ナオコガイドのアイルランド日記

観光ガイドによるアイルランド生活・旅情報

ホウスのライオンズ・ヘッドにて

lionshead
海に突き出した小さな半島、ライオンズ・ヘッド(Lions Head, Howth, Dublin 13)

先週末に引き続き、この週末もアイルランドは夏。
こんな日はやっぱり海で過ごすに限ります!
ホウス半島の崖の名所ライオンズ・ヘッド(Lions Head, Howth, Dublin 13)にて、楽しい夏の日の午後を過ごしました。

ライオンズ・ヘッドは、地元の人のみ知るホウスの隠れた名所。
ここへ下り立つにはスリル満点の崖下りが必須で、なんとロープを伝ってかなり急な斜面をずりずりと下りて行かねばなりません。
これがなかなか楽しくて、なんだか子供の頃に戻って冒険ごっこをしているかのような気分♪

baileysunday5
ロープの強度を確かめながら、慎重に下りていきます

baileysunday6
ベイリーズ灯台(Bailey's Lighthouse, Howth, Dublin13)を横目に眺めながら…

途中、アイルランド沿岸部ならではの南国の香りのする美しい花々が咲き乱れていました。
南アフリカ原産のプロテアの類でしょうか。

baileysunday1

baileysunday2
アイルランド全土の約半数に当たる、545種の野生植物が生息するホウス半島。この花、ホウスにあるとは聞いていましたが、野生のものをホウスで見たのは初めて

ついにヘッドの突端に到達。ここには、自然の岩で仕切られた隠れ処のような秘密の場所があります。
早速水着に着替え、岩のベッドで海を眺めながら日光浴!

baileysunday4
岩陰から眺めるベイリーズ灯台

baileysunday7
海の向こうに見えるのは、ウィックロウ(Co. Wicklow)の山並み。ジェットスキーヤーだけでなく、時おりアザラシも現れました

baileysunday3
見ていたらスイマーの血が騒ぎ出し、海まで下りて行ったものの、水は冷たい!

ライオンズ・ヘッドは、天然のダイビング/ジャンピングの場所としても知られています。
10メートル程もあるでしょうか、天然のプラットフォームから、老いも若きも次々に飛び込んでいきます!

baileydiver2
まるで飛ぶ鳥のごとく!タイタニックのようなポーズで飛び込む、勇敢なダイバー

baileyjumper2
ダブリンのシティーセンターから、度胸試しにやってきた男の子たち。彼らのガールフレンドと思われる女の子たちが、観客となっているのが可笑しかったです(笑)

この週末は今年いちばんの暑さで、場所によっては30度を超えた地域もあったとか。
じりじりと焼けるような日差しと、海からのさわやかな風のコンビネーションはアイルランドならでは。
こんなに美しい場所で、何もせずに海や山を眺めていられる幸せを噛みしめながら、「これぞ、ライフ(=人生)!」と心の底から充実感を味わったのでした。

※ライオンズ・ヘッドへの行き方は…
31または31bのダブリンバスにて、ホウス・サミット(終点)へ。
→ニュースエージェントを右に見て、Thormanby Roadを下ります。この辺りは著名人の住む豪邸街。
→Carrickbrack Roadに合流するちょっと手前の、左側の豪邸(おそらくここが、リバーダンスのプロデューサーであるMoya Dohertyの自宅)の脇を海の方へ。(草がボウボウのいらか道です)
→この小道を抜けると、ライオンズ・ヘッドへの下り口があります!

※ヘッドへ下りる崖はかなり急です。ロープの強度をよく確かめながら、慎重に下りてくださいね。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

ウィックロウでハイキング・デビュー!

wicklowhike10
こんなに高いところからグレンダーロック(Glendalouch)を見晴らすのは初めて…!

山に詳しい友人が、ウィックロウ(Co. Wicklow)へハイキングに連れて行ってくれました。
こちらで言うハイキングとは、かなり本格的な「山歩き」のこと。
初めての本格的なハイクで最後まで歩きとおせるか心配でしたが、素晴らしい景色とお天気に励まされて、全長約16kmほどの道のりを思い切り楽しむことが出来ました!

今日のコースは、ウィックロウの数々のトレックを歩いてきた友人の一押しのコース。
グレンダーロックのアッパーレイク駐車場(Upper Lake Car Park)を出発、Poulanassの滝を経由して、ヒースやコケが生い茂る斜面をいきなりぐんぐんと登ります。

wicklowhike
苔むした切り株。道なき道を登ります!

急な登りを経て、本日最初の峰に登頂。

wicklowhike2
Derrybawn山頂。447mです!

ここからはしばらく尾根伝いに歩き、この近辺ではいちばん高い峰・Mullacorを目指します。
Derrybawnへ登るときには少々曇っていた空も次第に晴れ上がり、まるで真夏のような空になってきました。

wicklowhike5
まだまだ元気いっぱいに、調子よく歩いている頃。この後に思わぬアクシデントが…

wicklowhike6
こんなに高いところにもヒツジちゃんが。くるりと振り返ってくれた子羊の愛らしいこと…!

この辺りから足元が徐々にぬかるんできたのですが、雨上がりなわけでは決してなく、アイルランド特有の泥炭地のせい。
ガイド試験のコースで習ったような典型的なフェン(Fen=沼地)が次々と現れ、これがのちには泥炭になるのね~と感激しながら歩いていたのも束の間、あっという間にぐぶぐぶと沈んでしまい、フェンの中にひざ上までつかってしまったのでした…!

wicklowhike7
水面が一面コケ(スファグナン・モス)で覆われていたため、まさかそんなに深いとは思わず、足を踏み入れてしまった…

まるでマンガの一コマのような光景に、友人と2人で大笑い(笑)。
その昔は泥炭地で行方不明になる人が多かったと聞きますが、まさにこのことだったんですね。私も危うく、ボグ・ボディ(bog body=泥炭層の中で保存されて自然にミイラ化した人間の死体)になるところでした(笑)。
(ボグ・ボディを見たい方は、ダブリンのキルデア通りの国立博物館へどうぞ!)

本日の最高峰・Mullacor(665m)に登頂後、ランチ休憩をはさんでハイクの後半。山を下ります。
ひととき見えなくなっていたグレンダーロックの湖が、きれいに見えてきました。

wicklowhike15
この辺りが絶景ポイント。グレンダーロックのラウンド・タワーと2つの湖が、1万年前に氷河によって形成されたV字渓谷の中にすっぽりはまって見えました!

wicklowhike9
ところどころこんなボードウォークも通りますが、アイルランドでのハイクは道なき道を行くのが醍醐味。ヒースの中、コケの中、沼の中、岩の上…と、本当にいろいろな道を歩きました!これになれてしまうと、整備されたフットパスを歩くのはつまらなく感じてしまうかもしれませんね

どちらかというと登りの方が得意な私は、下りは足が踊るようできつかったけれど、景色は抜群。
氷河が削った地形を目で見て、足で歩き、大満足。

wicklowhike16
ワイルドな景観の中をずんずん歩きます!

ついにアッパー・レイクが見えてきて、最後の数キロを湖沿いに歩きます。
途中、グレンダーロックの創始者である聖ケビンの洞窟を眺めながら、最後の力を降りしぼって駐車場へ。

wicklowhike14
対岸の洞窟が、6世紀に聖ケビンが修行をした聖なる場所です

約5時間のハイクを楽しく無事に終え、駐車場にてソフトクリームで乾杯!

wicklowhike13
ここのアイスクリームは特においしい!

こんなに気軽に、しかも安全に大自然を満喫することが出来、連れて来てくれた友人に心から感謝。
これまで何十回となく訪れてきたグレンダーロックですが、上から見下ろしたことで、また違った面白さを感じるようになりました。
今年はサーフィンに、ハイクに…とアクティブなことに次々と挑戦。よりいっそうアイルランドを満喫しています!

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

やっぱり楽しい…ジャイアンツ・コーズウェイ!

gcauseway260509
コーズウェイ海岸を彩るシーピンク(Sea Pink)の花。和名は「ハマカンザシ」というそうです

昨晩ベルファーストにご到着のお客様を、ジャイアンツ・コーズウェイ(Giants Causeway)へご案内。
このところダブリン近郊のご案内が多かったので、久しぶりのアイルランド北海岸のご案内で私自身もリフレッシュ。
ガイディングにも熱が入り、あそこもここも…と景勝地をご案内しながら、目指すコーズウェイ海岸へ皆様をお連れしました。

gcauseway2605092
何度行ってもやっぱり楽しいジャイアンツ・コーズウェイ!石の上をぴょんぴょん飛んでみたりして、自然が造った巨大な「遊び場」を存分に楽しみました

6500万年前のマグマの噴火・冷却、さらにその後の地質変動により形成されたこの奇岩群。
地質学的には「柱状節理」と呼ばれ、実は火山の国・日本にも多く見られる地形です。福井県の東尋坊がその代表的なものひとつですが、やはり同じような六角柱が海沿いにびっしりあるんですよね。

今日はお天気も良かったので、ほとんどのお客様が海岸までのウォーキングを楽しまれました。
奇岩がいちばん密集している海沿いのエリアまではビジターセンターからシャトルバス(有料)が運行していますが、お時間と天候が許せば、ぜひウォーキング・ルートを歩いてみてください。
絶景を眺めながら約30分ほど歩く(下り)と、巨人のブーツが皆さんをお待ちしていますよ!

gcauseway2605093
その他に「パイプオルガン」、「願い事がかなう椅子」などもありますので、探してみてくださいね!

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

レンスターがハイネッケン・カップ初優勝!

ますます盛り上がる今年のアイリッシュ・ラグビーですが…

土曜日に行われたハイネッケン・カップ(Heineken Cup=European Rugby Cup、シックス・ネイションズに参加するヨーロッパ6カ国の地域またはクラブ・チームの王座決定戦)の決勝戦にて、ダブリンを本拠地とする地元レンスターが、イングランドの強豪レスター・タイガースを見事破り、初優勝を決めました!

heinekencupsfinalleinster
本日の新聞各紙はいずれもこのニュースが一面に。朝いちばんにニューズエージェントへ行き、付録の優勝記念ポスター(アイリッシュ・タイムズ)&優勝記念マガジン(デイリーメール)をゲット!

今回の試合は仕事と重なりライブでは見ることが出来なかったのですが、夜のダイジェストをTVで見て勝利の余韻を噛みしめました。
ブライアン・オドリスコル(Brian O'Doriscoll)の天才ぶり、そしてレンスターの新たなヒーロー、若きフライハーフのジョナサン・セクストン(Jonathan Sexton)の勝利を決めたゴールイン(決まった後にぺろっと舌を出して喜んでいたのがなんとも微笑ましかったですね…!)…など、はらはらドキドキの良い試合でした。

シックスネイションズのグランドスラム達成に続き、またまたアイリッシュ・ラグビーの快挙。
来週からはライオンズ(The British and Irish Lions、イングランド・スコットランド・ウェールズ・アイルランドの代表選手から選抜されて構成されるドリームチーム)の南ア遠征試合も始まり、ラグビー・ファンにとっての熱い日々はまだまだ続きそうです…!

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

アイルランドに夏が来た!

howth2405092
ホウス(Howth)半島のベイリーズ灯台を見晴らす

仕事がオフでゆっくり寝ていたところ、ベッドルームの天窓からさんさんと降り注ぐ日光に目を覚まされました。
このところ晴れ間が出てもほんの束の間だったり、晴れても気温が低い日が続いていたのですが、今日のダブリンは待ちに待った快晴の夏日和!

howth2405091
遊びに来てくれた友人と一緒に、近所の海辺の道を散歩しました

久しぶりの快晴の日曜日…とあり、多くの人が海辺へ。シティーセンターからの道は行楽客で大渋滞し、まるでこの日を逃したらもう夏が来ないかのような騒ぎ。(実際、そんな脅迫観念にいつも襲われているような気がする…笑)

ホリデーで当たり前のように日々満喫していた太陽の光ですが、ここアイルランドではなんとありがたく感じられることでしょう。
すっかり日も長くなり、夜10時近くまで明るい今日この頃。
限られた夏の日を、今年も思い切り楽しみたいと思います♪

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

ハッピーなお客様

ホリデーでエネルギーがたっぷり充電されたせいか、このところかなりハイテンションで毎日ガイディングし続けています。
今日はたった3名様+添乗員さんという小さなグループさんのご案内。とても楽しいお客様たちで、朝からずっと笑いっぱなしの一日でした。

2305092
マラハイド城にて。満面の笑顔の皆さん

ご案内する場所場所、どこも喜んでくださるので、こちらもすっかり嬉しくなり、ガイディングにも熱が入ります。
お客様も次第にテンションが上がり、ついには歌って踊ってしまいました(笑)。

2305091
『アイルランドの娘』を踊りながら熱唱してくださったお客様。日本ではディック峰が歌った戦前の流行歌だそうですが、もとは『Smiling Irish Eyes』(1929)という映画の主題歌

お客様が思い切り楽しんでくださっているのを見ていると、こちらもますます元気になってきます。
こういう日は、一日のガイディングが終わっても全く疲れを感じないんですよね。お客様から、ハッピーなエネルギーをたくさんいただいたおかげだと思います。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

ホリデーから戻りました!

spainholiday24
コスタ・デル・ソルの海岸にて

スペインでの気楽な数日間もついに終了、昨日ダブリンに戻ってきました。
今回のホリデーは、同業のアイルランド人+旅行経験の豊富なスコットランド人というメンバー。
知人が所有しているアパートメントに滞在させていただき、とっても楽しい日々を過ごしました。

spainholiday21
真っ白い壁がまぶしいアパートメントにて

spainholiday2
まるでジャングルのようなお庭に囲まれたプール

…が、きれいな場所を普段からさんざん目にしている私たち。贅沢なことに、ホリデーの後半にもなると人工的なプールや人がごみごみしているビーチにだんだんと嫌気が差してきて、もっと人の少ない、静かできれいなビーチはないものか…と思い始めたのです。
地元の人に聞いたり、海岸線をえんえんと歩いて探したりした結果、ついに満足のいくスポットを発見。
後半の数日間は日が暮れかけるまでお気に入りのビーチに寝転がり、読書に昼寝、岩場でのシュノーケリング…と、ますます気楽で健康的な日々を過ごし、身も心もすっかり野生に戻った気分。

そして、それはもう、全身こんがりと焼けた、焼けた。
仕事柄、外に出ている時間が長いため、もともと決して色白ではなかった私ですが、いまや「あなた何人?」というくらいに上から下まで真っ黒です(笑)。

spainholiday23
一緒にホリデーを過ごしたとは思えない2人の足。黒い方が私、白い方は焼けたくても焼けられないスコットランド人…!

久しぶりのビーチ・ホリデーを思う存分楽しみ、元気倍増。
今日からまた仕事に復帰しましたが、人生すべてホリデーのような気分でいる私にとっては、アイルランドでのガイディング生活に戻ることもこれまた楽しいんですよね♪

spainholiday22
真っ青な空と海。地中海は大西洋よりもしょっぱかったです

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

スペインにてホリデー中です

仕事の合間をぬって、スペインにホリデーに来ています。

spainholiday3

ダブリンから飛行機で3時間、やって来たのは友人のご家族が持っている海辺のアパートメント。
英国人、アイルランド人のホリデーメイカーたちが、南国の太陽を求めてやってくるエリアです。

ビーチを歩いたり、プール・サイドで日光浴&読書の日々。
頭を空っぽにして、さんさんと降り注ぐ太陽を浴びていると、冬の間に体の中にたまったじめじめしたようなものが、どんどん洗い流されていくような気分です(笑)。

仕事が最盛期となる夏に向けて、たっぷりとエネルギーを充電して帰りたいと思います!

spainholiday1
フルーツいっぱいの朝ごはんを食べて、今日もビーチへ行ってきます~!

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

アイルランドの西の果て、ブラスケット諸島へ

sealblasket
ブラスケット諸島のアザラシたち…!

ヨーロッパ最西端の岬ディングル半島のさらに西にある、ブラスケット諸島(Blasket Islands, Co Kerry)。
一度は行ってみたいと思っていた最果ての島ですが、先日ディングル半島を訪れたときに思いがけずそのチャンスがありました。

大小合わせて6つの島々からなるブラスケット諸島のうち、いちばん大きなグレート・ブラスケット島(Great Blasket Island)が定期ボートで行くことの出来る島です。

blasket04099
ボート乗り場へと下る坂道。有名な「ヒツジの渋滞」の絵葉書の場所です!(アイルランドを旅した方はどこかで見たことがあるはず…!)

blasket040914
島へ行くボートは接岸しないので、タグボートに乗って乗船

blasket04092
約20分のボートトリップで島に到着。こんな急な崖をのぼって島へと上陸します

グレート・ブラスケット島は、12kmx6kmという小さいような大きいような島で、1953年に最後の島民が本土に引越し無人島になってしまいました。
現在は島には5件の家があり、夏の間は宿泊も可能なようですが、かつての村も廃墟になったまま現存しています。

blasket04094
かつて暮らした島民の亡霊が見え隠れするような廃墟の村…

ブラスケット島にもビーハイブ(Bee Hive=蜂の巣型の祠)がありました。

blasket04093
このビーハイブ、上に木が生えてしまっているのがなんともユーモラス!

ディングル半島、スケリッグ・マイケルなど、アイルランドの中でもこの地域にのみ見られる石造りのこの祠は、先住民族が海からの攻撃から身を守るために建てたものであると言われていますが、その起源は定かではありません。
キリスト教の時代には隠遁生活をする修道士の住処となり、その後は土地の人々によって倉庫代わりに使われていたことも。

帰りのボートまで数時間あるため、島内をミニ・ウォーキングしながら、ビーチを目指します。
ビーチに見えるこの黒い点々、一体ナンだと思われますか…?

blasket040915

なんと、遠景から見えていた黒い点々の物体は、アザラシの群れだったのです!
何百頭というアザラシが気持ち良さそうに浜辺でごろごろしている様子は圧巻。

blasket040912
いっせいに躍り上がったアザラシたち…!

アザラシを眺めながら、浜辺でピクニック・ランチ。
あんまり気持ちが良かったので、思わずごろりと横になり、空を仰ぎ見ながらウトウトしてしまいました。

naokoblasket
いつの間にか撮影されていました…

大昔から変わらぬアイルランドの原風景が、そのまま閉じ込められているようなブラスケット諸島。
かつては多くの人々が生活していたこの島ですが、今は野生の鳥やアザラシ、野ウサギのものになっています。そんな中にしばし身を置いていると、昔のアイルランド人がどんなことを考え、どんなことを感じていたのかが、おぼろげながら分かるような気がしてきたいのでした。
最果てのディングル半島より、さらに果てへと行ってみたい方、ブラスケット諸島へぜひ。

※グレート・ブラスケット島へのボートはこちら→Blasket Islands Ferry

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

ブルマーズが飲みたくなる日

夏のような陽がさんさんと降り注ぐ、気持ちのいい夕方。なんだかビールが飲みたいね~と、友人と連れ立って地元のパブへ。
普段はギネス党の私ですが、こんな夏っぽい日の夕方にはブルマーズが飲みたくなります。

summit0805091
「サイダー」と呼ばれるアイルランド産リンゴの発泡酒。飲み口は軽いのですが、実はギネス・ビールよりもアルコール度数は高いので飲みすぎに注意…!

summit0805092
ビールのおつまみ、または軽い夕食代わりに人気のウェッジポテト(皮付きのチップス)。ポテトは皮ごと食べるほうが胸焼けしないそうです!

5月のアイルランドはすでに日が長く、夜8時頃でもまだまだ昼間のよう。
外のテラスでビール片手に思いきり日差しを浴びながら、近所のパブですっかりホリデー気分です。

summit0805093
Summit Inn(Howth, Dublin13)にて。壁には先週のラグビー・マッチの時の常連さんたちの楽しそうな写真の数々が。ナオコの写真もあるよ~と言われて、見ると思い切り酔っ払った私がいました…!

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

ブルーベルが咲き乱れる森へ(ロックキイ森林公園)

5月になってとたんに、森や野原の花も春から初夏へと季節が変わってきたようです。
数日間、田舎で過ごしていたのですが、その間にこの時期になるといつも一度は訪れてみたいと思っていたロックキイ森林公園(Lough Key Forest and Activity Park, Rockingham, Boyle, Co.Roscommon)へ行って来ました。
5月初めのこの森の中は、ブルーベル(bluebell)の花のじゅうたんに一面覆われるのです!

bluebell2

bluebell3
この時期にはあちらこちらで見られるブルーベルの花ですが、この森の中は見事です

アイルランドでは、ブルーベルの咲き乱れる場所には妖精が住む…とも言われています。
ちょっと雨模様の天候も手伝ってか、森の中はフェアリーテールの中のワンシーンさながらの幻想的な世界…。
この光景を一度は見てみたい…と思いながら、毎年チャンスを逃していたので、やっと目にすることが出来て感激でした。

bluebell
森を歩く姿を友人が撮っていてくれました♪

ロックキイ森林公園とこの周辺のあまり観光地化されていない、アイルランドの伝統的な田舎の風景は、近ごろの私のお気に入りの場所のひとつ。
公園内にはアスレッチック施設などもあり、これからの季節は家族連れで訪れる人々でにぎわいます。
名前のとおり湖があるので(Loughとはアイルランド語で「湖」の意)、次回はボートに乗って古城のある島へとぜひ行ってみたいと思っています。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

デスクワークの一日

今シーズンは始まりがゆっくりで、まだまだ仕事の実働は少ないのですが、お問い合わせの件数は今年も徐々に増えてきてありがたい限りです。

日本ではゴールデン・ウィークですが、こちらも5月のバンク・ホリデー・ウィークエンドで3連休。最終日の今日は天候もイマイチ、幸いにして外へ出かけたい衝動に駆られることなく、落ち着いてデスク・ワークに励むことが出来ました。
ご依頼いただいている旅程作り、電話連絡、調べもの、お問い合わせのお返事などなど、実際のガイディングに至るまでには結構こまごましたとした作業があるのですが、それも楽しみのひとつ。お客様とご相談しながら旅を作っていくこの過程もまた、旅を豊かに楽しんでいただくための重要な部分です。

お知り合いのお宅の庭に見事に咲いたライラックの花。
少々おすそ分けいただいたので、デスクの脇へ飾って楽しんでいます。

lilacwindow
ギネスのパイント・グラスにさしてみました

ほのかな花の香りがあるだけで、デスクワークもぐんとはかどりますね。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

地元パブにてラグビー観戦

シックス・ネイションズのグランド・スラム達成に始まり、アイリッシュ・ラグビーの当たり年と言われる今年。
今日はハイネッケン・カップ(Heineken Cup=European Rugby Cup、ヨーロッパの地域またはクラブ・チームのナンバー1を決める決定戦)の準決勝。
レンスター対マンスターというアイルランドの競合クラブ・チーム同士の夢の対戦とあり、アイルランドのラグビー・ファンにとってはグランド・スラム以来の熱狂となりました。

heinekencupsummit
地元のパブにて観戦。真剣なまなざしで試合の成り行きを見つめるラグビー・ファンたち…!

特にどのクラブ・チームのファンというわけではなく、アイルランド・チームを常に応援している私にとっては、一体どちらのチームを応援してよいやら…。
オドリスコルはレンスターだけど、オガラ、ストリンガーはマンスター。悩ましいところです…。

結果は、数々の予想に反して、レンスターの大勝利。
昨年を含め近年に2度の優勝経験のあるマンスター・チームを大差で破り(最終スコアは25-6!)、決勝進出を決めました。
土地柄、ダブリンはレンスターとなるため、私の地元のパブではレンスター・ファンが圧制。ブライアン・オドリスコルの天才的なトライを含め、数々のファイン・プレイに大盛り上がりでした。

よく叫び、よく飲み、先ほど家に帰ってきましたが、勝利の余韻覚めやらぬ夜、おもてではまだまだ人々が盛り上がっている声が聞こえています…!

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報