ナオコガイドのアイルランド日記

観光ガイドによるアイルランド生活・旅情報

2015年 W.B.イエーツ生誕150周年

yeatsstatuesligo
スライゴ・タウンのイエーツ像。全身に自身の詩の文句をまとっています!(2014年6月撮影)

来年2015年はアイルランドの国民的詩人・劇作家で、1923年にアイルランド人として初めてノーベル文学賞を受賞したW.B.イエーツ(William Butler Yeats, 1865 - 1939)の生誕150周年。
イエーツゆかりの地スライゴ(Sligo, Co. Sligo)を中心に、年間通してさまざまな催しが企画されつつあります。

オフィシャル・ウェブサイト→Yeats2015

イベントの内容は多岐にわたり、展示、コンサート、朗読会、詩作コンテスト、レクチャー、寸劇/演劇など。スライゴを中心に、ちょっとしたイエーツ・ブームが起こりそうです。

特別なイベントに参加するのが難しい場合でも、2015年、とくかくスライゴに来ればイエーツ生誕祭の雰囲気を味わえる・・・というありがたい企画もあり。
今のところ決まっているのは、スライゴ・タウンの名物パブ、ハーガドン(Hargadon’s pub)で毎日行わるイエーツの詩の朗読会。パブの店内で、毎日日替わりでイエーツの詩を皆で朗読しましょう、という誰でもふらりと立ち寄って参加出来るイベントで、2015年を通して毎日午後1時に行われるそうです。
Yeats at One

作品やその功績のみならず、その生涯や人物としても大変興味深いイエーツ。ツアーのお客様をゆかりの地周辺にご案内するときは、これでもか!というくらいイエーツの話をさせていただくのですが(笑)、2015年は私自身のイエーツ熱にも拍車がかかりそう。
スライゴ周辺の美しくユニークな景観の多くがイエーツの詩作の舞台となっているので、ガイディングにイエーツ話は必須。2015年は私にとっても、さらにイエーツの詩を読みこんだり、知識を深めるいいチャンスになりそうです。

皆さんも来年アイルランドに来るときは、イエーツ関連のイベントをぜひチェックしてみてくださいね。

yeatspostcards
イエーツ終焉地のドラムクリフ(Drumcliff, Co. Sligo)のカフェ&ショップで見つけたポストカードのセット。イエーツが詠んだスライゴ周辺ゆかりの詩がきれいなイラストと共に書かれていて便利

※イエーツゆかりの地などに関する過去ブログ・・・イエーツが住んだバリリの塔イエーツの「さらわれた子ども」の地にてCast a cold eye on life, on death・・・(スライゴ研修4)WBイエーツと日本刀

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

スライゴ滞在中のウォーキング・コース(クリフォニー~マラグモア)

cliffoneytomullaghmore12144
冬のアウトドアには欠かせない長靴!ハンターの子供用、長さがちょうどいいので愛用しています(笑)

最近スライゴ(Co. Sligo)で過ごすことが多くなっています。
サーフィンし放題・・・と思いきや、12月に入ってからというもの波が大きすぎ&風向きがオンショアで、サーフスポットの目と鼻の先にいながらなかなかサーフィン出来ず。
家にこもってばかりもいられないので、近所をウォーキングしたり、サイクリングしたりしています。

よく行くウォーキングまたはサイクリング・コースは、クリフォニー(Cliffoney, Co. Sligo)からマラグモア(Mullaghmore, Co. Sligo)への道。
国道N15号線沿いのクリフォニーのビレッジにある、このパブが目印。パブから海の方へのびる小路がマラグモアへの裏道です。

cliffoneytomullaghmore12146
クリフォニーに2件あるパブのひとつ、O'Donnell's。海馬とサーファーのこの壁画は、数十年前のギネスのコマーシャルのひとコマです

cliffoneytomullaghmore1214
こんな道をせっせと歩くこと4キロ。舗装された平らな道なので、サイクリングに最適

途中で突風や雨に見舞われながらも、気温はそれほど低くないので歩いていると汗ばんでくるほど。
海からの強風に吹かれながらも、ゴース(エニシダ)の花が咲いていました。

cliffoneytomullaghmore12142
咲き残っているのか、早咲きなのか・・・。真冬でも牧草地の緑が枯れることのないアイルランドのマイルドな冬、花に遭遇することもあるのです

マラグモアに到着、半島を一周するとこれまた結構な距離なので、この日は半島の入口まで行って同じ道を戻ってきました。
往復で8キロのウォーキング。時間を見ていなかったのでどれくらいかかったかわかりませんが、なんだか半日ずっと歩いていたような気分(笑)。
サーフィンが出来ない日の、冬のアイルランド西海岸のアウトドアでした。

cliffoneytomullaghmore12145
マラグモア半島。ランドマークのクラッシーボウン城に光が当たって・・・

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

観測史上最大の大波

mullaghmorebigwave1312142
世紀の大波!マラグモア(Mullaghmore, Co. Sligo)にて

昨日のブラック・ウェンズデー(サーファーには「ビッグ・ウェンズデー」!)の大波ですが、北西部ドネゴール沖で観測史上最大の有義波15.7メートルを記録したそうです。

正午に大波到来とのことでしたので、時間を見計らってビッグ・ウェイブのメッカ、マラグモア(Mullaghmore, Co. Sligo)へ波の様子を見に行ってみると・・・。海が見えたとたん、そこは真っ白い大海原!
何マイルも先と思われるようなはるか沖から波が次々に押し寄せてきては、崖っぷちでぐちゃぐちゃになって砕けて続けていました。これまで見たことのないようなすごい光景です。

マラグモアの半島のループをひと回りドライブ。多く人がカメラ片手に波を見物に来ていました。
写真を撮ろうと車から一歩降りると、突風と波のしぶきで今にも吹き飛ばされそう。どうやら相当波しぶきを浴びたようで、家に戻って来て鏡を見ると顔のいたるところに塩が光ってキラキラしていました(笑)。

mullaghmorebigwave1312143
マラグモアのランドマーク、クラッシーボウン・キャッスル(Classiebawn Castle)に雲間から光が差してきれいでした

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

「ビッグ・ウェンズデー」がやって来る?

先週辺りからどうやら冬型の天候に突入したらしいアイルランド。北極やアイスランドから冷たい低気圧が近づいて来て、今夜から明日・あさってにかけて大西洋岸が大荒れになるという予報です。

この図は波予報でお馴染みのmagicseaweedというサイトの、明日12月10日(水)の予報図。アイルランド北西部に真っ黒い波ゾーンが接近しています。

bigwednesday101214
怪しげな真っ黒ゾーン、アイルランド北西部に接近中!

通常、ビッグウェイブが来る!とサーファーたちが沸き立つ場合でも、せいぜい赤~ピンク。黒は・・・これまで見たことがありません!

明日の正午に波のサイズは40フィート(12メートル)となり、木曜日の朝には80フィート(24メートル)になるのだとか。風も風速100キロを超えるような突風が吹き荒れるとか。
今世紀最大の嵐、ブラック・ウェンズデー・・・などと呼ばれ、気象庁、ライフボートからさかんに注意喚起が出ていますが、サーファーたちの間では有名なアメリカのサーフ映画にちなんで、「ビッグ・ウェンズデー」と呼ばれたりしています(笑)。
(60年代を舞台にした、水曜日にやって来るという世界最大の波「ビッグ・ウェンズデー」を待ちわびる若者たちのストーリー)

ただ残念なことに、風が完全にオンショアのため、今回の「ビックウェンズデー」にサーファーの姿を見ることはかなわないでしょう。
スライゴ近郊のマラクモア(Mullaghmore, Co. Sligo/2012年に49フィートの波をサーファーが制覇し、それ以来、大波のメッカとして知られるようになった場所)へほんの5分程・・・といったところに滞在しているので、風向きが変わったて、トウイン・サーフィンが行われるのを見られたらいいな・・・と思っていたのですが。
この様子だと、サーフィンどころか、波の見える場所へ近づくことすら出来ないかも(笑)。

すでに外は横殴りの強い雨がビュービュー吹いています。明日は一体、どんな「ビッグ・ウェンズデー」になるのやら。
アイルランド北西部におられる方がいらしたら、くれぐれも気をつけてくださいね。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

サンタに会いに・・・♪

12月になり、週末のダブリンはどこもかしこもパーティーで大賑わい。
昨晩はサーフ・クラブのクリスマス会だったのですが、帰宅するタクシーが拾えなくて30分うろうろ。雨が降っていないくて幸いでした(笑)。

一夜あけて今日はスライゴに来ています。
スライゴ空港にサンタが来ていると聞きつけて、いつもの双子ちゃん、ルビーとモリーを連れてサンタクロースに会いに行ってきました。(12月の日曜日のみ。有料。スライゴ空港は定期便が飛んでいないので、空港の建物をこのようなイベントに使用したりしています)

santahousesligo1215
ちょっぴり緊張気味だったルビーとモリーでしたが、サンタさんからお菓子をもらってにっこり♪

クリスマス前になると「サンタ・グロット(Santa Grotto)」なるものが各地に設置され、子供たちのクリスマス・ムードを盛り上げてくれます。
会話が必ず「ホーホーホー(Ho ho ho)」で終わるこのサンタさん、かなりホンモノっぽかったです(笑)。

《お詫び》 数日前にコメントをくださったnannさん、コメント承認しようとして誤って削除してしまいました。もしよろしかったら、もう一度コメントいただけると嬉しいです。ゴメンナサイ。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

今年のクリスマス切手はハリー・クラーク

今年も早いもので、クリスマス・カードの準備の時期となりました。

毎年楽しみにしているクリスマス切手ですが、今年は、20世紀初頭に活躍したダブリン出身のステンドグラス作家、ハリー・クラーク(Harry Clarke, 1889 - 1931)の作品がデザインされたもの。

xmasstamps1214
切手はシール式。ナショナルギャラリーのショップで見つけてあまりの可愛さに思わず購入したトナカイ&コマドリのクリスマス・カードは、よく見たら日本人デザイナーのものでした!

イエスキリストと(多分)マリア様の2種類のデザイン、どちらもとてもきれいです。

(ちなみに、これまで0.90ユーロだった海外への封書・はがきですが、いつの間にか1ユーロに値上がりしていました。)

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

お菓子の家!

okashinoiefourseasons
フォーシーズンズ・ホテルのお菓子の家!レセプションに入ったとたん甘~いにおいが・・・

この2日間、VIPのお客様のアテンドでダブリン市内観光やディナーショーのご案内をしていました。
今後ラストミニッツのご依頼がない限り、これで2014年の仕事納めの可能性大。お世話になった皆様、ご案内させていただいた皆様、今年度もありがとうございました!

街はクリスマス・ムード一色。楽しいフェスティブ・シーズンの始まりですね。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

魚介しかメニューにない、キャヴィストンズ・シーフードレストラン

cavistonseafoodrestaurant
新鮮なサーモンのグリル。付け合せのサラダは一見ごく普通に見えますが、パンプキンシードがはいっていておいしかったです♪

仲良くしていただいている写真家・エッセイストの松井ゆみ子さんと久しぶりにランチ。(→過去ブログ:松井ゆみ子さんのアイルランド料理本の決定版!
ダブリン・サウスサイドにあるポッシュなシーフード・レストラン、キャヴィストンズ(Cavistons Seafood Restaurant, Sandycove, Co. Dublin)で遅めのランチをゆっくりいただきながら、おしゃべりに花が咲きました。

キャヴィストンズは創業70年近い家族経営の老舗食材店。今でこそアイルランド人の中にもシーフードを好む人が多くなってきましたが、レストランで魚料理がおいしくいただけるようになったは2000年代になってからではないでしょうか。
そんな、いわゆるダブリンのシーフード・ブームに先駆けて、90年代に食材店付属のレストランを始めたのがキャヴィストンズ。
メニューはすべて、ダブリン近海で漁れる魚介を使ったもの。アイルランドには珍しく、シーフード・オンリーです。

cavistonseafoodrestaurant2
私はセットメニュー(2コースで19ユーロ)をいただいたのですが、冒頭写真のサーモンのメインの前に食べた前菜のサバ料理がコレ。甘辛な味付けが「和」っぽくておいしかった~

食に詳しいゆみ子さん曰く、今はサバの旬なのだとか。てっきり夏かと思っていましたが、商業用のサバ漁は夏は禁止なのだそう。確かに夏に海辺の行楽地などでいただくサバよりも大きく、油がたっぷりのってテリテリな感じでした。

もうお腹いっぱい、デザートはいただかないでおきましょう、なんて言った矢先に誰かがオーダーしたパンナコッタらしきものが目のまえをよぎるのを見て、即オーダー(笑)。
あ~、これがまた天にものぼるおいしさでした。

cavistonseafoodrestaurant3
ベリー入りのパンナコッタ、アイルランドらしいですね

前菜&メインの両方に魚を食べることはあまりないので、今日はサバとサーモンで全身魚づけになった気分。
ゆみ子さんにも、「(肉食の)ナオコちゃんが魚食べてるの、初めて見たかも」と言われましたが、メニューに肉がないので仕方ない(笑)。たまにはこんな日もいいでしょう。

食べて、おしゃべりして、はっと気がつたら車の駐車時間をオーバーしていて大慌てでお店を出たため、外観の写真を撮り忘れました。
レストランは席数が少なくいつも混んでいるので、ランチでも事前に予約を入れることをおすすめいたします。(12時、1時半、3時・・・とスロット制です)

Cavistons Seafood Restaurant
58/59 Glasthule road, Sandycove, Co. Dublin.
Tel: 01 2809245 (direct to restaurant)

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

スライゴの青い空

この週末は再びスライゴ(Co. Sligo)で過ごしていましたが、波のコンディションもお天気も素晴らしく、サーフ仲間が大勢やってきてにぎやかな週末となりました。

オリーブ畑だらけの乾燥したクレタ島から帰ってきたせいか、アイルランドの牧草地の緑がいつも以上に青々とまぶしく見えました。
澄み渡った青空がきれいで、思わずパチリ。いつものサーフスポット近くにて。

lislary1114
ベンブルベンが見えます

いよいよ12月に突入、水温も下がり始め、冬のサーフィンを実感した週末でした。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記

シーズンオフのクレタ島

creteholiday1114
青い空、青い海、のはずだったのですが・・・

先週コカリナ・コンサートを聴きにウィーンへ行ったあと、ギリシャのクレタ島へ数日行っていました。
ロンドン在住の友人と合流、Sisiという海沿いの小さな村で数日のんびりしてきました。

完全にシーズンオフのクレタ島、おそらく私たち2人がSisi村最後の行楽客。私たちが到着する前日までは22度あって、お客さんはプールで泳いでいたのよ~と宿の女将さんは行っていましたが、私たちの滞在中は気温は15度くらい、風がピューピュー吹いて海も荒れていました。
それでも、オリーブ畑の中の道を歩いて遺跡を見に行ったり、唯一あいていた地元のレストランでよくしてもらい、家庭料理のようなおいしいギリシャ料理を食べさせてもらったり、1日はローカルバスに乗って島の首都のヘラクリオンへ行き、有名なクノッソス遺跡を見に行ったり。まあまあ楽しく過ごしてきました。

そして帰国前日、ギリシャのジェネラル・ストライキのためギリシャ発着のフライトが全キャンセルになることが発覚。
その日中にギリシャをでないと完全に足止めになってしまうことが分かり、大慌てで荷物をまとめて宿をチェックアウト、空港へ駆けつけ、なんとかアテネ行きの便に乗り込みました。
冒頭写真は、慌てている中でも冷蔵庫に残っていたワインを最後に飲み干そうとしているところ(笑)。皮肉にもそれまで曇り空だったのに、私たちが島を出ようとしたら急に青空に変わったのでした・・・。

アテネでは空港内を奔走、スタンバイしてローマ行きの最終便をゲットし、ギリギリセーフでストが始まるまえにギリシャを脱出。翌朝たまっていたマイレッジを駆使して、ロンドン経由でなんとかダブリンへ帰り着きました。
(そうでなかったらアテネで2日間足止め、週末のいい波を逃すところでした・笑)

・・・というわけで、思わぬハプニングに見舞われたシーズン・オフのクレタ島旅行でしたが、ダブリンに着くやいなや荷物を詰め替えて一気にスライゴ(Co. Sligo)までドライブ。
ローマで朝食を食べ、スライゴで夕食を食べた不思議な1日でした(笑)。

テーマ:アイルランド生活 - ジャンル:日記