ナオコガイドのアイルランド日記

観光ガイドによるアイルランド生活・旅情報

ティーリーフに見た「未来」の私?(PEIのクリスマス・5)

先日の日記で、23年前の手紙で過去の「私」と対面したことをお話ししましたが、今回のプリンス・エドワード島(P.E.I.)訪問では、過去だけでなく、未来の「私」を垣間見るような…そんな出来事もありました。

滞在も終わりに近づいたある雪の日、ワニータ(Juanita)と私は島の東部のある町へ出かけました。
なんと…「ティーリーフ(茶葉)占い」をする女性に会いに!

tealeavespei1
こんな雪景色の中を車で走ること、約1時間。まるで天使が舞い降りて来そうな幻想的な景色でした

実はこの占い、私には全くのサプライズだったのです。というより、かなり前に予約を入れたため、ワニータ本人も前日まですっかり忘れていたそう(笑)。
私が占い好きとは知らずして、私の分も当然のごとく予約を入れていたところがスゴイ。さらにこの占い師さん、本来はクリスマス期間は予約を受けないそうですが、ワニータのご家族が懇意にしているとのことで、私たちだけ特別に見てくださいました。

「ティーリーフ占い」というのはアイルランドでもあり、実は以前にダブリンでも行ったことがあります。
カップに注いでもらったティー(ダブリンでは紅茶でしたが、P.E.I.では色の薄いティーでした)を飲み、残った茶葉の形で未来を見ていく…というもの。
アイルランドやスコットランドからの移民の子孫が大半を占めるP.E.I.ですから、このような伝統習慣は当然、海を越えてこちらから伝わったものを思われます。

ワニータは過去に2度ほど、3~4年の間を置いて見てもらったことがあるとのこと。
紙とペンを渡されるので、同伴者、もしくは自分自身で言われた内容を書き留めておくのですが、彼女いわく、その時はピンとこなかったことも、数年度に紙を見返すとたいて当たっているのだそうです。

幻想的な外の景色も手伝ってか、ドキドキわくわくしてお宅へうかがうと、この占い師さんがこれまた強烈に面白い人で、見てもらっている間も笑いが絶えない(笑)。
カップの中の茶葉は、いろいろな形を見せてくれてました。例えば私のカップには「カメ」が現れたのですが、物事を急ぎすぎるきらいがあるので、もっと辛抱強く、ゆっくりと事を進めなさい…という意味だそうです。(←その通り。当たってます…笑)
ワニータのカップには「蝶」が現れ、大きな幸運のシンボルだそう。

ティーリーフを中心に、西洋占星術、数秘術、手相を組み合わせてみるのが、この占い師さんのスタイルのようでした。
内容は細かく、かなり長い時間を割いてみてくださいました。近い将来の旅行や引っ越しの予定、仕事のこと、健康のこと、将来子供が何人、孫が何人出来るか(!)といったこと、結婚相手の風貌、そして、な、なんと、その人の名前のイニシャルまでカップの中に現れた!(いずれも今ここでは、とてもお話し出来ませんけど…笑)

…で、この占い、なんだか当たるような気がしています。なぜか。
今はえ~そんなことないでしょ、と思うようなことも含めて、その時が来たらそうなる…そんな気がします。どうしてそう思うのか、自分でもよくわかりませんが。
それは私が旅行者で、非日常に身を置いていたためそんな気がしたのかもしれませんし、もしくはプリンス・エドワード島という土地そのものが持つ「気」が、アイルランドと同じように私に合っていたから…かもしれません。

総じて私もワニータも、2011年は楽しく良い年になるとのこと。
ワニータが書き留めてくれた私の「未来」を読み返しながら、「カメ」のごとくゆっくりと、事が起こるのを楽しみに待ちたいと思います♪

P.E.I.でのクリスマスの出来事で、ブログ上でお話ししたいことは以上です。長々と読んでくださり、ありがとうございました。
ワニータはすでに、次のアイルランド訪問の予定を立てています。ご家族の他のメンバーも、今年中にやって来る様子。私もおそらく、近いうちにまたお邪魔させていただくことでしょう。
縁があるとは、こういうことなんですね。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

23年前の「私」に対面(PEIのクリスマス・4)

プリンス・エドワード島(P.E.I.)でのクリスマス・ホリデーの間、私の過去や未来を象徴するような興味深い出来事がいくつかありました。

ひとつは、20年前の「私」と思いがけず対面したこと。
もとはペンパルだった私たち。(過去ブログ:アイリッシュだった…私のペンフレンド!)ワニータ(Juanita)がここにあるはず…とベッドの下を探ったら、「Naoko箱」が出てきて、ふたを開けるとそこにはティーンエージャーの頃に私が書いた手紙の束がどっさり入っていました。

letterstojuanita1
まるで昨日届いたかのように、きれいに保存されていた手紙たち。ワニータ、ありがとう!

手紙と一緒に送った写真や、小さなプレゼントまで全て、そこにありました。
折り紙の日本人形が付いた和紙のしおりのセット(きっと修学旅行のお土産)、手作りの高山植物の標本(自分で採集して貼り付けて、植物の名前がすべて日本語と英語で記してあった!全く記憶にないのですが…)、自分では写りがいいと思っていた友人との写真(今見ると、どひゃ~って感じの髪型・笑)、切手も日本らしいものを…といろいろと工夫して記念切手を貼り付けてありました。
ある年のクリスマスカードを開けたら、いきなり「ジングルベル」が鳴り出し、びっくり。開けると音が鳴るカードありますよね、なんと20年経った今でも鳴るのです!

実は昔の自分の手紙を読むなんて、なんだか恥ずかしくてイヤだな~とちょっぴり思っていたのですが、読み始めてみると、それはそれは楽しく、不思議な体験でした。
自分が書いたものを読んでいる…というより、「昔私がよく知っていた、懐かしい女の子」と対面しているような感じ。そこにいるのは「私」というより、「私の中の原型」のような、なんだかとてつもなく愛おしく、懐かしい「誰か」だったのです。

letterstojuanita2
これがいちばん最初の手紙。日付は1987年7月29日。な、なんと、23年前…!言うと年がばれますが、私もワニータも当時はスウィート・シックスティーンでした…♪

「ディア・メアリー(ワニータはミドルネームを呼び名としているですが、最初の手紙ではそれを知らなかったため、ファーストネームで呼んでいます)、初めてお便りします…」で始まる、この23年前の手紙は、ある意味衝撃的でした。
まず、我ながら字がきれい。しかも、筆記体で書いている!(当時は外国人は皆、筆記体で書くもの…と思っていた・笑)簡単な英語ながら文法の誤りはほとんどなく、よく書けたね~、私…と、なんだか感心してしまいました(笑)。
そういえば当時は、間違いのないよう、一度ノートに全部下書きをしてから、便箋に清書していたように思います。

日付の古い順から徐々に読み進めていったのですが、「見て見て、○○だって~、ギャハハハ~」と2人で笑いが止まらず。手紙には、私たちがこの20年間全く思い出さなかったようなことが、本当にいろいろと書かれていたのです。
爆笑したのは、1988年のソウルオリンピックの話。カナダの陸上選手、ベン・ジョンソンのドーピング問題が発覚したことに対し、17歳の私が「カナダの皆さんに心から同情申し上げます」などと書いているのには、皆でのけぞって笑ってしまいました。
さらに、昭和天皇が病気になり、その病状が毎日TVで伝えられていること(ワニータはこれを読んで日本に天皇がいることを知ったそう)、水泳の大会で入賞しただのしないだの…といった日常のこと、ワニータが村のブルーベリー祭りで「ブルーベリー娘」に選ばれたことへの賛辞、大学への入学が決まり東京への引っ越し準備をしていること…などなど。
ワニータの日本へ行きたいがどこへ行くのがいいか、という質問に対して、「東京は都会で英語を話す人も多いため、日本語が上達しにくい。田舎に住めば皆が大事にしてくれ、英語も通じないため、日本語の上達が早いと思います!」などど真面目くさってアドバイスしているものもありました。(このあとワニータは英語の先生になり、実際に日本へやってくるのですが、その派遣先は鳥取県。私のアドバイスを身をもって体験したのでした…笑)

この頃、手紙の中でさかんに使われていたのが、付加疑問文。「~isn't it?」とか「~aren't you?」などと文の末尾に付けて「~でしょ?」と言う言い方。
これがこなれた英語である、と信じていた私は、出来るだけそれを使ってみたかったのでした(笑)。

1992年、大学3年生の時にワニータを訪ねてプリンス・エドワード島にやって来た私。
初めての海外で英語も上手に話せなかった私を、ワニータとご家族は本当に温かく迎えてくれ、夢のような2週間でした。その前後の手紙がこれまた興味深く、日本に戻って最初に出した手紙には、皆さんへのお礼の言葉と共にこんな一言が添えられていました。

「(実際にお会いしてみて)あなたのことが本当に好きになりました。それはあなたが、私の憧れのプリンス・エドワード島に住んでいるからではなく、ワニータだからです!」

と…。
これには思わず、ほろり。いかにも私が書きそ~な文章。昔も今も。20年前の「私がよく知っていた女の子」が、ワニータとの出会いをどれほどドラマチックにとらえていたか、それが痛いほど感じられて、またほろり。
さらにワニータの家族に読んで聞かせると、皆で口をそろえて「おぉぉ~」と叫んでから、ほろり、ほろり。
皆で泣き笑いした、ボクシング・デー(クリスマスの翌日)の出来事でした。

私も日本の実家に「Juanita箱」があります。もう何年も開いてみていないのですが、今度日本に帰った時には、ぜひとも発掘してみなくては。
いずれもEメールが普及する前の、古き良き時代の思い出です。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

雪のグリーンゲイブルズ(PEIのクリスマス・3)

cavendish14
18年ぶりのグリーンゲイブルズ訪問!(Cavendish, P.E.I.にて)

クリスマスの後、ストーム(雪吹雪)がやって来て、プリンス・エドワード島(P.E.I.)は一面本格的な雪景色となりました。
滞在も終わりに近づいた今日、やっとお天気が安定し、ワニータが車を運転してグリーンゲイブルズ(Green Gables)のあるキャベンディッシュ(Cavendish)へ連れて行ってくれました。

cavendish1
刺さったら大変なことになりそうな…大きなつらら!グリーンゲイブルズ向かいの納屋にて

cavendish2
冬場はクローズしているグリーンゲイブルズですが、建物前の道はちゃんと除雪されており、クリスマスの飾り付けもされていました

cavendish16
これが『赤毛のアン』のモデルとなった家、グリーンゲイブルズ!

すべてはここから始まった…と言ってもいいくらい、私の人生の原点となった『赤毛のアン』。
子供の頃からそれこそ暗記するほどに何度となく読み返し、小説の舞台となったP.E.I.に憧れて育ち、いつか島を訪れたくて英語を勉強し、お金を貯め、島の女の子と友達になり(それがワニータ)、18年前についに島へやって来て…。そんなふうにして大人になり、そこから世界がどんどん広がっていったように思います。
そして当時は知りえなかったことですが、ワニータを含め、P.E.I.の多くの人たちの「故郷」であるアイルランドに将来暮らすことになるとは、縁というのはなんとも不思議なものです。

18年前に私が来た時とは変わって、今はビジターセンターが出来たり、向かいがゴルフ場になったりしているグリンゲイブルズ周辺ですが、幸い雪に覆われてそういったものはほとんど目につかず。
私たちの他には誰もいない、ひっそりと静かなグリンゲイブルズを目にしていると、小説の中の冬の場面が次々に思い出されてきました。
(アンの腹心の友・ダイアナの妹ミニイメイが喉頭炎にかかり、凍てつく中を2人がかけていく場面…とか。笑)

cavendish4
家の裏の除雪されていない場所では、こんなに雪が積もっていました。多分、15センチくらい?

グリーンゲイブルズの裏手には小説の中にも登場する「おばけの森」があり、雪がかなり深かったのですが、少し歩いてみることに。

cavendish5
なんとも幻想的

cavendish6
すっかりお気に入りとなったカナダ印のキャップと手袋。このキャップ、赤い三つ編みが垂れているので、気分はすっかり「赤毛のアン」です♪

cavendish7
森の奥を流れる小川。一部凍っていました

実はこの「おばけの森」で、18年前、私とワニータは木の幹に2人の名前を刻みました。当時は国立公園ではなかったし、少女らしいロマンチックな気持ちからしたのですが、今ではなんと常識のないことを…と2人とも後悔しています。
一体どの木に刻んだのか、今となっては探しようもありませんが、幹が育って消えていることを願うばかり…!

グリンゲイブルズ周辺には『赤毛のアン』の作者ルーシー・モード・モンゴメリ(L.M. Montgomery, 1874 – 1942)ゆかりの地がたくさんあります。
育った家の跡地、育ての親となった祖父母が経営していた郵便局、彼女がオルガンを弾いていた教会など。モンゴメリのお墓もキャベンディッシュの墓地にあります。

cavendish8
雪に埋もれそうになりながらもお墓の前まで行き、18年ぶりにお参りさせていただきました。墓石の両側の木にはちゃんと雪よけがされていました

cavendish10
郵便局近くで見かけたキツネ。この辺りは観光客が多いため、人慣れしている様子。きっとお腹をすかしているのでしょう、モンゴメリのご子孫で、現在彼女の育った家跡などを管理しておられるジョン・マクニール(John Macneill)さんが通りがかりに餌をあげていました

cavendish13
キャベンディッシュの海岸。モンゴメリの小説や日記にしばしば登場します。今日はものすごい強風で、写真を取りながら吹き飛ばされそうでした

モンゴメリの小説、特にアン以降の作品や別の少女を主人公としたシリーズには、アイルランドやケルト的な要素がしばしば登場します。
アイルランドと関わるようになってからというもの、作品の中のそういった部分に目がいくようになりました。アイルランド人のばあや(アイルランドの城に奉公していた)や神父さんが出てきたり、ゲール語やドルイドなどに話が及んだり。

次は18年後…と言わずに、それほど間をあけずにまた戻って来たいものです。
前回は夏、今回は冬のグリーンゲイブルズでしたので、次回はできればリンゴの花の咲く頃にでも…♪

cavendish11
キャベンディッシュからの帰り道。ノースラスティコ(North Rustic)の灯台

cavendish12
さすがアトランティック・カナダ。ロブスター・バーガーです!

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

やっぱり「アイルランド系」なワニータご一家(PEIのクリスマス・2)

xmaspei8
P.E.I.の海岸にて。赤い土が印象的(St. Peters近くにて)

プリンス・エドワード島(P.E.I.)のクリスマスは、今年は珍しくグリーン・クリスマス。
クリスマスの日にちょっぴり雪が積もりましたが、すぐに溶けてしまいました。

寒い時にはマイナス30度にもなり得るというP.E.I.ですが、今年はなんだかアイルランドと気候が入れ違ってしまったかのようです。(アイルランドではクリスマス前まで雪の日が続き、フライトのキャンセルが相次いだため、6万人がクリスマス帰省難民となったそうです…!)

xmaspei7
クリスマスの朝。ワニータ(Juanita)のご実家の農場にて

ここ数日、クリスマス・ツリーの飾りつけに始まり、イヴの夜の教会でのミサ、深夜のご親戚宅でのサパー(クラム・チャウダーとロブスターのオープン・サンドという、アトランティック・カナダのクリスマスらしいメニュー!)、クリスマス当日のディナー、プレゼントのオープン…と、ご家族での心温まるひとときをご一緒に過ごさせていただいています。

xmaspei3
ワニータのお兄さんご夫妻が焼いたロースト・ターキー。皮と肉との間に特別な詰め物をして、一晩おいてから焼いたそう

xmaspei4
ご家族みんなでクリスマス・ディナー。ターキーの付け合せはマッシュポテト、にんじん、パースニップ、ブロッコリー…と、アイルランドの食事とよく似ています

xmaspei5
ワニータの叔母さんが焼いたプラム・プディング。ターキーもプディングもうなるほどのおいしさ

xmaspei6
今年のサンタはワニータ。ツリーの下のプレゼントをみんなに配ります。私も思いがけずたくさんのプレゼントをいただき、皆さんのお心遣いに思わず涙してしまいました

ワニータのご実家は酪農を営む堅実な農家。一見、伝統的で堅苦しくも見えるのですが、そこはやはりアイルランド系、実はすごく面白い人たちなのです。
家族内でのさまざまな可笑しなエピソードに始まり、ずっこけな失敗、突っ込みどころ満載の会話やジョークなどなど、これ以上笑ったらしわが増えるのではないか…と心配になるくらい、毎日お腹をかかえて笑ってばかり。

xmaspei2
5月のアイルランド訪問時に買った一族の家紋(左)とご先祖の出身地ウェクスフォードの紋章(右)。ワニータのお父さんはご自身のルーツを誇りにしており、ことあるごとにご先祖やアイルランドの話をしています

アイルランドから移民して数世代たっているにも関わらず、ワニータのお父さんのボブの話し方はアイルランド訛り。ワニータのお母さんの尻上がりの話し方も、アイルランドの田舎の人の訛りによく似ています。
ワニータとそのご兄弟は、お父さんが歌うアイルランド民謡(「ゴールウェイベイ」とか「ティペラリーへの道遠し」など)を聞いて育ったそうです。
ご家庭でいただくお料理や焼き菓子も、アイルランドで出てきてもおかしくないようなものばかりですし、海からの湿気を含んだ風の感じもアイルランドの沿岸部とよく似ています。

ちなみに私は、ワニータのご親戚やお知り合いに会う度、「ナオコはアイルランドから来たのよ~」と紹介されるのですが、皆さんノリが良く、「まあ、どこから見てもアイリッシュ・ガールね!」とか、「唇に何かついているのはブラ―二―城(キスをすると雄弁になれるという伝説のある城)のかけらだね~」などと返してくれます(笑)。

xmaspei10
クリスマス翌日の今日は海岸へ散歩に出ました。プレゼントにいただいたカナダ印の帽子と手袋を早速身に着けて…

xmaspei9
ワニータの家の厩舎にて。牛はエアシャーという種類の乳牛です

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報

P.E.I.からメリー・クリスマス!(PEIのクリスマス・1)

カナダ東海岸のセントローレンス湾に浮かぶ小さな島、プリンス・エドワード島(P.E.I.)に来ています。
私の20年来の友人・アイルランド系カナダ人のワニータ(Juanita)とそのご家族と共にクリスマスを過ごすためにやって来ました。
(過去ブログ→アイリッシュだった…私のペンフレンド!ワニータのご先祖の城を訪ねて

P.E.I.は、私の海外とのつながりの原点ともいえる場所。18年前の夏、当時はペンフレンドだったワニータを訪ねて、初めて海外へやって来た場所でもあります。

家族で過ごす特別な時にご招待くださったワニータとご家族に感謝しながら、楽しいクリスマスを満喫したいと思います。
皆さんもそれぞれの場所で、ハッピーなクリスマスをお過ごしくださいね!

Nolliag Shona Duit!

xmaspei1
ベイリーズを飲みながら、クリスマス・ツリーの飾りつけ…♪

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:海外情報