ナオコガイドのアイルランド日記

観光ガイドによるアイルランド生活・旅情報

ウシを食べながら『ケルズの書』作成?

今日は語学研修にいたらした学生さんグループのご案内。
トリニティー・カレッジ(Trinity College, Dublin2)で教授のジョーさんにキャンパス・ツアーをご案内いただきました。

studentstourtrinitywithjoe02172
雨交じりの寒い日でしたが、皆さん英語のガイディングに真剣に耳を傾けていました

普段自分がガイドする側なので、別の人のガイディングを聞くチャンスはあまりなく、時々こういう機会をいただくととてもよい勉強になります。同じインフォメーションでもこういう表現があったのか、と感心したり、すっかり知り尽くしている思っていた場所でも必ず新たな発見が。

ジョーさんの話で印象に残ったのは、『ケルズの書』がどのくらいかかって作成されたか、ということ。680ページもある『ケルズの書』が何年かかって書かれたか…という正確な記録はないので、筆跡とか、絵のタッチなどから書き手が何人くらいいたのか?などが推測基準になると、以前に専門家の方からうかがったことがあります。

ところが今日の話に出てきたのは、ウシを食べる速度が関係するということ。『ケルズの書』に使用されている紙は子牛の皮をなめして作られたベラム紙。食べた牛の皮をなめすわけですから、当時修道院にいったい何人いたのか、一頭の子牛をそうそう毎日食べられるものでもなく、ウシも生まれる頭数に限りがあるわけで…。
と考えていくと、何年、何十年もかけて作成されたのだろうなと推測されるわけです。
「あ~、顔料も準備出来ちゃったし、書く気満々なんだけど、子牛が生まれる春までまで待たなきゃな~」なんてこともあったのかも?(笑)
これまでその視点から考えてみたことがなかったので、とても面白いな~と気に入ってしまいました。

bookofkellspublicdomain
今、『ケルズの書』はこのページが開かれています。4人の福音記者が描かれた、書を代表する美しいページです

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

ゆみ子&ナオコのグルメトリップ!

yumikonaokobrooklodge0217
松井ゆみ子さん(右)とご一緒に。今回の旅では写真撮り忘れたので、先月ご一緒したウィックロウのブルックロッジ(Brooklodge, Co. Wicklow)で撮ったもの

週末の3日間、アイルランド本の追加撮影のため南部&南西部へ行っていました。
2泊3日の旅のお供は、公私ともにお世話になっているアイルランド&フード・ライター、フォトグラファーとして幅広くご活躍中の松井ゆみ子さん。(→過去のゆみ子さん関連ブログ:松井ゆみ子さんのアイルランド料理本の決定版!

風景写真は気候のいい時期に撮りためておいたので、撮影はほとんどが宿、レストラン、ショップ。
とっても楽しい珍道中だったのですが、まあそれにしてもよく食べたこと!実はおとといの夜帰宅してから、食べ過ぎなのか何のか久しぶりにお腹が痛くなってしまい、昨日は1日食べ物写真を見ることもできませんでした(笑)。

やっと復活したので、本の原稿も書き進めなくてはならないのですが、せめてこの3日間で食べたものだけでも並べてみたいと思います。

yumikonaokogroumettrip02174
バナナ入りスコーン。本当にはあまりスコーン好きではないのですが、これは別モノ、別腹でした!キンセールのJo's Cafe and Roomにて

yumikonaokogroumettrip02177
ミシュラン・スターのレストランで5コースのテイスティングメニュー。メインはカモ肉だったのですが、ここへ来たら絶対に食べたい!と思っていた「マクグラスさんのブラック・アンガス・ビーフ」に変えてもらいました。洗練されすぎていて、ビーフじゃないみたいにトロトロ…。アードモアのCliff House Hotelにて

yumikonaokogroumettrip02178
このブレックファースト・サンドについては、あまりに感激したので今度あらためて書きますが、写真だけ。アードモアからコークへ向かう国道沿いで見つけたトラック運転手御用達のJJ's Truck Stopというスゴイ店。ベーコン、ソーセージ、目玉焼きがウォーターフォード名物のブラー(Blaa)というふかふかパンにはさまれています!

yumikonaokogroumettrip02179
店構えはこんな感じ!一度通り過ぎたのに、ゆみ子さんと2人、数少ない言葉で同意して速攻、Uターン。実はCliff Houseで朝食食べたあとだったのですが…食べちゃいました!

yumikonaokogroumettrip021712
そしてコークのイングリッシュ・マーケットのFarmgateへ。ラム・シチューおいしかった~。写真奥に映っている牡蠣はゆみ子さんのですが、もちろんいくつかいただきました♪

yumikonaokogroumettrip021710
Farmgateで、いえ、今回の旅で私がいちばん楽しみにしていたのが、ここのブレッドアンドバタープディング。最近おしゃれなレストランでは、ぎゅっと型押しして四角くしてしまっていることが多いのですが、ここのはパンのテキスチャーがちゃんと残っている昔ながらの作り方。カラメルソースとか、生クリームではなく、ちゃんとカスタードソースなのもうれしく、しかもそれが上からかかっていなくて、カスタードにプディングを浮かせているのが気が利いています。そういえば、ゆみ子さんに「食べますか?」とひと言も声をかけずに、ひとりかかえて食べたような…

yumikonaokogroumettrip02176
この夜はお目当てのレストランがクローズで夕食なし。写真撮影できず困りましたが、もう食べられなかったのでよかったかも。代わりにパブでジン・アンド・トニック。ディングルのお気に入りパブ、Dick Mack'sにて。ジンはもちろん今話題のディングル産ジンです

yumikonaokogroumettrip0217
翌朝は久しぶりにフル・アイリッシュブレックファースト。ディングルのQuayside B&Bにて

yumikonaokogroumettrip02172
ディングルに来たらこれだけは外せない!Murphy's Icecreamにて新フレーバーのチョコレート・シャーベットを。ほろ苦いダークチョコレート味で、濃厚なのにさっぱり。しばらくマイ・ブームになりそう

yumikonaokogroumettrip02173
ディングル・タウンで新開拓したAdam's Barにて。パブなのに、昼間はカフェみたいなスポット。これはゆみ子さんチョイスのスカンピ(エビ)・アンド・チップスです。衣がカリカリでおいしかった~

yumikonaokogroumettrip021711
ディングルのしめくくりはBean in Dingleのスキニー・ラテで。オーナーのジャスティン自らいれてくれたおいしいコーヒーで旅のしめくくり♪

…と、これだけ並べただけでもよく食べた(笑)。
実はゆみ子さんも私と同じく「買い食い」好きと知り、意気投合。ぺトロール・ステーションとか、コンビニとか寄ると、ついつい何か買って食べたくなってしまうのは私だけではなかった!
コンビニのデニッシュ、ハッシュブラウン、スーパーマックのチキン・ブレスト・バーガーなど、写真には撮っていないモロモロのジャンク・フードも楽しんだのでした!

こんな超強行・食い倒れの旅にお付き合いくださったゆみ子さん、ありがとうございました。

yumikonaokogroumettrip0217conorpass0217
いつもながらよく走ってくれた私の愛車「トラクター(←緑色&小さいのにディーゼル・エンジン大ですごい音がすることから、友人たちにそう呼ばれています)」君にも感謝!雪山をのぞむ絶景コナー・パス(Connor Pass, Co. Kerry)にて

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

22年が経ちました...!

アイルランドのイベント/セミナーで東京に滞在中、かつて添乗員としてお仕事させていただいた、(株)ユーラシア旅行社のオフィスへ久しぶりにうかがいました。

新卒で入社してから6年間、お世話になっていた会社。ユーラシアのお客様をご案内して、世界60数か国を歩かせていただきました。
添乗日数1100余日。私の人生のかけがえのない一部分であると共に、この時の経験がその後のアイルランドでのガイド人生に大いに役立つことになったのでした。

数年ぶりにオフィスを訪ねると、懐かしい顔ぶれが。当時お世話になった先輩や同期、後輩の皆さんが、お忙しい中時間を作ってランチタイムをご一緒してくださいました。感激♪

eurasiareunion1216
まるで女子会のごとく(笑)。ユーラシアの皆さん行きつけの四川飯店にてランチ、楽しかった~!

私がユーラシアに新卒で入社したのは、かれこれ22年前。右も左もわからなかった新人の私を教育して一人前にしてくれたこの会社には、今もって特別な想いがあります。
当時の私を知る皆さんに会うと、長い年月をいっきタイムスリップしてさまざまな思い出がよみがえってきます。今でこそ笑える入社当時のスパルタ教育ぶり、添乗員時代の失敗談、びっくり&珍事件の数々…(笑)。

私が入社した頃のユーラシア旅行社は、社員の大半が20代という若い会社でした。まるで大学の体育会系サークルのようなノリがあって、朝から晩までみんな本当によく働いていたものです。
ちょうど会社が大きく伸びていく時期だったのでしょう。年末年始のツアーが予想以上に数多く催行してしまい、旅のしおり作りが追い付かない!当時はコピーして、製本して、ホッチキスで止めて、封筒につめて、切手を貼って…とすべて手作業だったので、とにかく時間がかかったのです。徹夜で作業して、休日の朝にようやく作業終了。社長から「朝食にステーキを食べて帰っていいぞ~!」と電話が入り、大喜びでご馳走になったものでした。懐かしい(笑)。

そんなユーラシア旅行社も、今や旅行業界では4社しかない株式上場企業に成長。海外旅行に加え、近年は国内旅行の取り扱いも。ユニークで魅力的な企画を次々に生み出しています。

入社当時、社長や部長にしばしば言われたこと、「お客様は一生に一度しかその地へ行くことはない」。だからこそ、一生に一度の忘れ得ぬ思い出を作って差し上げなさい、ということですね。
添乗駆け出しの頃は、頭の中でいつもこの言葉をつぶやきながらお客様と接していました。お客様の一生に一度の瞬間をかけがえのないものにして差し上げたい。ユーラシア仕込みのこのマインドが、そのまま現在のガイディングのスタイルになっているといっても過言ではありません。

私が添乗をしていた90年代後半は、9・11のテロ事件以前の、世界が平和でおおらかな時代でした。ペルーが解禁になり、ミャンマーが民営化され、カンボジア、レバノン、クロアチア…と当時はまだまだ「未知」だった国へ次々行けるようになった時代。解禁後初のツアーに行かせていただき、現地で大歓迎を受けたりしたものでした。
旅先での不便も多かったですが、それも旅の醍醐味…と楽しめる余裕もあり、良い時に世界を歩かせていただいたと思っています。

22年の月日を超えて、旅の在り方もずい分と変わりました。それでも確実に言えることは、私もユーラシア旅行社も今だ健在(笑)、旅するお客様がいらっしゃる限り、ご案内を続けさせていただいているということ。
久しぶりにユーラシアの皆さんをお訪ねして、旅行業の現場に初めて降り立った22年前の初々しい気持ちが思い出されて、なんとも嬉しく懐かしい気持ちになったのでした。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

メイド・イン・アイルランドの乗馬用サドル

alanssaddleinjapan2
日本国内の馬場にてメイド・イン・アイルランドのサドルご愛用中のお客様

今年の夏、乗馬をご趣味にされているお客様より、馬の本場アイルランドの馬具屋さんをのぞいてみたい!とのご希望をいただき、旅の途中でお連れしたことがありました。

競走馬・種牡馬の産地として世界的に知られるアイルランドは、馬との関わりにおいて長い伝統のある国。
小さな工房で情熱を持ってサドル(鞍)作りに取り組む馬具職人さんと良い出会いがあり、心を動かされたお客様は、旅の記念に…とその場でサドルをオーダーメイドされたのでした。
その時のブログがこちらです。→バリナスローの小さな馬具屋さん、シアーシャ・サドラリー

あれから数か月経って、注文したサドルがついに完成。お客様のお手元に無事に届いたとのこと、お写真を添えてご報告くださいました。(写真はお客様の許可を得て紹介させていただいています)

alanssaddleinjapan
お客様に合わせて手作りされた美しいサドル。写真では色が見にくいのですが、サドルの縁取りのパイピングはこだわりのアイリッシュ・グリーン

オーダーメイドのサドルを作ってもらうには、乗り手であるお客様のサイズはもちろん、馬のサイズも測らなくてはなりません。馬を測る専用キットがあって、帰国後そのキットでお客様の馬を測定していただき、ようやく作成開始。世界にたったひとつのサドルがついに出来上がりました。

デザインも乗り心地も抜群とのこと。メイド・イン・アイルランドの美しいサドルが日本の大地でも活躍するとは、嬉しい限りです。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

キルト作家・若山雅子先生のアイルランド手仕事体験ツアー

ardbiaknittingworkshop10165
アラン・ニットのワークショップにて

今回添乗員の森部さんが率いて来て下さったグループさんは、クリブキルト作家としてご活躍中の若山雅子先生と、お教室の皆さん。(若山雅子先生オフィシャルHP
ツアー中にアイルランドの手仕事を体験されたのですが、昨日はゴールウェイにてアラン・ニットの講習会。地元の老舗ニットウェア・ショップ、オモーリャ(O'Maille)のオーナーで、自らもベテランのニッターであるアン・オモーリャ(Anne O'Maille)さんを講師にお呼びし、アラン編みを伝授していただきました

ardbiaknittingworkshop10162
手仕事は得意中の得意の皆さん。ニッティングもお手のもの…でした

ardbiaknittingworkshop1016
真剣に取り組む皆さん。普段から手先を使っておられる皆さん、やはり習得が速いです

約2時間半の講習会。23名に対して講師はアン先生ひとりなので、お一人お一人のところへまわっていくのに時間がかかることもあったのですが、皆さん辛抱強く、お互いにヘルプしながら楽しくニッティング。
その様子を見てアン先生はとても感激され、「日本人はどうしてあんなに辛抱強くて親切なの?素晴らしいわ!」を連発しておられました。これは日本人の良いところでもありますが、若山先生とご参加の皆さんのお人柄ですね。

このアラン・ニットの講習会をオーガナイズさせていただくのは、2年前に続いて2度目。(前回の過去ブログ:アランニットの本場にて編み物体験ワークショップ
前回同様、ゴールウェイで人気のカフェ・レストラン、アードビア(Ard Bia at Nimmos, Glaway)でお部屋をお借りして行いましたが、地元のニット教室みたいでとっても良い雰囲気でした。
そして、ワークショップに続いて、アード・ビアのおいしいランチ♪

ardbiaknittingworkshop10164
スモーク・フィッシュ・ボード。スモーク・サーモン、スモークさばとサラダのコンビネーション

ardbiaknittingworkshop10163
ワークショップ用にアン先生のショップで選んだカラフルな糸は皆さん、お土産にいただいて帰りました

若山先生のグループさんは、アラン・ニットの他にクロシェ編みの講習会も体験されました。
こちらはアイリッシュ・クロシェ歴40年のアン・グリーン先生(Anne Green)を講師にお呼びして、数日前に行わせていただきました。

crocheworkshop20162
皆さんの席をまわって指導してくださるアン先生

crocheworkshop2016
クロシェ編み講習会終了後、皆さん笑顔で記念撮影

クロシェ編みの講習会も過去数回させていただいています。(過去ブログ:アイルランドのクロシェ編み講習会
ご案内させていただく度に、あんなふうに手が動いたらいいな~と毎回触発されて私もちょっとやってみるのですが、そのたびに挫折(笑)。今回も皆さんの見事なニードルワークを見て感嘆しきりでした。

今回の若山先生の旅のご様子は、先生ご自身のブログにきれいな写真入りでつづられています。クロシェ編み、アラン・ニット両講習会の様子も詳しく書いてくださっています♪
➡若山雅子先生のブログ
クリブツアー アイルランド&ロンドン1(クロシェ編みワークショップ)
クリブツアー アイルランド&ロンドン2(アラン諸島へ)
クリブツアー アイルランド&ロンドン3(アラン・ニット ワークショップ)
クリブツアー アイルランド&ロンドン4(ダブリン観光)


テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

添乗員の森部さんと4度目のツアー

今回ご一緒にお仕事させていただいているのは、ケイライン・トラベルの人気添乗員の森部さん。
森部さんとの出会いはかれこれ7年前。キルトのネクタイがきっかけでご縁がつながり(詳しくはこちら➡添乗員の森部さん)、これでツアーをご一緒させていただくのはかれこれ4度目となりました。
★森部さんとの過去ブログ:添乗員の森部さん…と3年ぶりにイニシュモア島へ(2012年)、添乗員の森部さん・・・と3度目のツアー(2014年)

moribesan2016
すっかり恒例となった、崖の名所ドゥーンエンガス(Dun Aengus, Inismor, Aran Islands, Co. Galway)で記念撮影。高所恐怖症気味の森部さん、ちょっと怖そう(笑)

森部さんの豊富な添乗経験とお人柄に惹かれて参加されるリピーターさんは数多く、いつも和気あいあいと楽しくご一緒させていただいています。

晴れ男の森部さんのおかげで、今回も毎日晴天。今日はゴールウェイにいたのですが、天気予報に反して持ちこたえ、私たちがバスに乗って出発しようとしたら降り出しました。ベテラン添乗員さんはお天気までコントロールできます(笑)。
明日でツアーも終了ですが、森部さんとの5度目のツアーはそれほど間をあけずに実現しそうです♪

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

秋の空に輝く虹

このところ素晴らしい秋の日が続いています。
気持ちの良い秋晴れの合間に、ざぁ~とにわか雨が降り、また光が出て緑をキラキラ照らす様子がなんとも美しく、まるで自然の大舞台で演じられるエンターテインメントを眺めているかのよう。

昨日から周遊ツアーが始まり、今日は内陸部の田舎道を移動。青空に急に雨が落ちてきたので、虹が出るかな…と思って見回してみると、すでに背後に大きなレインボー・アーチがかかっていました。

rainbow1016
車窓からなんとか撮影。端から端まできれいな弧を描いていましたが、バスの後方に出ていたので半分しか撮れませんでした。ダブル・レインボーです!

お客様も皆、車内で大歓声。秋のアイルランドは美しく、ドラマチックです♪

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

毎日働いた8月

昨日の朝コークでツアーが終了して、同日に次のツアーが開始してベルファーストへ。
昨日はキラーニー→コーク→ダブリン→ベルファーストと移動して、今日はベルファースト→アントリム海岸→ゴールウェイまでやって来ました。この2日間でアイルランドをほぼ4分の3周したことになります(笑)。

ふと気つけばもう9月。今年の8月は殺人的な忙しさで、一か月間1日も休みなく仕事させていただきました。
アイルランドでガイド業を始めて15年。過去に一か月連続で仕事をした月があっただろうか?…と思って記録を見てみると、最長でも28日間。31日間全部仕事したのは、この8月が初めてでした!

この、ツアーからツアーへとスーツケースを持ったままで移動していく感じは、なんだか2000年代初め頃の忙しさに似ている…と思って過去の記録を見てみると、やはり28日間連続して働いたような忙しい7月・8月は、2001~2006年の間に集中していました。
これだけ連日だと疲れた感覚もなくなり、毎日ほとんど無感覚で仕事に集中。立ち止まらず走り続けていると身体がそれに慣れてしまって、今さら立ち止まる方が疲れが出そう…な感じです(笑)。

いずれにしても週明けにはひと段落して、「立ち止まる」瞬間がやってきます。
止まり方をすっかり忘れてしまったので、思い切り急ブレーキかけないと止まれないかも…笑。

antrimbluesky0916
牧草地を照らす朝のブルースカイ。アントリム海岸近くにて

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

秋の気配…ベルファーストへ移動中

今晩より始まる周遊ツアーのご案内で、列車にてベルファーストへ移動中。今日は車内のWifiの調子が良く、仕事がスイスイ進んで嬉しいです。(Wifiが途切れ途切れでうまくつながない時もあるのです)

traintobelfast08161
窓の外は浮雲ときれいな青空♪

アイルランドはそろそろ秋の気配。この時期のアイルランドは、ひと雨降ってまた晴れて…を繰り返しながら少しづつ気温が下がっていきます。
今日は日中20度まで気温が上がる素晴らしい陽気ですが、空気の中にはどこかピリリとした清涼感があり、日差しも明らかに夏のそれとは違う。子供の頃の秋の運動会を思わせるような、すがすがしい陽気です。

今日の車内は、ベルファーストで行われる野外フェスへ出かける若者たちで大賑わい。
缶ビール片手にわいわいガヤガヤ、今夜はレッドホットチリペッパーズがステージに登場するらしく、すでに音楽をガンガンにかけて大合唱。まるでお祭り列車のごとく、みんなとっても楽しそうです。
車掌さんは親切に若者たちに降車駅の説明をして回り、車内清掃係りのおばさんは「レッドホットチリペイパーズはこちらへ~」と踊りながらゴミ集めしています。(ペッパーズとペイパーズ=「紙くず」をかけている・笑)

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

仲良しファミリーさま、ジャイアンツコーズウェイにて

shindogiantscauseway0816
ジャイアンツコーズウェイの「パイプオルガン」で、セミのポーズを決めるご家族さま

このところ、ご家族旅行のお客様をご案内させていただくことが以前にまして多いような気がします。
ハワイ、グァムではなく、さらにはロンドン、パリではなく、アイルランドまでファミリーで来て下さる方が多くなっているということですね。

そんなプライベートなファミリー・トリップにいらっしゃるご家族は、当然ですが皆さん仲良し。
ここ2日間ほどご案内させていただいたご家族はチームワーク抜群で、三人三様なのにまとまりがいい。記念写真を撮るときには誰からともなくポーズし始めて、組体操みたいに3人のポーズが自然に決まるので、見ていて感激しました(笑)。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記