ナオコガイドのアイルランド日記

観光ガイドによるアイルランド生活・旅情報

食の芸術(ベルアイル・クックリースクール)

bellisle061013
オーブンから出てきたばかりの、熱々のカスタードのおやつ。涙モノのおいしさでした…!

雑誌の取材の仕事で、アイルランド北部をご案内しています。
今回はアイルランドの「食」に焦点を当てた内容。今日は人気のお料理教室、ベルアイル・クックリースクール(Belle Isle School of Cookery, Co. Fermanagh, Northern Ireland)にて、クッキング・デモをしていただきました。

bellisle06109
ベル・アイルの顔であり、TVやラジオでもお馴染みのリズ・ムーア(Liz Moore)先生

英国版『料理の鉄人』のファイナリストでもあるリズ先生は、今や英国&アイルランドの料理界の有名人。
さまざまなクッキング・チップをわかりやすく教えながら、身近にある旬の食材をたちまちのうちに一流レストランの味に変えてしまいます。
食材もお料理方法も特別で難しいものでは決してなく、誰もが自宅で作れそうなものばかり。
どのお料理もおいしく、美しく、それでいてナチュラルでシンプル。まさにアイルランドの「食」の芸術を目の当たりにしたような気分でした。

bellisle061010
見た目も味も美しい!小エビを使った夏らしいおもてなし料理

bellisle061011
メイン・ディッシュはカモ料理。カモ肉が手際よくさばかれていきます

bellisle061012
余分な脂を出しながらオーブンで焼いたカモ肉。旬のアスパラガスと一緒に召し上がれ♪

小エビ料理にはガーリックやコリアンダーが使われているのですが、ガーリックをたくさん使うとどうしても手に臭いが残りますよね。そんな時は、ステンレス(包丁の背など)に指をこすりつけながら水道水ですすぐと、臭みがあっという間に取れてしまうのだそうです。
食材のよりよい使い方などに加えて、そんな暮らしの知恵も伝授していただきました。

どれもおいしかった今日のお料理ですが、私がいちばん感激したのが、冒頭の写真のデザート。ポルトガル風のカスタードのおやつですが、市販のパイ生地を使ってあっという間に出来てしまいました。
あまりにおいしく簡単だったので、これはぜひ、自宅で試してみたいと思います。
そのときにはまた、レシピをご紹介するようにしますね♪

コースは1日から4週間まで。昔のファームハウスを改築したこんなアパートメントに宿泊しながら、アイルランドでお料理体験してみるのもいいですね。

bellisle06106
キッチン付きのアパートメント。泊りがけのクッキング・スクールの場合は、ここに宿泊します

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

人と犬の愛ある暮らし…アイルランドの犬たちも登場!

過去に何度かお仕事をご一緒させていただいた知り合いのライターさんが、素敵な犬の本を出版されました。

dogsbookyamagishisan
人と犬の愛ある暮らし―ドッグズ&ラ・ドルチェ・ヴィータ 山岸みすず編著(グラフィック社)

犬好きの映画スターやアーティストたちの紹介から始まり、世界各地で暮らしの中に溶け込んでいる犬たちがたくさん登場。写真も可愛らしく素敵ですが、内容も読み応えあります。

そして…アイルランドの犬たちのページについては、一部写真と文章を私が担当させていただきました!
この本のために特別に取材したもの(過去ブログ:フランと4匹のハッピーな暮らしアイリッシュ・ウルフハウンドがいっぱい!)はもちろん、過去に撮りためていたアイルランドの犬たちの可愛らしいショットもページのあちらこちらにたくさん使っていただきました。
プロフィール写真にしている私の大好きなRover(Co. Donegal在住)も登場します♪

犬のいる暮らしや、犬とのちょっとした一コマが愛おしくなるような素敵な一冊。プレゼントにも最適です。
よろしかったらぜひ、手にとってみてくださいね。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

ホテルの敷地でワイルドライフ♪(ロックアーン・リゾート)

湖畔のホテルの広大な敷地の中をお客様と散歩していたら、草むらで何やら鳴き声が…。
声のする方を見てみると、こんなカワイイ子がぴょこっと顔を出しました♪

loughearnresort1
切れたパイプのようなものの中から、ひょっこり顔を出した瞬間をパチリ!

カワウソによく似た顔ですが、水辺ではないし、サイズもカワウソより小さめ。かといって、野ネズミよりは大きいし…。
見慣れない私たちに、向こうも興味津々の様子。
まるで「あなたたち誰?」とでも聞きたげな表情で何度か顔を出したり引っ込めたりしていましたが、そのうちに出てこなくなってしまいました。

一体この子は誰だったのか?
部屋に帰って早速、愛用しているアイリッシュ・ワイルドライフの本を参照してみると、そっくり同じ顔の子がいたいた!
私たちが出会ったこの子は、なんとミンクだったのでした。

ミンクはアイルランドの土着の動物ではなく、1960年代頃に北西部のミンク農場から逃げ出して、野生化してしまった…と、ガイド試験のコースで習ったことを思い出しました。
毛皮ではなく(!)、ホンモノのミンクに会うなんて…とお客様も大喜び。私も見るのは初めてでした。

その他、散歩中に出会ったのは、野ウサギ、白鳥、いろいろな小鳥たち…など。
森の中には、どうやらコウモリもいるようです。

loughearnresort3
「シィー、コウモリが眠っています」のサイン

高級ホテルの敷地内で、思いがけずアイルランドのワイルドライフを楽しみました♪

loughearnresort2
ロックアーン・リゾート(Lough Erne Resort, near Enniskillen, Northern Ireland)にて

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

レプラコーン・ダンサー!

湖のほとりの素敵なリゾート・ホテルに泊まっています。

ディナーが終わる頃に、友人から「日本の勝利おめでとう!」というテキストが。なんと、ワールドカップの3戦目、対デンマーク戦に日本が3-1で見事に勝利したとのこと!
食事をしながらも気になっていたので、嬉しいニュースに大喜びでホテルのバーへ。お客様と一緒に「レプラコーン・ダンサー(Leprachaun Dancer)」というカクテルで祝杯をあげました。

leprachaundancer
これがそのレプラコーン・ダンサー。ウィスキー・ベースのかなりハードなカクテルでした

レプラコーン顔負けにすっかり陽気になり、素敵なホテルで楽しい夜を過ごしました。



テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

泥炭掘りの光景

夏のアイルランドを旅していると、泥炭掘りをしている光景にしばしば出くわします。

bogconnemara2
泥炭は95%が水分。水路を作って水をはけさせます。コネマラ地方(Connemara, Co. Galway)にて

アイルランドの全国面積の約14%を占める泥炭。
アイルランドではこの土壌を、「やわらかい」という意味のアイルランド語で「ボグ(bog)」と呼びます。

古代の木の根や植物が、アイルランドの湿気のある気候で腐って体積したこの土壌。
何千年という年月をかけて作られた、アイルランドの貴重な天然資源です。
立方体型に切り出した泥炭は夏の日光で乾かされ、冬場の暖炉の燃料に。
掘るのも、乾燥したものを運ぶのも大変な重労働ですが、かつてはこれをしない限り、冬を生き延びることが出来なかったんですね。

bogconnemara1
今日の仕事を終えたのか…? 泥炭の中を道具を持って、意気揚々と歩く地元の農夫さん

泥炭掘りは、夏のアイルランドの伝統的な光景。
今では少なくなったとは言え、コネマラ(Connemara, Co. Galway)、メイヨー(Co. Mayo)、ドネゴール(Co. Donegal)などではまだまだこんな景色を見ることが出来ます。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

真夏のアイルランド!

glendalouch0610roundtower
青空にそびえるラウンド・タワー(Glendalough, Co. Wicklowにて)

素晴らしい夏日和の日曜日。
今日は終日ウィックロウへお客様をご案内していましたが、行楽地はどこもかしこも太陽を楽しむ人たちでいっぱい。

icecream0610
最高のアイスクリーム日和。列を作ってアイスクリームを求めています!

upperlake0610
思わず水に飛び込みたくなった!グレンダーロックのアッパー・レイク

明日帰国予定のお客様たちは、口々に「帰りたくない~」!
ミッドサマーを明日に控え、真夏の陽気に誰もが浮かれ気分です♪


テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

眞子様がダブリンで語学研修

昨晩、webでニュースを見ていたら、「日本の王族がダブリンにて英語学習」という大変興味深いヘッドラインが目に入ってきました。
("Japanese royal to spend time in Dublin studying English" by Irishtimes.com)

記事を読み進めてみると、日本の王族とは秋篠宮家のご長女・眞子様のこと。
なんとこの夏、ダブリン市内の国立大学のひとつUCD(University College Dublin)に語学研修にいらっしゃるそうです!

その眞子様がいらっしゃるという事実報道と共に、何が興味深かったかというと、このニュースを報じていたアイリッシュ・タイムズの論調。記事は、

「世界で最も長く継続している王家から、間もなくアイリッシュ・アクセントの王族が出るかも…」

と始まり(笑)、日本の王族のアイルランド訪問はちょっとした伝統の一部であるとか、皇后様の聖心女学院時代からのアイリッシュ・コネクション、異国の血が混じったことが一度もない日本の天皇家は、眞子様がアイリッシュ・ボーイと付き合うことになったらそれを許すのだろうか…などなど。
日本の皇室とアイルランドとの友好関係を強調しつつ、でも日本の皇室ってミステリアスだな~といった素朴な関心が表れていて、なんだか好感の持てる記事でした(笑)。

近年のアイルランドへのインペリアル・ビジットは、私の知る限り、天皇皇后両陛下の1985年&2005年の2度のご訪問、紀宮様の2000年ご訪問、高円宮妃の2002年のご訪問など。
特に皇后様はアイルランドびいきだそうで、ハープの演奏をなさる他、聖心女学院時代にアイルランド人の修道女さんに学んだりした影響から、アイルランドの文化・文学に精通しておられるそう。アイルランド人のノーベル文学賞受賞作家シェイマス・ヒーニーともお友達だそうです。

日本の報道を見ると、眞子様の渡愛は7月4日。アイルランド人家庭にホームステイしたり、大学寮に滞在したりして、8月15日にご帰国とのこと。
眞子様のアイルランドでのご滞在が楽しく実りあるものになりますように。
そしてこれを機に、日本でのアイルランドに関する報道もより多くなるといいですね。


テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

アイルランド一おいしいフィッシュ・アンド・チップス!

アイルランドでいちばんおいしいフィッシュ・アンド・チップスと言ったら…やっぱりゴールウェイのこのお店!

mcdonagh06103

McDonagh's
22 Quay Street, Galway.
Tel: 091-565001

魚の鮮度といい、揚げ方といい、チップスのおいしさといい…すべてがパーフェクト。
巨大なフィッシュに「こんなに食べられないわ~」とおっしゃっていたお客様も、いざ食べ始めたらあまりのおいしさにぺロリと平らげてしまっていました(笑)。

mcdonagh06102
これが伝説のフィッシュ・アンド・チップス!魚の種類は選べますが、私はやっぱりポピュラーなタラ(cod)がいちばんおいしいと思います

ここのフィッシュ・アンド・チップス屋さんは、店の半分がシーフード・レストランになっています。
入って左半分はカウンターで注文して自分でテーブルへ持っていく、セルフ・サービス方式のフィッシュ・アンド・チップス屋さん。(テイクアウトももちろん可)
そして、右半分はテーブル・サービスのレストランです。

レストランは予約を取らない&狭いスペースのため、いつも列が出来ています。
私たちもこの日、20分くらい待って席につくことが出来ました。

mcdonagh0610
夏に向かってだんだんおいしくなるアイルランドのカキ。6月初めにもここで食べましたが、今回の方がさらにもっとプリプリでした

ゴールウェイに来た時の楽しみのひとつです♪

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

マークリー・キャッスル・ホテル

久しぶりに、古城ホテルでの宿泊。
スライゴ近郊のマークリー・キャッスル・ホテル(Markree Castle Hotel, Collooney, Co. Sligo)です。

marcreecastle5
14~19世紀の壮麗な城。17世紀から現在に至るまで、同じ一族がオーナーという貴重な城

近頃さまざまな海外のホテル・チェーンの資本が入ってきれいになりすぎている古城ホテルが多い中、マークリー・キャッスルは今もって昔ながらの古びた様子をよく残した城。
スパを増設したり、有名シェフを招いたりすることなく、ちょっと田舎くささを残したままのところがいい感じです。

marcreecastle3
歴代のクーパー家のご主人様が描かれた有名なステンドグラス

marcreecastle4
古めかしいラウンジもいい雰囲気

marcreecastle7
楕円形の素敵なダイニング。お食事はおしゃれすぎず、地元の人が喜びそうな感じです

marcreecastle2
お部屋の窓から見晴らす庭園

窓がちょっときしきし音をたてるところや、周辺の森のうっそうとした感じを、皆さん楽しんでくださった様子。
朝の出発もゆっくりにして、夜はお城のバーで暮れゆく陽を楽しみながら、グループの皆さんと一緒にアイリッシュ・コーヒーを楽しみました♪

marcreecastle6
シャクナゲの花もきれいでした

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

夏のコーズウェイ・コースト

causewaycoast0610
まるで南国のような美しい海の色!キャリクアリード(Carrick-a-rede)にて

素晴らしいお天気に恵まれて、今日は一日、コーズウェイ・コースト(Causeway Coast, Northern Ireland)の観光。
夏のアイルランドの海沿いの景色は、なんと美しいことでしょう。
海の色、空の色、そして可憐な花々に、お客様と一緒になって一日中、感激しどおしでした。

causewaycoast06101
岸壁に咲く可憐なシーピンク(Seapink=ハマカンザシ)

causewaycoast06102
まるで小鳥が岩にとまっているかのよう(笑)。ジャイアンツ・コーズウェイの奇岩の上でくつろぐお客様たち(ちなみにこのツアー、男性の参加者もいるのですが…。岩に座っているのは何故か、女性のみ!)

causewaycoast06104
廃墟の割れ目に元気に咲く花々。青空がまぶしい!

causewaycoast06104
ダンルース城から見晴らすコーズウェイ・コースト

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

イチゴの季節です

ichigo06101
甘くておいしい♪ 完熟のアイリッシュ・ストロベリー

昨日より周遊ツアーが始まり、16名のお客様をご案内しています。
昨日、ドライバーと一緒にベルファーストへお客様をお迎えに行く途中、道端にイチゴ売りを発見。

ichigo0610
路上で売られるイチゴや新じゃがは、アイルランドの夏の風物詩です

イチゴに目のない私は、「2パックで5ユーロ」の看板に反応。思わずドライバーに「止めて~」とお願いし、ベルファーストに着くまでに、夕食代わりに一パックをぺロリ。
あまり大粒ではないけれど、自然の甘さがぎゅっとつまったようなみずみずしいおいしさ。一粒食べるごとに幸せな気分♪
イチゴって本当に、魔法の食べ物ですよね~。

もう一パックは、お客様におすそ分け。

ichigo06102
自称ストロベリー娘…です!

イチゴのおかげで、ハッピーなツアーの始まりとなりました。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

聖キーランの泉

srciaranswell2
スピリチュアル・パワーが強いと言われるキーランの泉(St. Ciaran's Well, near Kells, Co. Meath)

ここ2日間ほど、アイルランドの聖地やスピリチュアルな場所をめぐる取材旅行のご案内をしていました。
アイルランドには、キリスト教が布教される以前から大切にされている聖水が沸く場所が数多くあります。
こちらはそのひとつである、聖キーランの泉。

srciaranswell
地元の人々によってきれいに守られています

古代ケルトの神話ではアイルランドの大地は女性とされ、そこから湧き出す水は、母なる大地からほとばしり出る豊穣のシンボルとされていました。
そこにキリスト教の聖人伝説が加わり、多くの場所が今も聖地として大切にされています。

この場所は、8世紀に聖キーランがここに修道院を建設したことから、聖キーランにまつわる聖地とされています。
泉の水は、のどの病気に効くと言われているそう。

srciaranswell1
これが聖なる水。泉のさらに下流の水は、足の病気に効くそうです

srciaranswell3
丘の上に作られた祠。マリア様がまつられています

この泉の周りは、なんとなく空気が軽やかな感じ。
古代から何らかの形で聖地とされている場所は、やはりそれなりの土地のパワーがあるような気がします♪

★行き方…KellsからOldcastle方面へ約5キロ程。Cararossのサインポストを右折。しばらく行き、最初の曲がり角を右折、橋の下をくぐりさらに行くと左側に泉があります。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

ニューブリッジで楽しむプチ・ハリウッド♪

久しぶりにニューブリッジ・シルバーウェアの本店ショップ(Newbridge Silverware, Newbridge, Co. Kilare)を訪ねてみると、店構えがものすごく立派になっていてびっくり。

newbridgesilver06102
アイルランドを代表する銀製品&ジュエリーの老舗

かつてこの近くに住んでいた頃はよく来ていたのですが、思えばそれももう10年も前の話。
ショップも広くきらびやかになり、カフェも併設され、ちょっとしたビジター・アトラクション。もともと銀製のカトラリーや鍋など実用的な品から始まったニューブリッジですが、近年ジュエリーに力を入れているので、ニューブリッジと言えばジュエリーのメーカーだと思っている人も多いのではないかと思います。

そして…久しぶりに訪れていちばん驚いたのは、ショップ上階に併設されている博物館。
Museum of Style Icon」と名付けられたこの博物館、なんと往年のハリウッド・スターたちの衣装や小物など、貴重な品々のコレクションがずらり。

newbridgesilver06104
マリリン・モンローのドレス!

newbridgesilver06105
ニューブリッジ・シルバーウェアのいちばんのスタイル・オブ・アイコンは、やっぱりオードリー・ヘップバーン!

newbridgesilver0610
オードリーのドレス。右の黒いものは映画『シャレード』で着たもの

その他、クラーク・ゲーブルがはめた手袋とか、キャサリーン・ヘップバーンのパスポートとか、SATCのサラ・ジェシカ・パーカーが別の映画で身に着けたドレスとか…、なんとマイケル・ジャクソンのステージ衣装も!!

newbridgesilver06107

ニューブリッジにこんなコレクションがあったとは驚き。気分はすっかりハリウッドです♪
そこからインスピレーションを得たジュエリーが売られているので、なんだか勢いで買いそうになってしまいました(笑)。
近くまで行かれたら、ちょっと立ち寄ってみるのにお勧めです。

Newbridge Silverware
Newbridge, Co.Kildare.
Tel. (+353-45) 431301
月-土 9:00‐18:00/日・祝 11:00-18:00

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

西海岸の動物たち

このところ、素晴らしい晴天続きのアイルランド。
TV撮影の仕事中にとらえた、西海岸の動物たちのショットです♪

ariettianimals7
人懐こいコネマラ・ポニー♪

ariettianimals6
美しい馬の親子

ariettianimals5
石垣から顔を出したワンちゃん

ariettianimals4
双子のロバ

ariettianimals3
旅人を迎えるフレンドリーな犬

ariettianimals2
そして…見える人にだけ、レプラコーンが見えるかも?

アイルランドの田舎の景色には、動物たちがよく似合いますね♪

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

ジブリ新作映画の関連番組!

ariettifilming5
いつ来ても変わらぬおとぎの国のような景色。イニシュモア島(Inismore, Aran Islands, Co. Galway)にて

ここ数日、TV番組のコーディネートの仕事をしていました。
来月公開となるスタジオジブリの新作アニメ『借りぐらしのアリエッティ』の関連番組。ダブリンと近郊、西海岸にて撮影を行いました。

ariettifilming
ニューグレンジ(Newgrange, Co. Meath)にて。朝一番で一般の入場者が来る前に撮影をさせてもらいました

ariettifilming2
撮影2日目には、今回の出演者である日本テレビのアナウンサーさんが合流。聖パトリックス大聖堂(St. Patrick's Cathedral, Dublin)にて

ariettifilming3
イニシュモア島では日帰りロケ。素晴らしいお天気に恵まれて、スタッフの皆さんも楽しんでくださった様子

ariettifilming4
地元の方にも協力していただきました。ミニバスの後ろに座ってスタンバイ中。よ~く見ると…2人の頭上でレプラコーンもスタンバイ中です(笑)

ariettifilming6
海藻が打ち上げられている浜辺を撮ろうと岩の上で頑張るカメラさんとディレクターさん

プロフェッショナルなスタッフの皆さんのおかげで、短期間だったにもかかわらず効率よく撮影が進み、さらに現場もとっても楽しかったです。

映画は、英国児童文学として有名なメアリー・ノートン作『床下の小人たち』が原作だそう。私も子供の頃、大好きだった作品です。
アイルランドとの関連は、番組を見てのお楽しみ…♪
詳しい放送予定等は、また追ってお知らせいたしますね!

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報