ナオコガイドのアイルランド日記

観光ガイドによるアイルランド生活・旅情報

チョコレートになった「モハーの断崖」

アイルランドの国民的チョコレートとも言える、キャドバリー(Cadbury)のチョコレート・バー。
この「デイリーミルク」味のラッピングをよ~く見て下さい。

cadburrymoher

なんと、チョコレートで出来たモハーの断崖(Cliffs of Moher, Co. Clare)のデザイン!

cadburrymoher3
こちらがホンモノのモハーの断崖。実物はチョコレートではなく、砂岩で出来ていて残念…!

キャドベリー社が催した消費者によるパッケージ・デザインのコンテストで、約2000の応募作品の中から選ばれたこのデザイン。
モハーの断崖のあるカウンティー・クレア(Co. Clare)出身の、Paul Ruaneさんがデザインしたものだそうです。
7月から発売…とニュースで聞いていたとおり、昨日モハーの断崖に行ったら、ビジターセンターに山と売られていました!

cadburrymoher2
このデザインは限定60万個のみの製造。なくなったらおしまいだそうです…!

全国で発売…と聞いていたので、ダブリンにもあるはず。
今日ダブリンに帰って来て、自宅近所のショップをのぞいてみると、あったあった。通常のパッケージに混じって、さりげなく置いてありました。
大量に買いだめする私をいぶかしそうに見る店の人…。「ほら、これモハーの断崖、限定商品なんだよ!」と言っても、特に関心なさそうでした(笑)。

ちなみにモハーの断崖は、今、「新・世界の自然7不思議」にノミネートされていて、2011年の最終決定に向けて投票を呼びかけています。
28の候補の中、モハーの断崖は今のところ順位が低いようなので、皆さんもぜひ投票お願いいたします♪
(こちらのサイトから投票できます→New 7 Wonders of Nature



テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

屋根の葺き替え中…!

thaching0710
キンバラ(Kinvara, Co. Galway)近くにて

伝統的な茅葺き屋根作りの技術。
絶えてしまうことのないように、最近は政府が職人さんの養成を行っているそう。
若い職人さんが立派に働いている様子を見て、ほっとしました♪


テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

コーズウェイ海岸より

causewaycoast07106
「巨人のパイプオルガン」にて!

今日は一日、コーズウェイ・コースト(Causeway Coast, Co. Antrim, N. Ireland)のご案内。
晴れ時々小雨...といったアイリッシュ・ウェザーでしたが、しっとりとした景色がなんともきれいでした。

causewaycoast07105
霧にかすむ牧草地。ヒツジたちは霧雨もおかまいなしです…

causewaycoast07102
キャリク・ア・リードの吊り橋へ。夏の野の花がいっぱいです

causewaycoast0710
ヘアベル(Harebell)とレースフラワー

causewaycoast07103
ヒースも咲き始めました

causewaycoast07107
ジャイアンツ・コーズウェイに咲くデイジー

からりと晴れた日もいいですが、こんな日もまたアイルランドらしくていいなあと思うのでした。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

パーフェクト・パイントを注いでみよう!

観光庁が主催する旅行エージェントの皆さんの研修旅行のご案内をしています。
ダブリン市内観光でお馴染みのギネス・ストアハウス(Guinness Storehouse)で、ご自身でギネス・ビールを注ぐ体験をしていただきました。

pouringguiness
グラスを45度に傾けて、ノズルをぐっと…。皆さん、真剣!

pouringguiness2
最後に注ぎ足す時は、泡が盛り上がるまで注ぐのが肝心

ギネス・ストアハウスでは、ダブリンの景色を360度眺めながら7階のグラビティー・バーにて出来立てのギネス・ビールをいただく…というのがポピュラーですが、グラビティー・バーの代わりに、このようにご自身の「パーフェクト・パイント」を注ぐ体験をすることも可能。
記念に証明書も発行してもらえるので、時間に余裕があればこの方がお得かも?

pouringguiness3
注ぎたてのマイ・パイントを手に、記念撮影!

ダブリンに来たらやっぱりギネス♪
自分で注いだギネスを味わい、旅の始まりから皆さん一気に盛り上がった様子です。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

マーフィーズ・アイスクリーム、ダブリンにもオープン!

私が日頃から、アイルランドでいちばんおいしい!…と思っているアイスクリーム屋さん、カウンティー・ケリー(Co. Kerry)のマーフィーズ・アイスクリームが、ついにダブリンにもオープンしました!
(過去ブログ:アイルランドでいちばんおいしいアイスクリーム!

murphysdublin1
街へ出たついでに立ち寄ってみました。ショップの看板はサーフボードです!

オーナーのキーラン・マーフィー(Kieran Murphy)さんのブログをいつも読んでいるのですが、新しく出たシーソルト(Sea Slat=海の塩)味をぜひ試してみたいと思っていました。
お店の女の子のお勧めで、シーソルトとバーントカラメルのダブルに挑戦。

murphysdublin2
他にも、ギネス味、ベイリーズ味、ブラウンブレッド味…とアイリッシュなフレーバーがいっぱい。ケリー・クリーム(これが保護ウシであるケリー・カウのミルク!)もありました

このシーソルト味のアイスクリーム、さっぱりしていて本当においしい~。甘いカラメル味と一緒に食べると(ダブルの順番はカラメルが上、シーソルトが下)、これまた絶品です♪

ちょうどオーナーの一人であるショーン(キーランのご兄弟)と、ダブリン店の店長シェイが打ち合わせ中だったので、おしゃべりに混ぜてもらいました。

murphysdublin3
店内のテーブルもサーフボード。ホンモノを設置するまでの間、サーフボード型の木の板を仮のテーブルにしています。今や落書きだらけのこちらのテーブルに愛着がわいてしまって、ホンモノに変えるのが惜しくなってしまったそうです

これからはフレッシュなケリーのアイスクリームが、いつでもダブリンで楽しめます♪

マーフィーズ・アイスクリーム
Murphys Ice Cream
★ダブリン店はウィックロウ・ストリート(Wicklow Street, Dublin2)とテンプル・バー(Temple Bar, Dublin2←こちらはカウンターのみでカフェ・スペースはなし)。ディングル(Dingle, Co. Kerry)とキラー二ー(Killarney, Co. Kerry)のショップも変わらず営業しています!

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

ウォームホールへハイキング(イニシュモア島)

夏の間、ツアーのご案内や取材の仕事で、何度となく訪れるアラン諸島のイニシュモア島(Inismor, Aran Islands, Co. Galway)。
何度島へ渡ってもなかなか行くチャンスがなくていた「ウォームホール(Wormhole)」と呼ばれる場所へ、この春、アドベンチャー・ツアーにお客様をお連れして参加した際に初めて行くことが出来ました。

blowholearan8
自然が作った天然のプール!ウォームホール(虫穴)の名に似合わずかなりの大きさで、縦20メートル位あるでしょうか?!

ウォームホール(虫穴)の名は、アイルランド語の「Poll na bPeist」を英訳したもの。こういった水辺にはお決まりですが、ここにも島の人々を困らせるモンスターが住んでいた…という伝説があり、それにちなんで「Sea-Monster's Lair」とも呼ばれるそうです。

ここへ到達するには、しっかりしたウォーキング・シューズを履いて、岩の上の道なき道をしばし歩いていかなくてはなりません。

blowholearan1
石垣に沿って海沿いへ。遠くの崖の上には、2500年前の要塞ドゥーン・エンガス(Dun Anghasa)が望めます

blowholearan3
海沿いへ出ると、完全に岩だらけ。ドゥーン・エンガスを正面に見ながら岩の上を進んで行きます

blowholearan4
お天気のいい日でしたが波は激しく、水が岩にはねる音がいつまでも耳に残るほど!

blowholearan5
おっかなびっくりのぞきこんでいるのは・・・

blowholearan6
ブロウホール(Blowhole=岩の割れ目)!こういう小さな割れ目が数多くあり、波がしぶきをあげるごとに水が噴射してきます…!

blowholearan10
ようやくウォームホールにて到着。高さ26mの崖の上から眼下に眺めながらひと休み…

blowholearan7
岩の割れ目に咲くハマカンザシ(Sea Pink)の花がきれい(4月撮影)

blowholearan9
石灰岩が風化して、さまざまな文様を作り出します。人面岩…?

休憩をとりながら約1時間のウォークで、ドゥーン・エンガスの上り口中腹へ到着。続けてドゥーン・エンガスへも登り、高さ90メートルの絶景を満喫しました。

大西洋のダイナミックな景観を眺めながらの、迫力満点のロック・ウォーク♪
ウォームホールへの行き方は、イニシュモア島で唯一、島の南側に位置する村Gort na gCapall近くへ行き、そこから海岸を目指して歩きます。うまく説明できないので、さらに詳しくは土地の人に聞いてください。
特に立て看板など何もないので、現地の地理をよく知った人と一緒に行くことをお勧めいたします。

イニシュモア島でお時間のある方、ハイキングを楽しみたい方、ぜひお勧めです。
天候によっては危険が伴いますので、十分ご注意してください。
また、ついつい泳いでみたくなりますが…危険なので、崖の上から眺めるだけにしましょう。

※写真は2010年4月撮影。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

印象派の絵のごとく・・・(ホウスにて)

昨日まで2日間ほどダブリン近郊をご案内させていただいたお客様は、スイス在住の女性の方。
ホウス(Howth, Co. Dublin)でクリフ・ウォークにご案内したのですが、スイスには湖はたくさんあっても海がないので、アイルランドの海のある景色をとても喜んでくださいました。

howth july1
ホウス・サミットより。ダブリン港へ向かうフェリーがちょうど横切っていきました

howth july8
なんと、帆を張ったこんな船がやってきました!シティーセンターでやっているフレンチ・フェスティバルに関係したものだったようです

howth july7
ヒースの花もそろそろ咲き始めていました。ヒースは種類がいくつかあって、濃いピンク色のものが先に咲きます

howth july2
ヤナギランもきれい

降ったりやんだりの典型的なアイリッシュ・ウェザーや、スイスとは違った、アイルランド独特の空や雲の動きを楽しんでくださったお客様。
確かに昨日の海や空は、まるで印象派の絵のようでした。

後で知ったのですが、なんと私たちがホウスを離れた直後に、ザトウクジラ(humpback whale)が観測されたそう!
アイルランドの沿岸部では、夏の間イルカやクジラが頻繁に見られるのですが、東海岸でザトウクジラが観測されたのは20年ぶりのこと。約30分ほど、ホウスのハーバー近くを泳いでいったそうです。
Irish Whale and Dolpin Gourpのサイトに詳しくレポートされています。写真もあり)

あぁ~、あと1時間長く私たちがホウスにいたら、ザトウクジラに会えたかも!
アザラシを見て喜んでいる場合ではなかったんですね~。

howth july3
howth july4
ホウスのウェスト・ピア(West Pier)にいるお馴染みのアザラシ君たち

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

水色の空

5月・6月は晴天続きだったアイルランドですが、7月に入って少しずつ雨が降りはじめ「アイルランドらしい」天候になってきました。
6月までは緑の美しさばかりが目につきましたが、ここ数日は空の色の美しさに目を奪われています。

bluesky0710
おとといの午後。あまりにさわやかな水色で、思わずパチリ(Howth, Co. Dublinにて)

bluesky07102
今日の午後。にわか雨が晴れ上がっていくところ。水分をいっぱい含んだグレーがかった水色(Newgrange, Co. Meathにて)

南国の真っ青なブルー・スカイとは違って、アイルランドの空は水彩画のようなパステル調の水色。
水分量が多いので、こういう色になるそうです。

そういえば、空が何故青いのか?を最もよく説明したとされる19世紀の物理化学者ジョン・ティンダル(John Tyndall)は、アイルランド出身。ティンダル現象の名の由来となった人です。
アイルランドの変わりやすい、この水色の空を見ていて、そんなことを思いついたのかもしれませんね。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

タツノオトシゴに情熱をかける男?

アイルランドに「タツノオトシゴ」を育てているファームがあるって、知ってましたか?

かれこれ5年ほど前のこと。日本で愛知万博があり、そのアイルランド・パビリオンに関する仕事を少々させていただいたことがありました。
展示内容はハイクロスで、100年前に研究用に作られた貴重なレプリカ数体をシベリア鉄道で日本へ運んだのですが、実は展示物がそれに決まる前に、他にもいくつか案があったそう。
そのうちのひとつがコネマラ地方(Connemara, Co. Galway)で育てている「タツノオトシゴ」でした。

アイルランドでタツノオトシゴを育てているところがあるとは、びっくり。
実は私、子供の頃のあるきっかけから、タツノオトシゴ好きなのです♪

その話を聞いてからというもの、コネマラのタツノオトシゴ・ファームにがぜん興味がわき、機会があればぜひのぞいてみたい!…と思っていたのですが、2年ほど前、倒産のニュースを聞いてがっかり。
ところが、今日何気なくTVを見ていたら、そのタツノオトシゴ・ファームの創始者キーラン・ドイル(Kealan Doyle)さんのドキュメンタリー番組が放送されているではありませんか。

Seahorse Irelandと名付けられた、世界でひとつの商業ベースのタツノオトシゴ・ファームを開いたキーランさんは、絶滅の危機にあるタツノオトシゴの保護・育成に情熱をかける若き海洋学者。
ドキュメンタリーは30分間x4回の放送で、初回の今日は、キーランさんが子供の頃からサカナ・生き物オタクであったこと、世界を旅して絶滅の危機にあるタツノオトシゴに特に関心を持ったこと、今から10年前程前にコネマラ地方の奥地カルナ(Carna)でコテージをレンタルして、ビジネス・パートナーとファームを始めたこと、ガールフレンドなしで食べる・寝る・タツノオトシゴのみの生活を送っていたこと…などなどが、ちょっとミステリアスなタツノオトシゴの生態系とともに紹介されていました。

タツノオトシゴはオスが妊娠する珍しい生き物。
出産シーンの映像はなんともユニークで、お腹から小さなタツノオトシゴが大量に出てくるんです。キーランさんの言葉通り、タツノオトシゴの赤ちゃんは、大人のタツノオトシゴの全くのレプリカ。すっごく小さいのに、全く同じ形なのには驚いた!

そんな、ちょっと摩訶不思議な感じのタツノオトシゴという生き物に魅せられてしまったキーランさんですが、彼のタツノオトシゴ・クレージーぶりもスゴくて、生き物そのもののインパクトに負けていない感じ。
初回の今日の放送を見て、すっかりファンになってしまいました。

seahorsekealandoyle
番組を紹介したFingal Independentの記事より

『Seahorseman』のタイトルのこのドキュメンタリー番組。全4回の放送で、残りの3回は明日7月13日(火)、15日(木)、16日(金)のいずれも20:30より、RTEにて。
明日の放送も、今から楽しみです♪
(アイルランド在住の方のみへの情報ですみません。番組情報はこちら

ちなみに現在キーランさんは、ファームをダブリンに移して、タツノオトシゴの他に熱帯魚も育てて販売しているようです。
そちらのWebサイト(Seahorse Aquariums)を見ると、タツノオトシゴの飼育の仕方が詳しく書かれていて、マイ・タツノオトシゴが欲しくなってきます♪

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

「アリエッティ」特番 地方での放送予定

先日ご紹介した7月10日(土)放送予定の「借りぐらしのアリエッティ」の特番ですが、地方での放送予定がわかりましたので、お知らせいたします。

「借りぐらしのアリエッティ」公開記念特番 ジブリ作品の源流を探る旅

<地方局での放送日時>
・07月10日(土)10:30~11:25 YTV(読売テレビ)・HTV(広島テレビ)・FBS(福岡放送)・KYT(鹿児島読売テレビ)・YBS(山梨放送)・FBC(福井放送)
・07月13日(火)15:55~16:50 NKT(日本海テレビ)
・07月14日(水)15:53~16:48 KTK(テレビ金沢)
・07月16日(金)10:25~11:20 MMT(ミヤギテレビ)
・07月17日(土)12:00~12:55 ABS(秋田放送)、24:55~25:50 TSB(テレビ信州)、25:22~26:17 CTV(中京テレビ)、25:45~26:40 KRY(山口放送)、26:40~27:35 KKT(熊本県民テレビ)
・07月18日(日)14:00~14:55 FCT(福島中央テレビ)、15:00~15:55 RAB(青森放送)
・07月19日(月)24:29~25:24 SDT(静岡第一テレビ)
・07月20日(火)24:29~25:24 KNB(北日本放送)
・07月23日(金)16:00~16:55 RKC(高知放送)
・07月24日(土)09:25~10:25 RNC(西日本放送)、13:00~13:55 OTV(沖縄テレビ)、16:00~16:55 TeNY(テレビ新潟)
・07月25日(日)15:00~15:55 YBC(山形放送)
・07月27日(火)15:55~16:50 NIB(長崎国際テレビ)
・07月31日(土)12:00~12:55 TOS(テレビ大分)

我がテレビ信州は、なんと夜中の放送…。
BS日テレでも全国放送が決まっているようなので、詳細はまた追ってお知らせしますね。

お楽しみに♪

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

声が出ない…

今日は久しぶりの完全オフ。
今シーズンは仕事が少なめ…とは言いつつも、続く時は続くんですよね。スケジュールを見てみたら、なんと4週間ぶりのお休みでした。

連日しゃべりっ放しだったせいか、ついに声が枯れてしまいました。ずっと雨がなく、空気も乾燥していたからかもしれません。
昨日までご一緒だったお客様には、最後の2日間ほどはガラガラ声でガイディングすることになってしまい、ご迷惑をおかけしてしまいました。

今はガラガラどころか、ほぼ全く声が出ない状態…。
明日の夜は仕事があるので、それまでになんとか出るようにしなくては!

そんなわけで、これからハチミツ入りのホット・ウィスキーを飲んで、早々にベッドへ退散します。
外はまだ明るいのですが…。

sleepinghorse
パタリと横になって眠りこけるウマ。私もまさにこんな気分です…

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

「アリエッティ」特番でアイルランド!

先日アイルランドでのロケをコーディネートさせていただいた、スタジオジブリの最新映画『借りぐらしのアリエッティ』(2010年7月17日公開)の関連番組が、今週末に下記の予定で放送されます。

「借りぐらしのアリエッティ」公開記念特番 ジブリ作品の源流を探る旅
放送日時 07月10日(土) 午前10:30~11:25
日本テレビ
※上記の放送時間は関東地方のみ。地方では時間帯が異なるようです

アイルランドの美しい景観をご覧いただけると共に、宮崎監督のアイルランドへの想いや、ジブリ作品との関連が明らかにされるかも?
イギリスやフランスでのロケ部分も楽しみです。
皆さん、ぜひご覧くださいね!

arriettytvaran
撮影の時の様子。土作りの実演をする地元の人と山下美穂子アナウンサー、笠井カメラマン(Inismor, Aran Islands, Co. Galway)

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

海が荒れて…

このところ晴天続きだったアイルランドですが、今日は久しぶりの曇り空です。
ドゥーリン(Doolin, Co. Clare)からボートに乗ってアラン諸島へ行くはずでしたが、海が荒れてボートが欠航。残念ながら島へ行くことが出来ませんでした。

ボートに乗るには大荒れの海も、サーフィンには最適。

lahinchsurf
大きな波に果敢にいどむサーファーたち。ラヒンチ(Lahinch, Co. Clare)の海岸にて

最後にサーフしてから早2ヶ月。このところ仕事が連続していて、なかなか海に入るチャンスがありません。
アラン諸島へいけなかった代わりにサーフィンしましょう~とお客様を誘ってみましたが、皆さん冗談だと思ったらしく、反応がありませんでした(笑)。残念。

注:ドゥーリンからアラン諸島へ行くボートはサイズが小さいので、天候によって時々、欠航になることがあります。が、ロッサヴィール(Rossaveal, Co. Galway)から出るものは大きな船なので、めったなことでは欠航になりません。念のため。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

おめでとう!ブライアン&エイミー

本日のアイルランドの新聞各紙の一面を飾った、幸せいっぱいのこのカップル。

brianamywed
irishindependent.ie Photo Garelliesより

アイルランド・ラグビーのナショナル・チームのキャプテン、ブライアン・オドリスコル(Brian O'Driscoll)と、女優であり、昨年小説も出版し作家デビューも果たした、エイミー・ハバーマン(Amy Huberman)。
昨日はこの2人の結婚式だったのでした!

かつて「アイルランドでいちばんセクシーな男」に選ばれたこともあるスポーツ界のスーパー・スターと、まるでバービー・ドールのようにスタイル抜群で可愛らしい花嫁。
普段はこの手にニュースにはさほど関心のない私ですが、ラグビー・ファンなせいもあって、今回は新聞各紙をすみずみまで読んでしまいました(笑)。

昨年、オドリスコル率いるアイルランド・チームがシックス・ネイションズでグランドスラムを達成した直後に婚約発表したこのカップル。約3年間の交際を実らせて、見事ゴールイン…となったのですが、著名人カップルの中でも、誰もが祝福する、おそらく高感度ナンバーワンの組み合わせなのではないかと思います。
彼女、オドリスコルのお相手にぴったりですものね。お育ちがよくお嬢様風だけど、気取ったところがなく、さわやかで性格も良さそう。地に足が着いた感じの、しっかりしたお嬢さん…といった感じ。

披露宴が行われたのは、フェアリー・テールのようなウェディングにぴったりの古城ホテル、ロック・リン・キャッスル(Lough Rynn Castle, Mohill, Co. Leitrim)。
ビッグ・カップルの晴れの日を一目見んと集まった地元の人々に、オドリスコル含め参列者として来ていたラグビー選手たちがサインをしてあげる場面もあったそう。
沿道に住む人々がこの日のために庭を整えたり、家のペンキを塗り直したりして2人を祝福したという、なんとも微笑ましいニュースも。

今ツアーのご案内中なのですが、こういったネタには全く興味がなさそうな初老のバス・トライバーまでが、

「彼女(ハバーマンのこと)はジュイッシュだってよ~」

とか、

「ローナン(オドリスコルと人気を二分する有名ラグビー選手、ローナン・オガラのこと)は赤ん坊が産まれるんで来なかったらしいよ~」

などど、ぼそぼそつぶやいているのが可笑しい(笑)。

今日は古城ホテルのお庭で、バーベキュー・パーティーが行われたようです。
昨年来日もしたアイルランドの人気バンド、コロナーズが演奏したとのこと。(エイミーがファンらしいです!)

国民皆が祝福する、素敵なカップル。
末長くお幸せに♪

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報