所を細かく見て回りました。
事前に分担してリサーチをし、持ち回りでガイド役を務めるという方式。9年たった今も情熱は失われるどころか、皆オタク度に磨きがかかってグレードアップしていました。(笑)

オフシーズンで、ガイド的インファメーションの頭がちょっぴりオフになっていた私。シーズン前の良い刺激となりました。
今回見て周った場所については、おいおいご紹介していきたいと思います。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記